Img company noimage

クボタ環境サービス株式会社

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(51件)
  • ES・体験記(4件)

2017年卒 クボタ環境サービス株式会社の本選考体験記 <No.1794>

2017卒クボタ環境サービス株式会社のレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • マキタ
  • タクマ
  • 神鋼環境ソリューション
  • クボタ環境サービス
  • 月島機械
大学
  • 徳島大学大学院

選考フロー

個別説明会(3月) → 書類選考(4月) → 個別面談(5月) → 1次面接(6月) → 最終面接(6月)

企業研究

プラント業界全体の会社の立ち位置の確認を必ず行ったほうが良いと思います。そのために、興味がないと思う会社などの説明会にも積極的に参加したほうがよいと思います。また、説明会を通して各会社の業界での...

志望動機

人の暮らしを支える仕事がしたいという、想いが強いため、貴社を志望しました。私は、環境プラント事業に興味があり、そのなかでも、水処理事業に携わりたいと考えました。なぜならば、水処理事業は、生活用水...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
人事
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

志望している業界や職種の理由が一貫しているかを特に強く見られているように感じた。例えば、自身の研究内容が大幅に事業内容と違うことについては、なぜこの業界を選んだのかという部分を深く聞かれた。また...

面接の雰囲気

志望動機については、ESにそった想定内の質問で終わった。学生時代に取り組んだことに関しては、個人の特性を見出すように深く聞かれた。

1次面接で聞かれた質問と回答

自分を評するならばどのような人間ですか?

私の長所は、問題点を的確に分析し、解決法を提案できるところです。私はボウリング場でアルバイトをしています。ボウリングブームが過ぎ、来場者数は減少するばかりでした。私は来場者数を増やすには、ボウリングが楽しいと経験してもらう必要があると考えました。そこで、定年退職された方々を対象とした初心者向け...

入社後に自分がどのように活躍していますか?

私は、技術系という枠にこだわることなく、お客さまのニーズにこたえられるような社員として仕事に取り組みたいと考えています。そのため、希望をしている設計職以外にも積極的に関わりたいと考えています。この職種じゃないと働きったくないというよりも、ほかの職種で働くことによって、自分の希望職種に生かせる部...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
人事部/役員/不明
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

他社との事業内容を比較して、会社の強みや立ち位置をこたえることができたので、よく業界全体まで把握していると評価されていたように思われる。また、自分の考えや意見をしっかり述べることができたので、そ...

面接の雰囲気

1次面接の際と、同様に質問の仕方が丁寧であり、また、こちらがこたえている際にも、メモを取りながら、時にはうなづくなど非常に雰囲気がよかったように思われる。

最終面接で聞かれた質問と回答

志望動機を教えて下さい。

1次面接と同様に、汚泥の再生処理に力を入れるということが説明会の段階で分かったため、汚泥の再生処理に携わりたいため、入社したいですと答えた。その際に、なぜ同業他社ではなく弊社であるのかとうい点について詳しく聞かれた。これに対して、汚泥の再生処理の前段階までに強みを感じるため、入社したいと答えた...

海外勤務についてどう思いますか

海外勤務に対して、自分のどのような長所が生かせるかを踏まえながら答えた。私は、研究室にいる留学生とも身振りや手ぶりを工夫することによってコミュニケーションをとることができているので、英語圏以外に派遣されたとしても、十分に仕事ができると考えます。また、部活動の遠征が多かったため、環境が変わっても...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

個別説明会に早い段階で参加することで、選考への案内が早く来ると同時に、エントリーシートや面接に対する対策を長く行えるので、とりあえず個別説明会には早い時期への参加を行うことが重要であると感じた。...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

積極的に会社を動かしていくといく気持ちやそのために自分はこのような点で貢献できるという部分が明確であるかないかが、内定がでるかどうかの違いであると考えられる。大学時代の成績には、ほぼ触れられなか...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

最終面接では、会社への入社の意思を明確に見せる必要があると思われる。また、書類選考の結果で、リクルーター面談の有無が実質的に決定すると思われるので、書類の段階から、気を引き締めて取り組む必要があ...