2017年卒 株式会社神鋼環境ソリューションの選考体験記 <No.1789>

業界:
設備関連
本社:
兵庫県
従業員数:
300人以上1千人未満
URL:
http://www.kobelco-eco.co.jp

2017卒株式会社神鋼環境ソリューションのレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 内定辞退
内定先
  • 株式会社マキタ
  • 株式会社タクマ
  • 株式会社神鋼環境ソリューション
  • クボタ環境サービス株式会社
  • 月島機械株式会社
大学
  • 徳島大学大学院

選考フロー

説明会(3月) → 書類選考+SPI(4月) → GD(4月) → 2次面接(5月) → 最終面接(6月) → 内定(6月)

企業研究

会社の事業内容が、複数あるので、それぞれの事業がどのような立ち位置で行われているかおよび事業の強みについて早めに理解しておくことが必要であると感じた。また...

志望動機

私は、仕事を通して人の暮らしを支えたいという想いが強く、貴社に強い関心を持ちました。人の暮らしを支える仕事として、環境プラント事業に興味があります。なかで...

グループディスカッション(7名)

テーマ

小学生に対する英語教育は必要かどうか

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

1番求められているのは,周りとの協調性であると考える.周りの意見に対し,はじめから,否定をしていると不合格であるように感じる.また,議論を円滑に進めるため...

1次面接 通過

形式
学生1面接官2
肩書
人事
時間
20分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

質問に対して、一貫した考えの基に回答をしているかを一番評価しているように感じた。1つの質問から、次々に質問を派生させていく質問が多かったため、理論的に破た...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

質問の導入部分は、エントリーシートに沿って始まることが多い。質問に対する、回答に対して再び質問が来ることがあるので、初めから気を付けて回答したほうが良い。

1次面接で聞かれた質問と回答

研究分野に関わる、仕事に就きたいと思わなかったのか

研究分野が、マイクロオーダーの精度が求められる研究だったが、自分はプラントのような、複数の機械が組み合わさった大きいスケールの仕事がしたかったため、研究分...

研究で苦労したことはなんですか

研究内容が、ほぼ前例のない研究であったため、基礎的な理論から、研究結果を理論的に説明するための理論を構築することが、一番難しかったように感じました。また、...

最終面接 落選

形式
学生1面接官2
肩書
人事
時間
30分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

内定を出した時に、入社してくれるかどうか、また、入社後に長く働いてくれる人材であるかどうかを重視しているように感じた。グループディスカッションおよび1次面...

最終面接を圧迫面接と感じましたか?

面接の初めに、雑談の時間が設けられており、緊張を和らげてくれようとしているように感じた。また、質問ないように関しても、エントリーシートに沿ったものであった。

最終面接で聞かれた質問と回答

事業分野ごとの志望度はどれくらいでありますか

4つの事業の中での志望度は、水処理プラント事業5割、ごみ処理プラント事業3割、プロセス機器事業1割、研究開発1割です。水処理事業でなおかつ設計職に就くこと...

海外での勤務についてどう思いますか

海外勤務については、ぜひ参加する機会があれば、参加したいですと答えました。日本では、人口減少が進んでいるため、今後仕事が増えることはあまり期待できません。...

内定したからこそ分かること

内定後就職活動を終えるように言われましたか?

合格連絡の際に,この場で入社を約束しないと,内々定通知書を発行しないといわれたため.

内定に必要なことは何だと思いますか?

事業内容が複数あるので、各部署について、しっかりと研究を進めるべきであると考える。選考の段階で、自分が希望していない部署についても意見を求められることがあ...

内定が出る人とでない人の違いは何だと思いますか?

内定者全体の雰囲気として、人間性が明るく各分野で能力が高い人たちが集まっていたように思われる。自身の研究が論文になっている人もいれば、国際会議に参加してい...

内定したからこそ分かる選考の注意点は何ですか?

選考に関して、技術系は推薦応募と自由応募の2種類あるが、自由応募の選考は推薦応募の結果が出てから、行われるため遅くなる傾向がある。また、1つの大学からの応...