日本生命保険相互会社のロゴ写真

日本生命保険相互会社

  • 2.4
  • 口コミ投稿数(6580件)
  • ES・体験記(201件)

2018年卒 日本生命保険相互会社の本選考体験記 <No.3289>

2018卒日本生命保険相互会社のレポート

年度
  • 2018年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • 日本生命保険相互会社
  • 横浜信用金庫
  • SOMPOホールディングス
  • りそなホールディングス
大学
  • 明治大学

選考フロー

インターン → 説明会・セミナー → 座談会・懇親会 → ES → WEBテスト・SPI → リクルーター面談・人事面談 → グループディスカッション → 1次面接 → 2次面接 → 最終面接

企業研究

何よりも、セミナーや説明会に一つでも多く足を運ぶこと。全員が数えられているとは限りませんが、私の場合は出席回数が内定獲得の鍵となりました。最終面談の際、セミナーや説明会の出席回数を問われました。3年次のインターンシップから参加し、学内セミナーをはじめ数多く出席して耳にして心に残ったエピソードを紹介したところ、「熱意が伝わった」と内々定をいただくことができました。こちらの企業は職種別・企業全体・就活塾等とセミナー回数が大変多いため就活生の負担になりますが、粘り強く通い続ければ周りの就活生に差がつけられること間違いないと思います。スケジュール管理は難しいと思いますが、優先順位を考えて頑張ってください。

志望動機

まず、人で選ばれる仕事をしたい、と思い金融業界を志望しました。これは、アルバイト先の社員が遠方からいらしたお客様に「あなたがいるからこのお店に来るのよ」と声を掛けられているのを耳にし、私もそんな仕事をしたいと考えたからです。そして、お客様の人生に寄り添える商品をお届けしたいと考え、生命保険会社を選びました。数ある生命保険会社の中で御社を志望したのは、「こうなりたい」と思う理想の社会人像に最も近いのが、御社の社員の皆さまだからです。私は、ライフイベントを迎えても自らの仕事に誇りを持ち挑戦し続けられる女性を理想としています。御社の社員の皆さまは性別やプライベートの環境に関わらず、リーディングカンパニーで働いていることを誇りに思い邁進していることがセミナーや座談会を通じて伝わってきました。社員の皆さまのように、志の高い社会人になるべく、御社を志望します。

グループディスカッション(6名)

テーマ

老舗和菓子店の戦略を考える

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

発言が少ない人に配慮して声をかけているか。話がそれた際に修正するために貢献しているか。少数派の意見を尊重しているか。

1次面接 通過

形式
学生 2 面接官 1
面接官の肩書
入社20年目くらい・部署不明
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

相手に伝わるような分かりやすい言葉を選び、丁寧に伝えているか。行動に明確な動機を持っているか。この会社が第一志望か。

面接の雰囲気

終始和やかに進みました。もう一人の学生が緊張している様子でしたが、圧迫などは全くなく面接官がリードして言葉を引き出していました。

1次面接で聞かれた質問と回答

(学生時代に頑張ったことについて)なぜアルバイトながらにそこまで努力したのですか?

以前からそこで働いていて、十分なトレーニングを受けずに不慣れなまま営業にあたり実績が上がらないことへの重圧に耐えきれず退職する社員を何人も見てきたからです。私はアルバイトとはいえ、勤続年数もお客様対応の経験も、その社員に比べると豊富であったため、自分の持つリソースはすべて提供しようと考えました。 アルバイトだからといって手を抜いて業務をこなすことも可能でしたが、私が現状を改善すべく行動することで店舗全体の実績向上や雰囲気の改善につながると考えましたし、何より私自身の成長につながると考えました。出過ぎた真似だと思われるのではないかと不安な気持ちもありましたが、勇気を出して一歩踏みだした経験は私の財産です。

当社のセミナー等で印象的だったエピソードがあれば教えてください。

CS総合職ではありませんが、法人職域ファイナンシャルプランナーのセミナーで印象的だった話があります。法人職域ファイナンシャルプランナーの社員の方が、「お客様と接するいわば日本生命の最前線にいるのは自分です。私の振る舞いや行動が日本生命の評価を決めるという覚悟をもって仕事をしています。」とおっしゃっていました。総合職やCS総合職はもちろんですが、実際にお客様に接して営業をする社員までもがこのような高い志を抱いている企業は、御社が初めてだったので、強く心に残っています。もし御社に採用していただけた場合、このような思いを持っている営業職員の皆様とであれば強力なタッグを組めるのではないかと考えました。

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
入社20年目くらいの人事
面接時間
10分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

会話の中で適切な応答ができているか。この会社に入るつもりで選考を受けに来ているか。すなわち、第一志望であるか。

面接の雰囲気

会話調で選考が進みました。これまでかしこまった社員と接することが多く、ラフな面接官に少し戸惑いましたが圧迫は全くありません。

2次面接で聞かれた質問と回答

社員に先輩や知り合いはいますか?名前は?間柄は?

サークル活動の先輩がいます。入社○年目の○○さんです。サークル活動では、個人的に食事に行く間柄です。元々私は生命保険会社に関心を持っていたのですが、○○さんから御社のことを教えていただき、3年次のインターンシップに参加することを決めました。就職活動が本格化してからも、こまめに連絡をいただき就職活動の相談をさせていただきました。身近な尊敬できる先輩が社員として入社していることもあり、御社は私にとって最も「働くイメージ」ができている企業です。現時点ではまだ知らないことも多くありますが、ここで働きたいという強い思いを持って情報収集にあたることができ、自分でも御社への思いを再確認することができました。

どんな仕事をしてみたいですか

ホールセール部門に携わり、担当企業の従業員満足度向上の一助を担いたいと考えています。保育園での保育補助アルバイトを経験し、男女問わずそれぞれ様々なバックボーンを持って働いていると学びました。ホールセール部門では、私を窓口としてそこで働くすべての方に影響をもたらすことが出来ます。刻一刻と変化する各官公庁・企業様の状況を踏まえた福利厚生制度のご提案を通じて、従業員の公私ともに充実した毎日を彩ることに貢献出来たらと思います。そして、「今すぐ森永さんに相談したいのですが」とお問い合わせいただけるような、誰よりも信頼されるオンリーワンの担当者を目指します。(パンフレットや座談会で仕入れた情報と自らの経験を結び付けて答えた)

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
入社30年目以上・人事
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

面接の本筋とは無関係な雑談からも話題を広げられるか。相手に気持ちよく話をさせることができるか。第一志望か。

面接の雰囲気

前回の面接官から一気に年次が上がり、重要な面接であることがすぐに分かりました。やはり穏やかな空気で、会話の中から人柄を見出そうとしているようでした。

最終面接で聞かれた質問と回答

学生時代に頑張ったこと

料理教室の運営サポートスタッフとして、「新規入会率向上」に貢献したことです。お電話で体験授業のご予約を受けながら書き込めるヒアリングシートを作成し、お住まい・ご職業・婚姻状態などをお聞きしました。お客様のライフスタイルを具体的にイメージすることで、適確な授業提案に繋げました。また、私のみならず全アルバイトスタッフのスキルを巻き込み、限られた時間の中でより深くお客様について理解できるようロールプレイングを実施し、店舗一丸となりヒアリングの質を向上させました。お客様の心に響く授業提案を実現させた結果、新規入会率が神奈川エリア内一位の社員を輩出することができました。(特殊なアルバイトのため、わかりやすく業務内容を話すようにしていました)

他にはどのような企業を受けていますか

人で選ばれる仕事をしたいと考えているので、金融業界を中心に就職活動をしています。生命保険会社のほかには、損害保険会社や地方銀行や信用金庫等です。いずれの会社でも、地域総合職を志望しています。 しかし、私にとって御社が第一志望であることは変わりありません。なぜなら、御社は生命保険業界のリーディングカンパニーであり、確かな基盤を持つからこそ成せる挑戦があると思うからです。たとえ他社から内々定をいただくことがあっても、御社から内々定をいただけたらすぐにお断りする覚悟はできています。(とにかく第一志望であることを熱弁しました。あまり他社の魅力を語ると、「他社のほうがいいんじゃない?」等と意地悪質問が来るかもしれないので)

内定者のアドバイス

内定後の企業のスタンス

内定をいただいてすぐ、他社の選考を断るよう指示された。全て断ったら電話するよう言われた。採用担当は上から「内定を出した人数/入社する人数」がほぼ100になるようきつく言われているように見受けられたので、内々定後も就職活動を続けたい人は手帳を二冊用意するなど工夫したほうがいいかも。

内定に必要なことは何だと思いますか?

全てにおいて具体性をもつことが大事だと思います。学生時代に頑張ったこと、志望理由、やりたい仕事と質問内容は特殊ではありませんが、嘘をついて模範解答を用意しても見抜かれることと思います。リーディングカンパニーであることに誇りを持っている社員が多いので、そこに魅力を感じていることをアピールすることは不可欠です。内定者は明るく自分に自信のあるタイプが多いと思います。不必要に個性をアピールする必要はないようです。

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

内定が出ない人にとっては「数ある企業の中の一社」、出る人にとっては「私にとって唯一無二の会社」なのだと思う。実際に心の底からそう思っているかではなく、そう思っているように見せられるか。お客様ありきの企業なので、上手く自分をコントロールして演出できるかも評価されていると思う。

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

選考フローはかなり複雑で、大学やインターンシップ参加有無によっても左右されるのではないかと思っています。不安になる気持ちは分かりますが、あまり周囲の声に左右されず、自分が今すべきことに真摯に向き合うべきだと思います。

日本生命保険相互会社に入社を決めた理由

入社を決めたポイントを教えてください。

  • 福利厚生・手当・働きやすさ
  • 給料・待遇

入社を迷った企業

SOMPOホールディングス株式会社

迷った会社と比較して日本生命保険相互会社に入社を決めた理由

第一に待遇です。損害保険会社の地域総合職は、給与が低く住宅手当が出ないことがほとんどです。仕事内容そのものも大切なことは間違いありませんが、私は仕事は生活するための手段に過ぎないと捉えているため、より手段として優れていると見受けられた日本生命を選びました。実際にどちらの企業を選ぶのが適切であったか分かるのは何年も先になると思うので、迷ったら自分が仕事に求める物を再確認するとおのずと見えてくるはずです。