Img company noimage

名古屋鉄道株式会社

  • 2.9
  • 口コミ投稿数(114件)
  • ES・体験記(14件)

名古屋鉄道株式会社のインターン体験記

2017卒 名古屋鉄道のレポート

卒業年度
  • 2017卒
開催時期
  • 2016年02月
コース
  • 「冬季インターンシップ」「総合職」
期間
  • 2日
参加先
  • 東邦瓦斯
  • エスケー化研
  • 名古屋鉄道
大学
  • 名古屋工業大学大学院

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

大学で化学を専攻しているが、インターンシップ等を通してもっと自分の視野を広げて業界研究をしたほうが良いと感じたため。

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

書類選考

インターンシップの形式と概要

開催場所
名古屋鉄道 鉄道センタービル
参加人数
20人
参加学生の大学
地元の学生だけでなく、東京の学生も多く参加していた。
参加学生の特徴
地元で働きたいという思いが強い人が多かった。また、大学院生は少なく学部生が大多数であった。二日間ともにグループワークが中心で、時間に対して仕事量が多く、グループの中で作業を分担する必要があった。グループワークの練習には非常に良い。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

「名駅再開発」

1日目にやったこと

まず、自己紹介および会社概要の説明が行われた。それが終わるとすぐに「名駅再開発」というテーマのもとグループワークが1日中続いた。0から1を作り出すようなグ...

2日目にやったこと

午前から午後4時ごろまでは前日のグループワーク続きを話し合った。最後にPowerPointで発表の場があり、それに向けた準備も並行して行う必要があったため...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

人事3名/部長1名。

優勝特典

なし

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

発表の良かった点はターゲットを絞れていること、データの説得力、グループ間の協力を意識していたことが挙げられる。逆に悪かった点は企画の名前にインパクトがない...

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

二日目の発表に向けてPowerPointの資料作成、自分たちの企画の企画書作成、企画を実現可能にするために問題点の修正、これらを同時並行で行う必要があった...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

グループワークを通して仕事内容を体験し、多くの経験をすることができた。仕事の中で時間配分、役割分担の重要性を痛感するとともに、チームメンバーと共にワークを...

参加前に準備しておくべきだったこと

今回のインターンシップを効率的に行うためには、グループ間での時間配分、役割分担の重要性に最初に気づくかどうかであると感じた。また、どれだけ名駅再開発という...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

志望度が下がった理由としては自分の企業選びの軸とのずれを感じたためである。社会の役に立つ仕事がしたいという軸を持つ中でモノづくり、サービスなど様々な業種が...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンに参加した人が選考で特別な優遇を受けることはなく、会社説明会の枠が埋まってもインターンに参加した人は説明会に参加可能という特典のみである。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

特別なフォローなどは特になかった。ただし学内セミナーで再会した際には自分のことをしっかり覚えてくださっていた。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

社会の役に立つ仕事がしたいという軸を持つ中で、専攻と関係のある化学業界、社会を支えるインフラ業界に興味を持っていた。また、働くなら規模が大きな仕事がしたい...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

実際に鉄道業界の中での大手私鉄会社は電車を走らせるというよりも、街づくりに携わるという色が強かった。そのため規模が大きな仕事ができるという点は一致したが、...