パレクセル・インターナショナル株式会社のロゴ写真

パレクセル・インターナショナル株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(309件)
  • ES・体験記(30件)

パレクセル・インターナショナルの本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

CRA
21卒 | 東京医科歯科大学大学院 | 女性
Q. 物事をてきぱきとやる方か?
A. A. 私はタスクを早くこなす方だと思います。学生時代、授業数も多い中、学内で最も練習日数が多く厳しい部活に所属していたため時間に追われていました。そこで私は、" to do list "を作成することでその日にやるべきことを明確にして目標時間を設定することでメリハリを持...
Q. 自分と真逆だと感じる人はどんな人か、そういう人にどのように接するか
A. A. 私は常に自分の意見をしっかりと持っている人間なので、「自分の意見や考えを持っていない人」は自分と真逆のタイプだと思います。 部活動において部の方針や予算などについて話し合う場で、部員それぞれの意見が求められる場面で他の人の意見にうなずくだけで自分の意見を出さない...

21卒 1次面接

CSM
21卒 | 星薬科大学大学院 | 女性
Q. 結果を残したことは何ですか
A. A. 大学から始めたカフェのアルバイトで、マグカップの利用率を4倍に向上したことです。 アルバイト先は、環境面でのリーダーシップを目的としてマグカップの店内利用率が毎月発表されますが、勤務店舗では3年前の店内利用率は5%とエリア平均15%を大きく下回っていました。 ...
Q. 周りからどんな人と言われますか
A. A. 私は友人や家族から、「基本的に穏やかだけど、人が普通はやらないことも挑戦する人」だと言われます。そのエピソードとしては、去年海外に行くのが初めてなのにも関わらず1人で旅行に行ったことが挙げられます。 〇〇と〇〇の2カ国へ行き、土地の文化や雰囲気を肌で感じたかった...

19卒 1次面接

CRA職
19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. あなたが嬉しいと感じるときはどんな時か。
A. A.
私が最も嬉しいと感じるときは、「人の役に立った」と感じる瞬間です。自分の性格上、周囲の人から頼られたり、雑用含め仕事を任せられることが多いです。でも自分がその仕事を終えたり、周囲の問題を解決したりすると「さすがですね」と言ってもらえたりします。自分はその瞬間に「認めてもらえた」と感じることが出来て非常に嬉しい気分になります。自分のことを認めてもらえる瞬間は、「それまでの自分の行動や能力を肯定してくれている」ととらえることが出来るので、その後の自信にも繋がります。バイト先でもオーナーから認めてもらうことで、日々の業務に力が入りますし、これは社会人になっても変わらない感性だと考えています。つまり自分は、褒められると嬉しいと感じる単純な性格なんだと思います。 続きを読む
Q. 英語はどのように勉強しているか。
A. A.
普段の電車通学時間に、必ずリスニングの勉強をすることはもちろんのこと、土日の午前中は必ずTOEICの対策問題を解いています。これは、一年以上前から続けていたことで、今では習慣になっていてもはや苦ではなくなっています。また、スピーキングの能力も高めたいと思っていたので、ネットのオンライン英会話の「DMM英会話」を2日に1回30分間やっています。これは、1月6000円ほどで出来るスカイプを使った英会話なのですが、自分の好きな時間に英会話を申し込むことが出来るのと、日常レベルの会話からビジネスレベルの会話まで幅広く出来るというメリットがあります。その上費用も非常に安いので、学生の財布にやさしいところが気に入ってずっと続けています。 続きを読む

18卒 1次面接

CRA職
18卒 | 岡山大学 | 男性
Q. なぜCRO企業を志望するのか。
A. A.
有効な新薬をいち早く患者様に届けたいと考えている為、CRO企業を志望しています。新薬開発に携わる仕事は多々ありますが、その中でも臨床試験は最も時間を要する過程です。私は臨床開発のスペシャリストとして高い専門性を発揮することで新薬開発に掛かる時間を少しでも短縮したいと考えています。また、治療法のある疾患を扱う薬剤師や医師と異なり、新薬開発は新たに治療法を創り出すことができる数少ない仕事です。そして、新薬開発のためには多くの人が1つのチームとなり一致団結して努力することが重要であると考えます。最高のチームとなるために私が貢献できることを考えた結果、最も自分の力を活かせるのは臨床開発モニターであると感じました。業務を通じて経験と知識を身に付け、高い専門性を持つ臨床開発モニターのプロフェッショナルになることで、迅速かつ高品質なモニタリング業務を遂行し、より有効で安全な新薬を開発し、世界中の患者様の健康に貢献したいと考えます。 続きを読む
Q. 外資系と内資系の違いをある程度把握しているか。
A. A.
外資系は本社が国外に存在しており、本社の指針に合わせて事業を進める必要があると思います。その為、本社で下された決定が時に急且つ大胆な場合であっても、臨機応変に対応し滞ることなく業務を遂行していくことが大変なことでもあるし、求められることでもあると思います。また、個人の働き方についても仕事が与えられるのではなく、自分から手を挙げて仕事を掴んでいく印象です。その分、仕事におけるやり方や方針・進め方等には自由度があり、年齢やポジション問わず発言ができたり、責任あるプロジェクトを任されることも多々あると考えています。主体的に動き、挑戦を厭わない人にとっては活躍の場が若いころから与えられる環境にあり、成長スピードも内資と比較して早いという特徴があると思います。 続きを読む