株式会社ベイカレント・コンサルティングのロゴ写真

株式会社ベイカレント・コンサルティング

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(665件)
  • ES・体験記(21件)

ベイカレント・コンサルティングの本選考TOP

ベイカレント・コンサルティングの本選考

本選考体験記(9件)

21卒 内定辞退

コンサルタント
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 企業研究については直接サイトで検索は行わず、選考を経験した友人から詳しく話を聞いた。というのもこの会社は、志望動機については深く追求されず、当人の人となりや人生経験、ケース面接を通した思考力が重視されるとのことだからだ。とは言え、コンサル会社の中のベイカレントの強...

21卒 内定辞退

コンサルタント
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 下記の観点で企業研究をするといいと思います。 また、下記の内容に加えて自分自身の話し方というものがとても問われる会社だと思います。なので説明をする際にはPREP法を用いるということは大事になってくると思います。 そして、私が内定をもらえた最大の要因としては「素...

21卒 内定辞退

コンサルタント
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A. 主に就活サイトを経由してこの企業について知りました。最近勢いのある企業ということで様々な情報があると思います。また、一次選考に受かると、リクルーターがつきサポートを受けることができます。リクルーターを介して様々な社員を紹介してもらえることもあるので、実際の社員にあ...

20卒 内定辞退

コンサルタント
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
某就活サイトからのスカウトで本選考に進むことになったが、それまでは企業について深く知っていた訳ではないので、当社に務めている先輩社員や、就活サイトなどの情報を収集した。また当社の選考は少し特殊で、履歴書などはもちろん提出するが、あまり重要視はされず、テストやGD、面接のみで判断するので、単純な地頭の良さや、面接でのアウトプットなどを見ていると思われる。というのも当社はコンサルタントの採用なので、普段から物事を構造的に考えているか、そしてそのアウトプットにロジカルさがあるかどうかを重要視していると思われる。さらに、面接中は学生時代に頑張ったことやそれまでの生い立ちなどを重点的に聞かれるので、物事を最後までやりきる力を見極められていると思われる。 続きを読む

20卒 内定辞退

コンサルタント
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. A.
各社就活サイト(外資就活、OneCareerなど)を中心に最低限コンサルティング会社にどのような種類のものがあるのか、また何をやっているのかということは最低限理解しておくとよいと思う。 個別の企業の違いに関しては、ベイカレントコンサルティングは、「ワンプール制をしいていて様々な業界を幅広く経験できる」ということが抑えられていれば十分なのではないかと思う。(実際に選考の過程の中で「どうしてベイカレントなのか」ということを問われることはほとんどなかった。) 選考対策としては、「東大生シリーズ」のフェルミ推定とケース面接のものの2冊を読んでおくことはやっておいてよかった。インターン選考ではフェルミ推定を行う面接と、普通のケース面接の2種類があった。 続きを読む

直近の本選考の選考フロー

志望動機

21卒 志望動機

職種: コンサルタント
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. ベイカレント・コンサルティングを志望する理由を教えてください。
A. A. 「志望動機がないこと」が私の志望動機です。本音で語ると、就職活動を通して、明確な志望動機というものを見出せませんでした。その中で、ベイカレントという会社を知りました。御社は、コンサルでも独自の「ワンプール制」を導入していて、案件が終わるごとに全く異種のプロジェクト...

21卒 志望動機

職種: コンサルタント
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. ベイカレント・コンサルティングを志望する理由を教えてください。
A. A. 私がベイカレント・コンサルティングを志望する理由としては2つあります。1つ目が「ワンプール制」に魅力を感じ、この制度のあるベイカレント・コンサルティングの一員として様々な業界や職種のお客様に関わりたいと考えたためです。2つ目がベイカレント・コンサルティングのリクル...

21卒 志望動機

職種: コンサルタント
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. ベイカレント・コンサルティングを志望する理由を教えてください。
A. A. 私がベイカレントコンサルティングを志望する理由は、当企業の2つの特徴に特に魅力を感じるからです。1つ目は、組織体制としてプール制度を用いている点です。多くの他のコンサルティングファームでは、マトリクス制を導入しており、決まったソリューションや業界顧客においての案件...

20卒 志望動機

職種: コンサルタント
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. ベイカレント・コンサルティングを志望する理由を教えてください。
A. A.
当社を志望した理由としては、コンサルタントとして、幅広い業界と関われること、そして、入社後のキャリアを柔軟に選択できる環境があると思い、応募するに至った。当社は新卒入社後、コンサルタントとしてすぐに配属されるので、コンサルタントとして様々な業界を横断しつつ、優秀な社員とともに、圧倒的に知見を広げ、個人としての力を成長させることのできる環境があると思ったから。また、コンサル業界は会社内外でのかなり人材の流動性は高く、ファーストキャリアで培った自身の強みや、興味を自社や他社でより発展させることができる地盤が整っており、自身の希望に沿って入社後のキャリアを柔軟に選択することができる環境があると思ったから。 続きを読む

20卒 志望動機

職種: コンサルタント
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. ベイカレント・コンサルティングを志望する理由を教えてください。
A. A.
選考を通じてどうしてベイカレントなのかということはほとんど問われなかった。そのため、基本的にはコンサルタントになることを志望している理由を述べたうえで、おまけ程度にベイカレントではワンプール制をしいているため、様々な業界にチャレンジする機会が他社よりも多いと考えたというように述べるようにしていた。コンサルタントの志望理由は以下の通りである。 ①優秀な人が多い これまでの人生において、自分よりも優秀な人が多くいる環境に身を置くことで視座を高く持ち、自分の実力を余すところなく発揮するように意識して過ごしてきたため、優秀な人が多いとされるコンサル業界に身を置くことでこれまでのように自分の実力を余すところなく発揮できると考えたため。 ②特定の手法に縛られない 特定の手法に縛られないことにより、顧客にとって最適なソリューションを提供できると考えた。 続きを読む

エントリーシート

18卒 本選考ES

総合職
18卒 | 一橋大学 | 男性
Q. あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。 600文字以下
A. A.
私のコンサルタントのイメージは、「クライアントに真摯に向き合い、課題解決に導くプロフェッショナル」である。コンサルタントは、クライアント自身が気づいていなかった課題を見つけ出すことや、課題解決策を提案し実行をサポートする。これを実現するために、1)クライアントの目指す未来像を知ること。2)客観的立場でクライアントの現状を正確に把握すること。以上の2点を確実に実行することで、初めてクライアントに対し価値を提供することができると考える。 また、コンサルタントに必要なものは以下の3つが挙げられると思う。1)クライアントのために行動する情熱、2)論理的思考・説明能力、3)体力・精神力。クライアントが求めるものや、将来のあるべき姿を考えるには、クライアントと徹底的に密着したマインドが必要である。そのためにクライアントのために行動する情熱は欠かせない。その一方で、クライアントの課題の洗い出しから、課題解決策の提示・実行までを価値のあるものにするためには、クライアントから離れた客観的立場から、論理的な提案を行うことが必要である。そのため論理的思考・説明能力が求められる。これら2点を両立するのは簡単なことではない。そこで、厳しい状況であっても、肉体的にも精神的にもめげずに最終的にはクライアントに対して価値を提供することができるコンサルタントであるためには、体力・精神力が必要であると考える。 続きを読む

16卒 本選考ES

総合職
16卒 | 早稲田大学 |
Q. 学業面で力を入れたこと
A. A.
ゼミの班における「資産運用の観点から分析した生命保険会社」の研究だ。私は班のリーダーとして、論文発表の全国大会での賞の獲得を目指した。モチベーションが一定ではない班員との共通点を見つけることを通し、班全員で団結することができた。結果として、賞を獲得することは叶わなかったものの、チームで1つのことを目指す充実感を味わうことができた。 続きを読む

グループディスカッション

卒業年度
人数
時間
テーマ
 
2020卒
6人
60分
総合商社の売上を増やす戦略をプレゼンせよ
詳細

面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

コンサルタント
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. あなたのこれまでの人生を10分ほどで話してください。
A. A. 小学生の時は性格がねじ曲がっていて、人に嫌がらせをするような人間でした。習い事はサーッカー、水泳、塾を掛け持ちしてましたが、特に塾では通っているうちに勉強が好きになり、塾のランキング表で常に1位をとっていたのを覚えています。 中学生の時はテニス部で、週7で活動し...

21卒 1次面接

コンサルタント
21卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. コンサルタントの働き方について逆質問をしました
A. A. 面接官の方からは下記の4つの内容を用いて、私の質問に回答してくださいました。 ・コンサルタントの働き方というものは上司とクライアント、案件の忙しさによって休みが決まる ・1つの案件が終わり、次の案件にアサインされるまでの時に有給をとって1週間くらい休む人が多い...

21卒 1次面接

コンサルタント
21卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. コンサルティングファームを志す理由は何か
A. A. 私がコンサルティングファームを志望する理由は、常に新しい知識を学べ、成長できる場で働きたいからです。私は、好奇心や学習意欲が強く、これまで多くのことをチャレンジすることに喜びを感じてきました。研究活動においても、常に最新の研究動向にアンテナをはり、使えそうな情報が...

20卒 1次面接

コンサルタント
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張ったこと
A. A.
学生時代に最も頑張ったことは所属しているサークル活動だ。 私はサークルの幹部として一般人向けのダンスイベントの企画運営をし、目標達成のためにメンバーのモチベーション維持に重きを置き、結果を残した経験がある。初めてイベントを企画した際、利益最大化をテーマに掲げ目標設定をしたが、私の理想が高すぎた上、過去の運営方法に保守的な姿勢を取るメンバーも多く、当初は自分のやり方に協力を得られない場面が多くあった。そこで私は、目標達成する上での実現可能な計画案を繰り返し提案し、粘り強く説得した。またメンバー個人と直接対話し、意見を取り入れる機会を意識的に増やした結果、メンバーのモチベーションを向上させることに成功し、結果サークル単位でクオリティの高いイベントを提供することに成功した。組織は「人」が作っているのだと改めて気づき、組織を大きくする上で、人を動かすことの重要性について理解することができた。 続きを読む

20卒 1次面接

コンサルタント
20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 携帯電話会社に関するケース面接 富裕層向けの携帯会社と格安の携帯電話会社とその中間の携帯電話会社がある。その中間の携帯電話会社がシェアを他の2社に奪われてしまっている。このシェアを取り戻すには。
A. A.
富裕層向けの携帯電話会社と格安スマホの携帯電話会社の中間にあるような会社が対象とする携帯電話会社がメインターゲットとしている層は学生が多いと考えられる。一方で富裕層向けの携帯電話会社は通信費用を電話などで多く消費するビジネスマンなど、格安スマホは普段外出することが少なく、出先で携帯電話を使う機会が少ないと考えられる主婦などがメインターゲットにされているものと考えた。 中間の携帯電話会社がシェアを取り戻すためには、月額の料金を使用通信容量に応じて小刻みに料金を設定することが一つある。(例えば3GB、5GB、7GB、9GB、11GBといったように多くのオプションを用意する。)そうすることで富裕層と中間層の間や中間層と格安層の間をさまよっており、現状他社に奪われてしまっている消費者を取り込みやすくなると考えられる。 続きを読む

内定者のアドバイス

21卒 / 慶應義塾大学 / 男性
職種: コンサルタント
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

私が一番大切に思ったことは「コミュニケーション力」にあると思っている。面接通過後は、フィードバックで毎回コミュニケーション力を評価された。一般的にコンサル...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

繰り返しになるが「コミュニケーション力」の有無にあると思う。就活におけるコミュニケーション力とは、初対面の人と打ち解ける力ではなく、相手の質問の真意を把握...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

噂通りオワハラがすごい。内定した途端即就活を辞めてと言われるし、私の場合は今月で新卒採用は終わったと言われた。(普通に4月も新卒採用を行なっている。)とり...

21卒 / 慶應義塾大学 / 男性
職種: コンサルタント
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

この企業に内定するために大切なこととしては「論理性」と「人間性」だと思います。 その中で私が重要視していたこととしては「素直さ」と「明るさ」、「コミュニ...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

内定を出る人と内定が出ない人の違いとしては、ポテンシャルがあると判断されたかどうかだと思います。 実際に内定後にリクルーターの方から今までの面接などで付...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

友人の話などを踏まえると、ファーストステップのSPIテストと小論文、次のステップのリクルーター面談で落選する人が多いと感じました。 また私の場合はケース...

21卒 / 東京大学大学院 / 男性
職種: コンサルタント
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

この企業においては、初めのウェブテストの合格率がけっこう低いということを聞いたことがあるので、十分対策をして望む必要があると思います。また、ケース面接では...

2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

物事を論理的に捉え、それを自分の言葉でうまく説明できることが大切だと思います。ケース問題の時はもちろんですが、自分に関する質問でも、「なぜ」を聞く問いが多...

3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

1次選考であるwebテストはかなり落ちているように感じるので気をつけた方がいいと思います。私の場合も、一緒に5人受けて合格したのが1人でした。また、選考が...

20卒 / 慶應義塾大学 / 男性
職種: コンサルタント
1
内定をもらうために大事なことを教えて下さい。

コンサルタントとしての採用なので、いかにしてコンサルタントとして働けるかをイメージさせるかだと思う。基本的なスキルとしてはロジカルシンキングや、数字に強いかなどだが、それは就活を始めてからでも遅くないので、就活サイトなどで情報集して、必須スキルとして勉強しておくべきだと思う。また性格面では素直さや、根気強さなどを見られているので、面接中の受け答えや、エピソードトークなどでアピールすれば良いと思われる。

続きを読む
2
内定が出る人と出ない人の違いを教えてください。

コンサルタントとして働いているイメージを沸かせられるか否かだと思う。スキル面ももちろんだが、チームに配属されるので、人当たりの良さや頑張りきる力があるかどうかなども見極められていると思う。そこを抑えれば内定は近いのではないかと思われる。

続きを読む
3
内定したからこそわかる選考の注意点を教えてください。

本選考に呼ばれて、すぐに自社のウェブテストを受けさせられるので、早い時期から対策をしておくべきだと思われる。面接自体は和やかだが、その雰囲気に飲まれないように、伝えたいメッセージがあるときは熱意を持ってハキハキ喋るなど、個人としての立ち回り方は工夫すべきだと思われる。

続きを読む
閉じる もっと見る