Img company noimage

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(528件)
  • ES・体験記(36件)

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

社員・元社員による会社の評価

もっと見る
総合評価
3.5
成長性、将来性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.5
給与水準
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
安定性
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
仕事のやりがい
inactive
inactive
inactive
active
inactive
3.7
福利厚生
inactive
inactive
active
inactive
inactive
2.6
教育制度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0

社員の口コミ・評判

デロイトトーマツコンサルティング株式会社の口コミ・評判

ワークライフバランス

投稿日:2018年2月15日
回答者:
  • 20代後半
  • 男性
  • 今年
  • ビジネスコンサルタント

【良い点】会社をあげてダイバーシティや女性活用に取り組む動きがあり、多様な属性や働き方の社員でも定着するよう図られている。【気になること・改善したほうがい...

デロイトトーマツコンサルティング株式会社の口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2018年2月15日
回答者:
  • 20代後半
  • 男性
  • 今年
  • ビジネスコンサルタント

【良い点】優秀な人が多く非常に刺激を受ける。ただ、その中で成果を出して行くのはそれなりにハードなので、入社後も自己研鑽に励む必要がある。【気になること・改...

デロイトトーマツコンサルティング株式会社の口コミ・評判

退職理由

投稿日:2018年2月6日
回答者:
  • 30代後半
  • 男性
  • 6年前
  • 人事

【良い点】何か問題があれば、親身に聞いてくれる環境はあった。【気になること・改善したほうがいい点】長時間労働を前提とする仕事量であり、当時は時間外手当も法...

デロイトトーマツコンサルティング株式会社の口コミ・評判

スキルアップ、教育体制

投稿日:2018年2月3日
回答者:
  • 20代後半
  • 男性
  • 6年前
  • ビジネスコンサルタント

【良い点】職位が上がるごとに階層別研修が行われる。コンサルタント昇格時には、プレゼンテーション・プロジェクトマネジメントなどを改めて体系的に学ぶ3日間の研...

デロイトトーマツコンサルティング株式会社の口コミ・評判

ワークライフバランス

投稿日:2018年1月26日
回答者:
  • 女性
  • 5年前
  • その他の事務関連職

【良い点】勤務時間は7時間と短めな反面、コンサルは残業や泊り込みも多いため、女子には厳しい環境だと思う。ワークライフバランスは子持ちには難しい会社だが、部...

みんなの就活速報

NEW 会員番号:180302さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月17日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

ひじょうにおだやか

NEW 会員番号:92263さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月17日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他

たのしかった・

NEW 会員番号:275394さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月16日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
雑談に近い
質問内容
その他

社員とのディスカッション。自分の結論に根拠があれば問題ない。

会員番号:275394さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月15日
面接官/学生
面接官 1人学生 2人
連絡方法
メール3日以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

和やかな雰囲気で思うままに話すことが通過に繋がったと思う。

会員番号:289478さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月12日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
メール即日
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

志望動機・学生時代頑張ったことなど通常の質問に加えて、応用力を問うような質問も来た

会員番号:270529さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月11日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
厳し目
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?将来やりたいこと

他の業界でもいいのでは?という方向に誘導されているような感じがした。 コンサルがいいとはっきり示すことが大切だと思う。

会員番号:293856さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月6日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以上
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの業界か?自己紹介(自己PR)

コンサルタントの特性を意識

会員番号:285487さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月6日
面接官/学生
面接官 2人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
厳し目
質問内容
その他

厳しく突っ込まれました

会員番号:320442さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月5日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

面接官は人間的にいい方でした。

会員番号:250289さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年2月4日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

時間が短いので基本的に落ちつて無駄なことを話さないように気をつけた

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記
Img square es

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

企業名: デロイトトーマツコンサルティング/コース・職種: コンサル

通過
Q. インターンの志望動機と得たいこと
A. 貴社のインターンシップで、実際のコンサルティング業務や会社の雰囲気に触れることができると思ったからです。私はある分野で上達するために、ほかのさまざまな分野の知識を学習することでより効率的に成長できると思っています。その考えに色々な業界や企業をクライアントとするコンサルティングがマッチすると思っているのですが、実際に業務を体験することでその考えが正しいのかどうかを確認したいと考えています。そしてその中で、コンサルティングに必要だと考えられる分析力や論理的思考力を向上させたいです。さらにそれらの能力が実際どのような場面で必要とされるかを知りたいです。
Img square es

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

企業名: デロイトトーマツコンサルティング/コース・職種: 経営コンサルタント

通過
Q. 応募理由と、このインターンシップを通じて得たいこと(300文字以内)
A. 応募理由は二つある。一つは、業務への深い理解を通じて適性を見極めるためだ。私は大学2年次に、学部の全1年生400人が必修の、ビジネスコンテスト型授業の運営を行った。その中で、受講生の相談に乗って成長をサポートし、強いやりがいを感じた。その点、コンサルティング業務では企業の成長や変化を支援できるため、魅力に感じている。そのため、業務への理解を深め、適性を確かめたい。二つ目は、社員の方々との交流を通じ、貴社の文化や特徴を深く理解するためだ。なぜなら、実際に働く際には、ともに働く「人」やその組織の文化という要素も重要だと考えており、自分が貴社で働くイメージができるかどうかを確かめたいためだ。
Img square es

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

企業名: デロイトトーマツコンサルティング/コース・職種: 総合職

通過
Q. あなたが弊社のインターンシップ/ワークショップに応募された理由と、このインターンシップ/ワークショップを通じて得たいことを300文字以内でお書きください。
A. 私が貴社のインターンシップに応募した理由は、シンクタンクのように将来予測をするだけでなく、「実像の発信をし、市場を含む環境づくりを行う」貴社の文化を学びたいからです。私の将来の目標は「災害による死者を0人にする」ことです。しかし、防災分野に市場がなく、企業に参入するメリットがないため、社会全体でそれを達成する環境は構築できていません。21世紀の防災は土木建築だけでなく、心理学やIT、広告、官公庁など社会全体で取り組む必要があります。防災で企業が儲かる環境づくりを行い、社会全体が災害に立ち向かえるような社会環境を作るために必要な能力を身に付けたいと考えております。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 選考体験記
Img square es

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

企業名: デロイトトーマツコンサルティング/コース・職種: コンサルタント

通過
Q. あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。
A. コンサルタントとはなぜを深く追求し、考え、問題を解決する力を持つ者であり、顧客が抱えている、あるいは自覚できていない問題を見つけ出し、「なぜ」それがうまくいかないのか、「何を」すれば改善できるのかを提案し、実行へと導く存在である。そのため、顧客の業界に関する深い知識はもちろんのこと、今まで顧客が思いつかなかった視点からの提案をするためにも、幅広い業界の知識や経験を有し、改善に結び付けられなければならない。具体的にコンサルタントに必要とされるものとして、特筆して下記の3点が挙げられるだろう。 (1)体力。知的ハードワークとも呼ばれる業界であり、考え続ける精神力と、ハードワークにも耐えうる肉体的な体力の両方が求められる。 (2)思考力と知識。コンサルタントは有形の商品が持たないため、コンサルタントの頭脳によってクライアントの課題解決ができるか否かにビジネスの成功がかかっている。また、幅広い知識に基づいた、説得力のある提案が出来なければ、顧客に満足していただくことは出来ない。 (3)コミュニケーション力。顧客との話し合いの中で何が問題であるか聞き出し、さらに立案を相手に論理的に説明し、説得できるだけのコミュニケーション力が必要とされる。また、コンサルという仕事は信頼関係無しには成り立たない。顧客に寄り添って仕事をし、信頼関係を高めることで、仕事の質が向上させられるだろう。
Img square es

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

企業名: デロイトトーマツコンサルティング/コース・職種: 総合職

通過
Q. あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。600文字以下
A. 「自分の強みを理解し、それを高める努力を継続する」これが私のコンサルタントに対して抱くイメージである。コンサルタントとは、自らの持つ専門領域の課題解決能力を活かし、企業が直面する問題の解決策を提供していると考える。この問題解決能力こそがコンサルタントが提供する価値であり、潜在的な問題を発見し解決に導くためには、顧客と真摯に向き合い、日々努力する必要があると感じる。こうした姿勢に加え、結果を出すことが一人の人間としてコンサルタントが労働市場において価値を見出される根拠であると認識している。また、コンサルタントが組織と個人の両面で活躍するために、私は協調性と責任感が必要であると感じる。コンサルタントが取り組むプロジェクトでは、組織で一つの成果が求められる。そのため、プロジェクトを行うチームで一致団結して共通目標に向かうための協調性が求められる。また、業務を遂行する中で、個人の求められる能力は、それぞれの役職次第で異なると私は認識している。例えば、アナリストであれば、アナリストとして与えられた役割を果たすことができなければそのチーム全体の成功は難しい。一人ひとりが、与えられる役割を責任持って果たすことがチームとして成功するためにも重要であると感じる。さらに、責任を持って物事に取り組むことで、周囲から信頼を得ることができ、それにより構築される関係性はチームとして働く上では必要不可欠である。 (600字)
Img square es

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

企業名: デロイトトーマツコンサルティング/コース・職種: 経営コンサルタント

通過
Q. あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。
A. 私が考えるコンサルタントのイメージは“クライアントの進むべき進路を示す航海士”です。コンサルタントはクライアントが抱える課題を特定し解決策を提案することでクライアントの変革をサポートします。そういった意味でコンサルタントは時代に合わせてクライアントを正しい方向に導く航海士だと考えました。このように考えると、コンサルタントに必要とされる力は三つあると考えました。 一つ目は高い知的好奇心です。コンサルタントは一つの業界だけではなく幅広い業界のプロジェクトに関与します。したがって、常に社会に対してアンテナをはり勉強をし続けていく必要性があることから高い知的好奇心が求められると考えました。 二つ目は信頼性です。クライアント側のニーズや課題を明らかにするためには詳細な情報収集を行わなければならずクライアントとの信頼関係が必要です。そしてコンサルタントの提案をクライアントに実行してもらう際にもコンサルタントとクライアントの信頼関係が必要だと考えました。 三つ目は責任感です。コンサルタントは課題の特定そして解決策を提案することでクライアントを変革します。その際、コンサルタントが提案した内容に誤りがあればクライアントを誤った進路に導く可能性があります。したがってクライアントの未来に携わる仕事として責任感をもつことが求められると思います。 以上三つの観点がコンサルタントに必要なものだと考えました。
Img square screening

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

16卒 | 早稲田大学

内定入社
Q. 面接で話した志望動機を教えて下さい。
A. 志望動機は主に2つあった。1つは、グローバル環境の中でコンサルタントとして働くことにやりがいを見い出せるためだ。もう1つは、コンサルタントの価値貢献のあり方に惹かれたことである。この2つが大切であると考えたのは、職業選択をする上で私のモチベーションとスキルに合致していると考えたためだ。 前者に関して言えば、グローバル化の促進の結果、企業ではクロスボーダー案件が増えている。そしてそれは、それまでは企業内の中枢機能として解決されてきた諸機能(企業内でのネットワークの管理・調節やサービスや資金の調達や提供)が複雑化したために外部委託される契機となった。グローバルな環境で働くといえど、様々なフェーズが存在すると考える。その中でも、コンサルタントとして働くことは様々なクライアントの中枢機能をグローバルな環境の中で支援することである。委託される仕事は、市場の不安定性が高い。また、取引における速度も早くなっているため困難である。しかし私にとっては、そうした環境こそグローバルな環境の中でも最もやりがいのあるものに見えた。 後者に関して言えば、私はコンサルタントが価値を生み出す瞬間を次のように捉えた。それは、最終的な提案に対してクライアントから納得をしてもらい、案件を前に進めて結果を出した瞬間である。よくコンサルタントは、論理的思考力が必要であるとか、革新的提案をすることが大切であるという。しかしそれらは必要条件であり、一番大切なことはコンサルタントとしてクライアント満足してもらうことであると考える。 こうした考えを経て私は、自身にあった論理武装だけをしてビジネスをしているというコンサルタントのイメージを覆した。いわば、最後は人と人のやり取りであるという一種の泥臭さが、私には魅力的に映ったのである。

会社情報

基本データ
会社名 デロイトトーマツコンサルティング株式会社
フリガナ デロイトト-マツコンサルテイング
URL http://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtc/dtc.html
本社所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目3-1 新東京ビルヂング 401
電話番号 03-5220-8600
FAX 03-5220-8601