Img company noimage

昭和産業株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(3件)
  • ES・体験記(4件)

昭和産業株式会社のインターン体験記

2017卒 昭和産業のレポート

卒業年度
  • 2017卒
開催時期
  • 2015年09月
コース
  • 技術系
期間
  • 5日
参加先
  • 昭和産業
  • 日本製粉
大学
  • 奈良女子大学

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

食品企業に研究職として働きたいと考えていたので、実際にその現場を知りたいと思い応募した。特に5日間と期間が長かったので、より研究開発について詳しく学ぶこと...

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

書類選考

インターンシップの形式と概要

開催場所
鹿島工場/船橋の総合研究所
参加人数
24人
参加学生の大学
18人は大学院生、5人は学部生だった。全国各地の学生が集まっていた。
参加学生の特徴
理系の大学院生が多く、特に農学、バイオサイエンス、生物学などを専攻している人が多かった。とりあえず興味があったので応募したという人ばかりだった。明るく話しかけやすい人が多く、コミュニケーションが選考において重視されていたと思う。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

よりハムカツ向けのバッターミックスを作る

前半にやったこと

1日目は鹿島工場で、会社概要の説明と工場案内、2日目以降からのグループ分けを決めるためのグループ面接が行われた。グループ分けは製粉事業、油脂事業、糖質事業...

後半にやったこと

2日目から4日目は船橋の総合研究所にてグループ毎に作業を行った。私は業務用商品開発に配属されグループに必ず1人社員さんがついてくださった。2日目に簡単な業...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

開発部長/研究所所長

優勝特典

なし

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

プレゼンに対して、研究所所長から「ラボテストとラインテストとで、同じ条件下でやらなかった意味が分からない」と言われたこと。

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

プレゼンはパワーポイントを用いて行うのだが、そのパワポの作成に用意された時間が3時間しかなく、また持ち帰って準備することができなかったので、その場で急ピッ...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

あらゆる場合を想定することが研究において大切だと思った。商品開発は答えのないものを追求していかなければならない。ラボテストではよくできたと思ったものが工場...

参加前に準備しておくべきだったこと

最低限の研究をする上での考え方を身に着けておけばよかった。そうすれば、実験時間も短縮するし、より深い考察をすることができたと思う。

参加してみて企業で働いている自分を想像できましたか?

  • はい
  • いいえ

実際に社員さんが働いているところと同じところで作業させてもらい、社員さんの働いているときの様子や雰囲気を知ることができたから。また、飲み会を開いてくださり...

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

実際にこのインターンシップに参加してみて、学歴よりも人物が重視されていることがよくわかったから。食への興味や御社に入りたいという熱意を他の人よりも伝えれば...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

お会いした社員さんが本当に素敵な方々ばかりで、是非この方々と一緒に働きたいと思い、志望度が上がった。ご自分の業務もある中、インターンシップのために時間を割...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップが行われたのが9月でまだ就活を意識していないころだったのと、就活が始まった頃でもインターンシップ参加者に対しての特別な案内などがなかったから。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

特になかった。しかし、インターンシップ中に開発部長などの方との面談があり、「どうして数ある中から昭和産業のインターンシップに応募したのか」「インターンシッ...

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

私は食べることが大好きなのと、食に関する学科にいることから、食品業界を志望していた。インターンシップ参加前の時点では志望企業はなく、メーカーや商社などの志...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

BtoCだと社会のニーズに合わせて商品を作っていくのでその波に乗り遅れないようスピードが求められるが、BtoBだと取引先に求められるよう、時間をかけてより...