#{company.name}のロゴ写真

株式会社NTTドコモ

  • 4.1
  • 口コミ投稿数(1991件)
  • ES・体験記(95件)

株式会社NTTドコモのインターン体験記

2017卒 NTTドコモのレポート

卒業年度
  • 2017卒
開催時期
  • 2016年02月
コース
  • 新ビジネス創造コース
期間
  • 2日
参加先
  • 富士ゼロックス
  • エヌ・ティ・ティ・データ
  • NTTドコモ
大学
  • 早稲田大学

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

通信業のほかにも手広く様々なことを手掛けている企業なので直近の業界について知ることができると考えた。業界最大手なのも一因だった。

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

グループディスカッション

グループディスカッション 通過

テーマ

各自でもちより。テーマを何にするのかも選考の一つだった。

進め方・雰囲気・気をつけたこと

何を言ったのか、本質をとられているのかが大事だとは思った。決めることは何なのかうまく整理することを見られていたと思う。個人の感想だが凝ったテーマを発表した...

インターンシップの形式と概要

開催場所
成城学園前の研修センター
参加人数
40人
参加学生の大学
早慶、国公立の学生はやはり多かった。通信業に興味のある人ばかりではなかった
参加学生の特徴
早慶多いというところを抜かすと難しい。理系も文系もごちゃまぜだった。インターンを何社か経験している学生も多かった。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

ドコモの新サービスを立案せよ

1日目にやったこと

自己紹介と簡単なワーク、取り組む課題についての説明があった。ランチはチームで。その日中に中間発表があった。発表に向けてメンターの社員が一人つく。

2日目にやったこと

二日目は発表に向けての詰めを行った。また、メンターの社員は二日目もついてくれた。この日からほとんどの人が私服になった。

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

新規事業のマネージャー

優勝特典

ドコモダケのグッズ

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

話し合っているレイヤーが同じではない。全員が同じベクトルを向いていないと新規事業なんて生まれない。全員の総意が聞きたい。

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

ドコモのことを知るというより体験するというインターンだったので、情報としてもう少しいろいろなことを知りたかった。アクセスが悪いし2daysだった分辛くはな...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

自社のアセットをどのように使うのがよいのか、これまでのサービスはどう生かして作られてきたのか、いま自分が関わっているサービスはどんなものなのか。など社員の...

参加前に準備しておくべきだったこと

直近のトレンドをきちんと調べておけばよかった。VRなどの知識があればぺらっぺらの発表をすることもなかった。

参加してみて企業で働いている自分を想像できましたか?

  • はい
  • いいえ

社員に「君は働いていそう」と声をかけてもらったのが大きな理由。お世辞かもしれないが、その社員とは考え方も似ていたので働くことができそうだと思った。キャリア...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

インターン参加前から様々な企業、業界とアライアンスを組んでいるので多くの事業に携われると思っていたが、インターンに参加して以降その認識がより固くなった。ま...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

早期選考が優秀な人には用意されており、自分は参加できなかったがそこからも結構な数内定が出ていた。早期選考に落ちても一般選考に参加しているようだった。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

メンターの社員から名刺をもらったのでESを提出する前に一度会い、ESを見てもらった。会社からのフォローというよりは社員個人の裁量だった。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

IT系の企業を志望していたが、どのような企業を受けようかは考えていなかった。NTTデータや富士通などのSIerを中心に見ようと考えていた。もしくは巷でいう...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

インターンには三社参加したが、一番志望度が上がり、第一志望になったのがドコモだった。自分が考えたものが見える形であってほしいという自分の欲求に気付けたので...