Img company noimage

JA三井リース株式会社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(70件)
  • ES・体験記(16件)

2016年卒 JA三井リース株式会社の本選考体験記 <No.180>

2016卒JA三井リース株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 興銀リース
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会+小論文+SPI+SPI結果報告(5月) → 1次面接(6月) → 2次面接(6月)

企業研究

リース業界は金融業界の中でも少し特殊な業界です。その為、「なぜこの業界を志望しているのか」ということを中心に面接が行われます。その際、他の志望企業についても非常にみられているように感じました。他...

志望動機

リース業界を志望した理由は以下の2点です。1つ目は純粋にリースのビジネスに興味をもったことです。商社と銀行の両方の業務を兼ね備えたリース業界でなら幅広く自らの視野を拡げられるのではないかと思いま...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
営業
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

明るく前向きに業務に取り組むことができるかどうかを見ているように感じました。リース営業の仕事が厳しい仕事であるために、特に女性に対しては積極性やリーダーシップが求められていると感じました。業界に...

面接の雰囲気

面接官の人はとても優しく、ESに沿った質問でした。自己PRや志望動機など、比較的よくされる質問しかされなかったです。その中でも志望動機と学業面で頑張ったことを深く聞かれましたが、面接時間が短かっ...

1次面接で聞かれた質問と回答

なぜ他金融ではなくリース業界なのか

今まで知らなかった業界だからこそ、初めてリースのビジネスモデルを聞いたときの衝撃を中心に話しました。またその中で、営業をする中で接することができる人々の幅の広さ、また少数精鋭だからこそ様々な経験ができるということを話しました。注意した点としては、大手企業ではなく、少数精鋭の企業を志望しているこ...

大手企業ではなく、なぜ当社なのか

就職活動をしていく中で純粋に興味をもったのがリース業界であったことを中心に語りました。これは本音であったために、出来る限り感情が伝わるように話すことを心がけました。また、自身の「新しいことに挑戦することが得意」という長所を活かして、幅の広い業務をこなしていきたいために、様々な業務の出来る貴社に...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
10年目以上の人事
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
連絡なし

評価されたと感じたポイント

人柄を見られているように感じました。話の矛盾などについてはその場で深く突っ込まれることはありませんでしたが、明らかにチェックしているように思われます。圧迫面接ではなかったものの、全体的に緊張感の...

面接の雰囲気

志望動機について深く聞かれました。圧迫面接ではありませんでしたが、発言に対して深く聞かれることは多かったです。また面接官が人事を10年以上やっている方であったために、人柄をじっくり見られているよ...

2次面接で聞かれた質問と回答

大学時代深く学んだ学問をどうやって選んだか。

所属するゼミを選んだ理由を答えました。教授の授業をとったときに、その学問の内容に興味をもったこと、興味をもったことに対しては全力で頑張ることができることが自分の長所であることを答えました。ただ何となく選んだということを思わせる発言は絶対にしないように注意しました。

入社後やりたい仕事はなにか

地域営業をやりたいと伝えました。リース企業は大半が営業であり、重要な役職であるからです。また営業をやることによってリースの基礎を学ぶことができ、そのうえで今後やりたいことを明確に決めていくつもりであると答えました。