京阪電気鉄道株式会社のインターン体験記

業界:
鉄道業 不動産
本社:
大阪府
従業員数:
1千人以上2千人未満
URL:
http://www.keihan.co.jp/

2016卒 京阪電気鉄道のレポート

年度
  • 2016卒
時期
  • 2015年02月
コース
  • 総合職
期間
  • 5日
参加先
  • 京阪電気鉄道株式会社
  • 南海電気鉄道株式会社
  • 株式会社村田製作所
  • 住友金属鉱山株式会社
大学
  • 大阪市立大学

インターンシップ参加前

インターンシップに参加した理由

もともと様々な業界を見るつもりであったためこだわりなく様々なインターンシッ...

インターンシップを受ける為に準備したこと、合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを受ける為の準備の具体的な内容を教えて下さい。

部活動のOBに訪問を行い、関西5私鉄の比較を行った。HPやIRなどを参考に...

選考フロー

ES・筆記試験 → グループディスカッション

ES・筆記試験・WEBテスト・適性検査

選考形式

ES(エントリーシート)と筆記試験・WEBテスト・適性検査

試験内容

企業の個別採用HPで受験する形式。おそらく玉手箱。科目は言語と非言語。

準備したこと

参考書を用い学習。

グループディスカッション

テーマ

2題出題された。(1)子どもの学力を上げるためにはどうすればいいか?(2)社会人に必要な素養とは何か?

進め方・雰囲気・気をつけたこと

京阪本社ビルの一室で1グループ6~7人で同時に5組ほど選考が行われ、一グル...

インターンシップの形式と概要

開催場所
京阪本社ビル/京阪所有の施設
参加人数
24人
参加学生の大学
ほぼ関西圏。京大・同志社が多く関西圏国公立・関関同立がほとんど。
参加学生の特徴
地元志向・インフラ志望が多い印象。経済商学系で、流通関係のゼミに入っている人が多かった。またほかの4私鉄や、関西電力・大阪ガスなどのインターンに参加済み・参加予定の学生が多かった。
報酬
0円

インターンシップの内容

テーマ・課題

京阪電鉄の今後の方向性と取るべき施策

前半にやったこと

一日目はウォームアップとして自己紹介とチーム分け。チーム分け後はお互いに他...

後半にやったこと

4日目は役員(?)前での最終プレゼンに向け準備を行った。お題は京阪電鉄の今...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

おそらく役員。人事部・人事部長。

優勝チームの特典

京阪グッズ

インターンシップを通して印象的なフィードバック

社員の方から、学生が数十分机上で話し合って思いつくような机上の新規立案は突...

苦しい・大変だと思った瞬間

プレゼンを行うためにインターン日以外に何度もチーム内で集まったが、結局時間...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

関西私鉄の違い。鉄道会社の事業内容の広さ。保守的な印象のある業界であったが...

参加前に準備しておくべきだったこと

とくにはないが、鉄道会社は鉄道の運用だけが仕事ではない。配属も文系だとほと...

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

参加学生の層として非常に保守的で大企業志向が強かったように感じた。しかし京...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

理由としては高い配属リスクである。自分自身がこれしかやりたくないというよう...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

同じ大学のOBと2対1で面談を個別に設定してもらった。一次面接が免除になっ...

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

社員と面談がある。人事部の社員と一般社員との2対1の面談であった。時間は一...

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

化学メーカーやBtoBの大手メーカーを希望していた。自分の軸である、世界の...

このインターンシップへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

自分としては業界はともかくとして、営業をやりたいという気持ちを再確認した。...