イオンモール株式会社のロゴ写真

イオンモール株式会社

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(535件)
  • ES・体験記(45件)

2019年卒 イオンモール株式会社の本選考体験記 <No.5424>

2019卒イオンモール株式会社のレポート

年度
  • 2019年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • 西日本旅客鉄道
  • JR東日本ステーションサービス
大学
  • 日本大学

選考フロー

説明会・セミナー → リクルーター面談・人事面談 → 1次面接 → 最終面接

企業研究

この企業は、他の企業より特に「入ってから何をしたいか」を見ている。それは、ありきたりなことを言っても突飛なことを言っても良くないように感じた。その「入ってから何をしたいか」について、3~4回質問...

志望動機

私は子どものころから思い入れのあるイオンモールで、地域に貢献する仕事がしたいと思い志望しました。私にとってイオンモールは遠くからわざわざ訪れる存在で、一人の利用者として楽しませていただいてきたな...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
課長クラス
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

自分の意見をある程度言うことができれば問題ありません。あまり困る質問はありませんでしたが、それでも甘く見ていると失敗するかもしれません。

面接の雰囲気

明るい雰囲気で、笑いの絶えない面接だった。緊張をほぐしてくれているのか、雑談もしばしば入るような面接だった。

1次面接で聞かれた質問と回答

企業選びのポイントは何ですか。

まず一つは、地域社会に影響力を持つ会社で地域に貢献できる仕事です。私は、働くあたって、地域の色、顔、様子が伝わってくる環境で働きたいと考えていました。そのためには、地域に密着するような仕事でなければならないと考え、それを十分に果たすことができるのは、地域社会に影響力を持つ会社が良いと考えました...

なぜイオンモールなのですか。

やはり仕事の幅と地域の幅が広いという面でイオンモールにしかない魅力があると考えています。開発から運営まで自社で行われていることから、現場だけでなく開発やリーシングといった仕事の選択肢がありますし、日本全国に展開されていることから、様々な地域で地域の活性化に携わることができることが挙げられます。...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
部長クラス
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

やりたいことについて、多くの課題を提示された。ぜひそれは、事前に社員の方に聞いてもらって、課題を洗い出して解決策を考えておく必要があると感じた。私の言った内容は、この前の面接ではすごく評価をして...

面接の雰囲気

雰囲気は堅かったが、時折面接官に笑顔が見え、圧迫というほどでもなかった。質問はかなり鋭いように感じた。

最終面接で聞かれた質問と回答

やりたい仕事は何ですか。

私は、営業とオペレーションの両方に関心がありますが、どちらかといえばオペレーションです。オペレーションは、どちらかといえば表舞台ではなく裏方のような仕事ですが、商業施設の管理という面で管理者らしい仕事であるといえますし、逆に設備や警備面のマネジメントを担当するオペレーションがいなければ、お客様...

モールはどこか見学しに行きましたか。

私は、神奈川県座間市にあるイオンモール座間を見学してまいりました。イオンモール座間の良かった点は、3階にキッズスペースがあったのですが、その周りが子供用品のお店で囲まれていたことです。それは、リーシングの仕事のゾーニングの真骨頂を感じました。また、休憩スペースがとても多かったことです。ショッピ...