Img company noimage

東海旅客鉄道株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(310件)
  • ES・体験記(73件)

2016年卒 東海旅客鉄道株式会社の本選考体験記 <No.1037>

2016卒東海旅客鉄道株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • シンプレクス
  • ワークスアプリケーションズ
  • 日本アイ・ビー・エム
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

ES(6月) → 1次面接(6月)

企業研究

鉄道業界が行っている事業は非常に多岐に渡るため、自分がJR東海の事業の中でも特にどの事業に対して強い関心があるのかについて明確にしなければならないと思います。企業のホームページやIR資料、パンフ...

志望動機

経済とは「ヒト・モノ・カネ」の流れであると考えた時、「旅客(ヒト)・物流(モノ)・電子マネー(カネ)」事業を行っていることから、日本経済全体を支えているとも言える点に魅力を感じ、鉄道業界を強く志...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
営業
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

志望動機や入社後にやりたいことなどの企業に関する質問はほとんどなく、どちらかというと、どのような人物なのかを市かkりと見極めるための面接であると感じました。しっかりと自己分析を重ね、出来るだけ相...

面接の雰囲気

いわゆるリクルーター形式の面接で、高級ホテルのカフェでの雑談形式で面接が行われるため、非常に話しやすい雰囲気だと思います。面接官の方はとてもスマートで、こちらのことをどんどん誉めてくださります。

1次面接で聞かれた質問と回答

ゼミで学んだ内容について教えて

『私はゼミで「日本はどのようにすれば他国と対等に貿易を行うことが出来るのか」について研究しています。その手法は、歴史を改めて見直し、現代までの各国の戦略を考察することで、日本の現状の背景を検証するというものです。その結果、米国による支配構造などが明らかとなり、日本の課題は「十分な軍事力の保有」...

自分の誇れる経験があれば教えてください

『「チームリーダーに必要なことは何かを考え、実行してきた」私にはこの経験があります。テニスサークルの主将になった私には、高校時代からの課題として「チームマネジメントから逃げてきた」という現状がありました。そこで、これを機に課題を克服し、同時に学内団体戦においてチームを初優勝に導くことを目標に掲...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
営業
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
連絡なし

評価されたと感じたポイント

志望理由や業務に関しての質問はほとんどなく、大学時代の学業面に関する質問が非常に多かったと思います。大学4年間で何を学んだのかについて、しっかりと自己分析をして面接に臨まないと、質問に答えること...

面接の雰囲気

一次面接と同じような形式で、行われました。ただ、一次面接の面接官と比べて、年齢が高いため、少し面接の雰囲気が固いと感じました。ただ、こちらが楽しそうに話していると、相手の方にも笑顔が出てきました...

2次面接で聞かれた質問と回答

自分のどんな強みを仕事に活かせると思う?

『「当り前のことを当り前にこなす力」この強みを、営業職にて活かせると思います。これまでの人生における成功体験を振り返ると、どんなことにも真面目にコツコツと努力を続けたことが、結果に結びついていたと考えます。そこで営業職にてこの強みを活かし、顧客の下に足繁く通うことや、迅速かつ正確な仕事を通じ、...

卒業論文のテーマについて教えて

『私は貿易商務研究のゼミに所属し、主に海運での貿易取引について研究をしております。その中でも特に、日本の貿易と国際情勢(主に米国、中国の外交戦略)の関係をテーマに学びをすすめています。現在、日本は世界第四位の貿易額を誇る貿易立国です。しかし近年、日本の貿易を取り巻く環境が大きく変わりつつありま...