株式会社大塚製薬工場のロゴ写真

株式会社大塚製薬工場

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(164件)
  • ES・体験記(34件)

大塚製薬工場の本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

NR職
21卒 | 東京農業大学 | 男性
Q. あなたの強みを教えて下さい。
A. A. 私は何事にも好奇心を持ち、取り組んだことはとことん突き詰める「探究心」があります。私はこれまでに多くのことに挑戦し、成果を残してきました。その中で最も象徴的な経験が、高校で所属していた○○部での経験です。私は○○を6年間習っており、○○経験者という立場から、他の同...
Q. サークルの活動内容について教えて下さい。
A. A. ○○サークルは、普段は大学近くの会議室を借りて、小規模で活動を行っております。また、毎年〇月には○○の企業のもとで実習を行い、そこで採れた○○を、〇月に行われる学園祭で販売しています。実習では1袋30キログラムある製品を両手に持って何往復もするため、重労働な一面も...

21卒 1次面接

MR職
21卒 | 国際医療福祉大学 | 女性
Q. 海外事業について逆質問した。
A. A. 海外においても事業も行っているため、MR職として海外に赴任することもあるのかどうか疑問に思い、興味関心もあったため、質問させていただきました。実際のところ、MR職として海外で働くことはないようでした。現役のMR職としてではなく、現地のMRさんのマネジメントをするよ...
Q. 入社理由について逆質問した。
A. A. その場にいた採用担当者などの面接官に対して、どうしてこの会社でMR職として就職しようと決めたのかということを、僭越ながら逆質問させていただいた。それぞれの方に、文系出身であったり、製薬業界に絞って就職活動をしていたり、はたまた、全く違う業界も視野に入れて就職活動を...

20卒 1次面接

研究開発職
20卒 | 京都大学大学院 | 女性
Q. 今日のインターンに参加して、一番魅力的に感じた職種はなんですか。
A. A.
探索研究に一番魅力を感じました。これまで、製薬企業の研究職の中にも、いくつか役割りがあることをあまり知りませんでした。今回、探索研究、製剤研究の方の話を聞いて、ゼロからイチを作り上げていく役割を果たす探索研究に関心を持ちました。今日説明をしてくださった探索研究を行っている社員の方も、非常に苦労されていることは伝わってきましたし、研究を行っていてもなかなか成果に直結しないだろう、ということもよくわかりました。ですが、その分、研究を成功させ、自分で製品を作り上げられた時の感動は計り知れないだろう、ということも思いました。これまで、あまり研究職のことは調べてこなかったのですが、探索研究という道も考えていこう、と思えました。 続きを読む
Q. 逆質問をしてください。
A. A.
大塚製薬工場の特徴として代表的なものに、非常に独特な性格の社員が多い、製品も独特なものが多い、という話を聞いたことがあります。そうした個性的なヒト、モノ、を育てていくために、具体的に行っている取り組みはあるのでしょうか。/メディカルフーズ、嚥下リードの開発や、輸液で臭みが少ないものを開発するなど、患者様や医療従事者のニーズを汲み取った製品を積極的に開発されていますが、研究開発の社員が実際に顧客の生の声を聞く機会はあるのでしょうか。/多くの製薬企業は研究部門と開発部門は切り離された部門に属していますが、大塚製薬工場では一つの同じ部門の下にあるという話を聞きました。そうした配置にすることのメリットがあれば教えてください。 続きを読む

20卒 1次面接

研究開発職
20卒 | 大阪大学大学院 | 女性
Q. 留学経験はありますか。英語に関してはどうですか。
A. A.
大学1年次に2週間、オーストラリアへ語学留学しました。そこで、中学校から6年間学んできたにもかかわらず、自分が英語を話せない、思ったことを伝えられないことにショックを受けました。そこで、大学2年次に4週間、フィリピンの語学学校に通いました。ここでは毎日5時間、マンツーマンの授業があります。このうち3時間は文法やリスニングの授業とカリキュラムが決められていました。しかし、私は会話力を伸ばしたかったため、先生と相談し、5時間全てをスピーキングの授業にしてもらいました。また、休み時間も他国籍の学生と過ごすようにし、4週間徹底的に会話力を磨きました。その結果、帰国後に留学生の生活のサポートを行うなど、話す力がしっかり身についていると実感できました。 続きを読む
Q. ホームページで消毒剤キットの開発エピソードを拝見しました。何十年も時間をかけて上市にこぎつけたと伺ったのですが、ここまで諦めずにやり遂げられたのはどうしてですか?(逆質問)
A. A.
この会社は、一度始めたことは余程のことがない限りやめないという風土があるからです。新製品の企画会議では、その製品のニーズや将来性を何度も吟味し、本当に世の中に必要な製品だけを開発します。開発することになった製品は、世の中に届けられるまで、開発を途中でやめることはできません。消毒剤キットも何度も壁にぶつかり、開発は非常に難航しました。しかし、少しでも希望が残っているならやめるわけにはいきませんでした。私は消毒剤キットの開発に長年関わってきましたが、本当に困難な道のりでした。また、完成してからもなかなか医療現場で受け入れてもらえず、営業の人たちは苦労していました。それでも、この製品が医療現場に役立つことを信じ、粘り強く営業を行った結果、徐々に売れるようになりました。 続きを読む

19卒 1次面接

研究開発職
19卒 | 岡山大学大学院 | 男性
Q. なぜ製薬会社を志望しているのですか?
A. A.
祖父が大腸がんで亡くなったことが、薬学部を志したきっかけです。祖父は入院生活を強いられるまでは元気で優しく、そんな祖父が私は大好きでした。しかし、末期の大腸がんと診断され入院してからは、疼痛や食欲不振、抗がん剤の副作用から別人のようにやせ細り、周りの家族に対して当り散らしながら最期を迎えました。私はそんな祖父を見ていられず、祖父や自分のような思いをする人を一人でも減らしたいと思いました。医療に関する仕事は数多くありますが、一人でも多くの人々の健康に貢献したいという思いから、薬を創る仕事に携わりたいと考え、現在の大学に入学いたしました。その思いは今も変わらず、製薬会社の研究職として医療に貢献したいと考えています。 続きを読む
Q. 英語力について教えてください。
A. A.
TOEICの勉強をしていたので、論文をスラスラ読むことが可能なリーディング力はあります。具体的には、苦手なリスニング分野を重点的に、少なくとも週10時間以上を勉強時間に充てると決意し、綿密に計画を立てやり抜きました。また単語帳を持ち歩く、またウォークマンにリスニング教材を取り入れることで隙間時間も有効に活用するように心がけました。その結果、研究活動にも力を入れながら、半年間でTOEICのスコアを500点から800点まで上げることができました。しかしながら、その一方でスピーキングとなるまだまだ実用できるレベルではないので、今後は英語をアウトプットできるように意識して取り組んでいきたいと考えています。 続きを読む

18卒 1次面接

MR職
18卒 | 東洋大学 | 女性
Q. サークル活動について
A. A.
自ら企画・立案をして活動を行うと共に、SNSやブログを通して活動報告をし、学生ボランティアの促進をすることを目的としておりました。中でも、過疎化・高齢化の進む地域の活性化ボランティアに力を入れました。定期的にボランティアをすることで、福祉、環境活動等、今その地域で必要とされていることを考えられるようになりました。実際に、地域の方々のお手伝いをした際は「若い人が来てくれると元気になる」「また会いに来てね」と感謝状を頂きました。ボランティアをした地域の方々のこうした思いが今でも印象に残っています。また、公益財団法人主催の第●回SYDボランティア奨励賞でも継続的なボランティア活動が評価され、理事長特別賞を頂きました。こうしたボランティア活動を後輩に報告することで、何年経っても変わらない長期的な支援が続いたらと思います。 続きを読む
Q. 学生時代最も打ち込んだこと
A. A.
大学二年生からファッションやメイクを発信する女性向けメディアでインターンシップをしていました。街頭イベントや取材をしていく中で、女性の悩みは表面的なものだけではなく、内面的な部分が多いことに気づきました。このことから、女性の外見だけでなく、気持ちまで上向きにすることで内側から輝かせたいと思いました。そこでニキビやそばかすのコンプレックスを活かすメイクを紹介し、精神的に美を支援するよう努めました。メイクを実践した方から「あなたのおかげで自分に自信が持てた」と言って頂いた時は、本当に嬉しかったです。この経験から、お客様の声に寄り添い、新しい角度から物を見ることの大切さを実感しました。そして消費財の持つ可能性、その可能性を伝える人に強い意義を感じ、日常生活に密接に関わる商品を届けたいと思いました。社会人になったら、より多くの人の背中を押し、日々の生活を輝かせるような仕事がしたいと考えています。 続きを読む