2016年卒 株式会社足利銀行の選考体験記 <No.241>

業界:
銀行
本社:
栃木県
従業員数:
2千人以上5千人未満
URL:
http://www.ashikagabank.co.jp/

2016卒株式会社足利銀行のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 株式会社八十二銀行
  • 東京都文京区役所
  • 千葉県浦安市役所
大学
  • 法政大学

選考フロー

説明会(4月) → ES(5月) → webテスト(6月) → 1次面接(6月) → 面談会(7月) → 適性検査(7月) → 2次面接(8月)

企業研究

支店訪問は行うべきだと感じた。私自身は行わなかったが、地方銀行の中でも第一銀行であることもあって、栃木県内のみならず、何県かに支店があるため、どこか1個所...

志望動機

栃木県の現在や未来を支えている、様々な御行の事業に魅力を感じています。私は地域と共に生き、自らも成長し続けるため「食と農」企業支援プロジェクトをはじめとし...

1次面接 通過

形式
学生1面接官1
肩書
人事
時間
30分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

ESを中心として、一つ一つ確認するような形で面接官から質問された。特に掘り下げられた質問はないが、ざっくりと学生時代に力をいれたことや今までに一番熱中した...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

狭い部屋に通されたこともあり、人事の人との距離が近く、普段の面接のときのような感覚というよりも会話をしているような感覚だった。そのため、緊張することもなく...

1次面接で聞かれた質問と回答

貴方が今までで一番熱中したことと、その理由について

私は、仲間と共に1つの音楽を作る、吹奏楽に熱中しました。コンクールや演奏会など、1つの目標に向かって仲間と共に切磋琢磨し、舞台の上で感動を共有することがで...

チームで活動した経験について、何かあれば語って

私は、中学生のころから吹奏楽を続けています。高校3年生の時、部内代表として出場したアンサンブルコンテストでは、「本選大会通過」を目標として掲げ、チームのみ...

2次面接 落選

形式
学生1面接官1
肩書
人事
時間
30分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

威圧的な雰囲気の中での面接であったため、まず緊張していたとしても、質問に対し的確に応えることができるのかどうかを前提として見ているように感じた。銀行員とし...

2次面接を圧迫面接と感じましたか?

1次面接とは異なり、広めの部屋に通された。そのこともあり、面接官との距離が遠く、声を張らないといけないし、面接官の声も聞き取りづらかった。質問に対し回答す...

2次面接で聞かれた質問と回答

上京したのに地元の地銀にこだわる理由は

私は確かに大学生で上京しましたが、4年間東京で暮らしてみることで、改めて地元である栃木県の暮らしやすさや、なにより人々の温かさを痛感しました。そのうえで、...

銀行に入ると多くの資格を取得する必要があるが、大丈夫か

私は常に挑戦し続けること、自分の努力の成果を証として残すことにやりがいや喜びを感じ、これまでに多くの民間資格を取得してきました。さらに、大学生活においては...