2016年卒 株式会社武蔵野銀行の選考体験記 <No.1279>

業界:
銀行
本社:
埼玉県
従業員数:
2千人以上5千人未満
URL:
http://www.musashinobank.co.jp

2016卒株式会社武蔵野銀行のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 3次面接
内定先
  • 富士ソフト株式会社
  • さわやか信用金庫
  • SMBC日興証券株式会社
  • 東洋証券株式会社
  • 株式会社フォーバル
  • 水戸証券株式会社
大学
  • 立正大学

選考フロー

会社説明会(6月) → 座談会(6月) → 1次面接(7月) → 2次面接(7月) → 3次面接(7月)

企業研究

大学内のキャリアセンターで先輩の志望動機などを参考にした。また企業の社風のことを詳しく知るために、実際に支店に足を運び、パンフレットを集めることで、他社と...

志望動機

私は御行の常に挑戦する企業風土に魅力を感じ、志望しました。差別化しづらいといわれる金融業界において、常にお客様の求めているサービスを追及し差別さする姿勢は...

企業独自の選考

選考の形式

一次面談

選考の具体的な内容

就活生四人で会話をさせ、人事がそれを観察するような面談だった。

1次面接 通過

形式
学生4面接官2
肩書
人事
時間
30分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

簡単な面接とグループディスカッションが合わさったような面接だった。特に後半のグループディスカッションを主に評価していたように思える。相手との会話からコミュ...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

質問などはほとんどなく、就職について学生同士話し合わせる内容だった。そのため、人事と話すよりは学生同士で話すことがメインであり、グループディスカッションに...

1次面接で聞かれた質問と回答

志望理由を教えてください

県内唯一の地銀として、地域発展のために尽力している姿勢や、地域産業の活性化のために、様々な取り組みを率先して行い、成果を挙げている点に魅力を感じた。またそ...

学生四人で最近の就職についてや、自分の意見などを話し合って見てください

学生同士で話すグループディスカッションのようなものであった。一人ずつ意見を出し合い、それに対して自分も意見を言ったりしあった。このとき一番気をつけたのは、...

2次面接 通過

形式
学生2面接官2
肩書
人事
時間
30分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

二次面接では自分のことをどれだけわかっているかを見ていたと思っているので、自己分析が鍵となる。特に学生時代にがんばったこと、将来やりたいこと、この二つを中...

2次面接を圧迫面接と感じましたか?

質問に対する回答に否定的な発言などがあり、すこし圧迫のように感じた。また株価を聞いてくるなど、難しい質問もあったため、すこしやりづらい面接だった。

2次面接で聞かれた質問と回答

学生時代にどんなことに熱中したか

経済学検定の受検に熱中した。ミクロ経済学やマクロ経済学を中心に経済学検定を受検し、自分の能力を向上させるように日々取り組んでいた。経済学を学ぶことでニュー...

なぜ金融のなかで銀行なのか

証券や保険業界はお客様に対して特定の商品しかお勧めすることができない。自分はお客様に対して「お困りなことはございませんか」といえるような万能薬になりたいと...

3次面接 落選

形式
学生1面接官2
肩書
人事
時間
30分
通知
連絡なし

評価されたと感じたポイント

「なぜ金融か、なぜ銀行か、なぜ武蔵野銀行か」という理由を、的確に答え、納得させなければすぐに面接官に否定される。またそのように否定された場面においてもどの...

3次面接を圧迫面接と感じましたか?

回答に対して否定的な意見が飛んでくる。また面接官の年齢が高いだけではなく、自分ひとりの個人面接であるため、自分はすこし圧迫した面接のように思えた。

3次面接で聞かれた質問と回答

なぜメガバンクは受けないのか

「私は自分自身の力で、お客様に認められて関係を築くような営業がしたい。メガバンクのように知名度があれば営業が楽になるとは思うが、知名度に頼るような営業で、...

融資と営業、どちらをやりたいか

私は営業がやりたい。私の中で融資は銀行の中でお客様が来るまで待っているような受身の姿勢があるように思えるため、積極的に攻めていくような私の性格に合わないと...