Img company noimage

住友金属鉱山株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(70件)
  • ES・体験記(13件)

2016年卒 住友金属鉱山株式会社の本選考体験記 <No.142>

2016卒住友金属鉱山株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定辞退
内定先
  • キヤノンマーケティングジャパン
  • ソニーグローバルソリューションズ
  • 三井住友銀行
  • ブリヂストン
  • 住友金属鉱山
  • 日立製作所
  • ANAホールディングス
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(3月) → ES(4月) → テストセンター(4月) → 1次面接(6月) → 2次面接(6月) → 3次面接(7月) → 最終面接(7月)

企業研究

素材産業の中で川上に位置するのか、川下に位置するのか、また競合・協力関係にある会社はどこなのか。逆質問をする中で、住友金属鉱山は川中に位置するため三井金属や三菱マテリアルとは被る部分が少ないこと...

志望動機

1国内外問わず世界の人々の生活を豊かにする可能性のある、裾野の広い仕事であるから。中学校のアジア研修旅行で初めて海外を訪れ、自分の境遇がいかに恵まれたものであるかを実感しました。もっと新興国を訪...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

いかに真摯に話すかが大切だと感じた。一次面接から割と年配(40歳くらい)の方が出てきたため、「学生らしい」ものの感じ方、話し方をすると誠実さを表せるのだと思う。「サークル」といった語や大学生は多...

面接の雰囲気

エントリーシートにはほとんど触れられない、または確認程度に参照されるだけだった。ものすごく腰が低い方で、会話を楽しむ姿勢で面接に臨めた。あまり深掘りもされず、学生時代に頑張ったことについてじっく...

1次面接で聞かれた質問と回答

学生時代に頑張ったこと

フィリピンでの教育支援活動です。私は広報部の部長として、支援先での自団体の知名度を上げることを目標に活動を行いました。私が広報部長に就任した当初、親世代の自団体への認知度が低いことに課題意識を抱きました。弊団体はフィリピンの小学校で授業を行う活動を主軸にしていたのですが、他のアプローチとして親...

なぜそのサークル活動を始めようと思ったのか

中学校の研修旅行で初めて海外(ベトナム)を訪れ、生まれ落ちた場所によってこんなにも差があることに衝撃を受けた。私自身特に衣食住に困らずに生きた裕福な身であり、そんな自分が世界に対して何かできることはないだろうかと考えていた。高校時代には海外に行く機会などなかったため、大学に入ったら海外でボラン...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
不明
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

いかに説得力をもって自分の話に食いつかせるか、納得させられるかを見られていたのだと思う。優しく頷いてくれるため、本心でも納得しているのか不安だったが、素直な反応を示してくれたのだと思う。ガツガツ...

面接の雰囲気

一次面接以上に年配の方が担当してくれた。エントリーシートにほとんど縛られずに面接が進んでいき、会話をしていく感じだった。ところどころ不意打ちで「どう思う?」と感想を聞かれる場面が多かった。和やか...

2次面接で聞かれた質問と回答

女性に長く働いてもらうためにはどうしたら良いか

ワークライフバランスを充実させることはもちろん大事だが、女性だという理由で特別視されることに違和感を覚えるのではないか。つまり早上がりできる状況を作りつつも、その時間をオーバーして仲間を「手伝っている、助けている」気持ちを持てるようにすることがキーとなると思う。《注意した点》ワークライフバラン...

どうして営業に向いていると思ったのか

サークル活動を通して、相手の話を汲み取って相手の疑問を代弁する機会が多かった。相手の気持ちを考えて話し方を変えたり、先回りして調べていったり、影ながら相手の要求を察する役回りに適しているのではないかと思うようになった。アルバイトでも接客業を通して相手の求めているものを先回りしたり、会話を通して...

3次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
法務の社員2人
面接時間
90分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

法律の知識があるかどうかはもちろんだが、暗記した知識なのか、それとも自分なりに納得しているのか、納得していないならなぜ納得しないのか、落とし込めているかをみられていたと思う。私は司法書士も行政書...

面接の雰囲気

法学部で営業と法務とで迷っていることを伝えたら、イレギュラーではあるが法務の試験を受けることとなった。社員もすべて法務の方で揃えてくれた。法務の人の傾向なのかもしれないが、一次面接・二次面接とは...

3次面接で聞かれた質問と回答

(試験に沿って)抗弁権とはなんですか

恥ずかしい話ではあるが抗弁権ではなく「同時履行の抗弁権」の内容を答えてしまった。当事者の双方が相互に債務を負担する契約において、相手方が債務の履行を提供するまで、自己の債務の履行を拒否できる権利、だと答えた。もちろん社員から、それは同時履行の抗弁権ですが抗弁権とは何ですか、と詰められた。正直に...

なぜ家族法ゼミに入ろうと思ったのですか

昔の判例を研究し学説を暗記することももちろん法学において大切な勉強の一つだと思う。でも「昔こうだから今もこうだ」という形式ばった勉強よりも、「今こうだけどこれからどう変わっていくのが良いか?」を考える環境に身を置きたかった。その点、家族法というのは日々社会の変化を受けながら変革していくべきであ...

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
役員二人と人事部長
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
直接

評価されたと感じたポイント

簡潔に答えらえるか、真摯に対応できる人かどうかを見られていた。役員もおだやかな方で、ガツガツした雰囲気ではなかったが、周囲とともに協力関係を築き、人当たりの良い学生を求めている感じがした。職種別...

面接の雰囲気

役員面接ということもあり、普段取締役会が行われる横長の広いテーブル越しに行われた。とても威圧的でさすがに緊張したが、掘り下げられるというよりもファーストインプレッションや受け答えに真摯に対応でき...

最終面接で聞かれた質問と回答

志望動機を教えてください。

国内外問わず人の生活に資する仕事がしたいと思っていた。素材産業というのは人の生活基盤を影で支え、かつグローバルに展開している。消費者に直接働きかける訳ではないため日の目を見ないかもしれないが、実は人を支え産業を支えているという自負は私にとってやりがいとなると思う。またグローバルに展開している所...

なぜ法務を志望するのか

法律の本質は相手をいかに説得するように構想立てるかというところにあると思う。ゼミを通して、学説を覚えるだけでなく学説を使い相手と交渉する楽しさを知った。これは社会に出ても活かせると思ったし、法務の試験を受けた際に法務部の本部長と話したが、この人についていきたいと思ったため営業から法務志望へと変...

内定者のアドバイス

内定後の企業のスタンス

他社を断ってくれたら8月1日よりも早く内定を出すと伝えられた。1日のお昼に拘束があることも伝えられた。

内定に必要なことは何だと思いますか?

法務志望なのであれば法律に関する試験があるので、早めに民法商法の復習をしておくと良い。ちなみに語句説明と論述で、両方共選択形式だった。文系には珍しい職種別採用なので、自分がなぜ営業志望なのか、法...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

ガツガツした人よりも、おっとりとしていてかつ信念を持った人が好まれる。社員もみな性善説に立っており、こんなに学生の言うことを信じるのか、、、と逆に申し訳なくなるほどだった。肩の力を抜いて会話を楽...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

最終選考の倍率は高めらしい。三次選考の際に「入社したらやってみたいこと」というお題で論文が課され、一時間の制限内に書き上げなければならない。事前に論文の存在とお題は宣言されるが、その中で希望職種...