Img company noimage

アステラス製薬株式会社

  • 4.1
  • 口コミ投稿数(402件)
  • ES・体験記(44件)

2017年卒 アステラス製薬株式会社の本選考体験記 <No.1766>

2017卒アステラス製薬株式会社のレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 内定入社
内定先
大学
  • 筑波大学

選考フロー

説明会(3月) → ES(3月) → テストセンター(4月) → 1次面接(6月) → 最終面接(6月)

企業研究

アステラス製薬では、説明会以外にもインターンシップやオープンラボなど企業を訪問して実際の雰囲気を知ることのできる機会が設けられていました。出来る限りこれらの機会を利用して、同業他社との違いを明確...

志望動機

新薬の研究開発にこだわっているということです。私自身、製薬業界を志望するのは、今治療法がなかったり、治療の満足度が低い病気に対する新薬の開発に携わることで、少しでも多くの人の命を救いたいという想...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 4
面接官の肩書
研究員
面接時間
40分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

私は技術系で応募していたので、まず大学での研究内容について主に聞かれ、その後人柄についての質問を受けました。研究については、自分の研究についてどのくらい理解しているか、自分自身で考えて進めている...

面接の雰囲気

緊張をほぐすような雑談や質問をしてくれるなど、学生の素の部分を引き出そうとする雰囲気が感じられたため、安心して臨むことができました。

1次面接で聞かれた質問と回答

仕事をする上でのあなたの長所と短所を教えてください。

長所は「粘り強さ」であると答え、学業やアルバイトで初めての経験や困難な状況を粘り強い努力で乗り越えたことを具体例として挙げました。短所は「人に頼るのが苦手」ということを話しました。この短所については、「ゼミでの経験などを通して、時には人に頼ることでチームとしてより良い結果を出すことができるとい...

英語力を向上させるためにどんな取り組みをしていますか?

「英語論文を月に何報くらい読むようにしている」、また「同じゼミに所属している外国人とも積極的に交流するようにしている」、など普段意識していることを具体的に答えました。また私は英語が得意な方ではないので、入社までにもっと勉強して英語力を上げたいという気持ちを伝えました。語学力が高いに越したことは...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
人事/技術部長
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

最終面接は、志望動機、雑談のような質問、逆質問の3つで構成されていました。志望動機で熱意を、雑談のような質問の中で人となりを、逆質問で企業への関心の高さや意識の高さを見られていたのではないかと思...

面接の雰囲気

笑いが起こるような非常にリラックスした雰囲気を作ってくださったので、本音で自分の考えを話すことができました。

最終面接で聞かれた質問と回答

志望動機を1分でお願いします。

「私は祖母をがんで亡くした際に人の「生きたい」という願いの切実さを実感し、それに応え得る新薬の開発に携わりたいと考えるようになりました。現在新薬開発に対する環境が厳しい中、貴社は新薬の開発にこだわり、明日は変えられるという強い信念を持って仕事に取り組まれている点に強い魅力を感じます。また、社員...

海外での勤務についてはどう考えていますか?

「自分の今の語学力だと難しいかもしれないが、機会があればぜひ挑戦してみたい、そのために入社まで英語の勉強で力をつけたい」と答えました。最終面接は面接官との距離も近く、面接というより普通の会話のような流れで話が進みます。他の質問としては、趣味について、ストレス解消法についてなど、雑談のようなもの...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

技術系を受ける方についてのアドバイスになりますが、まずは大学での自分の研究をしっかり進めることが大事だと感じました。1次面接で研究についてじっくり聞かれるためです。研究実績があまりなくても、日頃...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

主に技術系についての話になりますが、OBの方などとお会いした感想としては実直で情熱的な方が多いと感じます。目標を持って前向きに努力している印象がありました。医薬品業界では新薬開発が難しいとされて...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

選考の回数が少ないので、それだけ各選考で人数が絞られるということです。特にテストセンターで人数が減っていた印象がありました。対策ができるところで落ちてしまうのは本当にもったいないので、しっかり勉...