就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
Sky株式会社のロゴ写真

Sky株式会社 報酬UPUPのアイコン

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(432件)
  • ES・体験記(121件)

Skyの本選考面接・最終面接の質問と回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

22卒 1次面接

組み込みソフトウエアエンジニア
22卒 | 法政大学 | 女性
Q. どんな人と周りに言われるか
A. A. 「私はムードメーカーといわれます.」と回答したのちに具体的なエピソードを求められたので下のような回答をしました.
「私は所属するサークルで,試合に負けてサークル部員の雰囲気が暗くなってしまった際に,率先して場を盛り上げる冗談を言ったり,次に向けて切り替えられるよ...続きを読む(全355文字)
Q. 就職活動の軸はなにか
A. A. 私の就職活動の軸は,志望動機にもかぶってしまう部分があるのですが,自分自身が楽しんで働けること,事業領域が広いことです.
これらを就職活動の軸としたのは,自分のやりがいにつながると思ったためです.
私が今まで働いてきたアルバイトを振り返ると,楽しんで作業してい...続きを読む(全333文字)

22卒 1次面接

開発職
22卒 | 中京大学 | 男性
Q. 就活の軸を教えてください
A. A. 私が就活をやる上で軸として考えていることは、大きく分けて三つあります。
一つは社風や社員さんです。私は仕事をする上で、お客様のニーズのために社内で質の良いコミュニケーションを多く取っていきたいと思っています。その理由としては私のアルバイトがそのような環境であり、...続きを読む(全328文字)
Q. チームで何か行った経験
A. A. 私は二年生の秋から現在のゼミに配属されたのですが、配属されてからすぐに約一年間三人チームで一つのテーマについて研究をしてきました。私たちはチーム内で、何を使って作成するか。データはどんなものを集めるか、プログラムの中で何を変えたらエラーが出なくなるのかをみんなで話...続きを読む(全357文字)

22卒 1次面接

営業職
22卒 | 愛知大学 | 男性
Q. 学生時代に頑張ったことはなにか
A. A. 飲食店のアルバイトをしていますが、その中で自店舗内で使用する学習サイトを作った経験があります。私の店舗の仕事は覚えるべきことがたくさんあり、それらの情報が載った資料が紙の冊子として店舗の中に保管されていました。しかし、やはり休日や自分のシフト時間の前に店舗に来て勉...続きを読む(全372文字)
Q. なぜ営業職を志望するのか
A. A. 私は仕事を通して「新しい価値を生み出して、お客様の想像を超えるような価値提供をし続けて、社会にインパクトを与えていく」という目標を実現したいと思っています。そしてこの新しい価値を生み出す事ができる仕事として思い浮かんだのが、デジタルの力を使って0から1を生み出す、...続きを読む(全588文字)

22卒 1次面接

エンジニア
22卒 | 奈良女子大学 | 女性
Q. なぜその学部を選びましたか?
A. A. 高校時代の先生が、「この学問の発展が生活を豊かにする」というお話をされていたことがきっかけです。実用性に絡めた授業が多かったため、自然と興味を持ちました。
質問:なぜ研究職ではなく、IT企業のエンジニアを志望しているのですか?
回答:学生実験でコンピューターを...続きを読む(全308文字)
Q. 将来成し遂げたい事を教えてください。
A. A. 私は、労働人口が減る日本において、効率や情報共有などの問題をITで解決し、働きやすい環境を作り上げたいと考えています。アルバイトを通じて多くの社会人の方とお話をする中で、業務内容以上に業務の効率やそれに付随する労働時間の長さに悩みを抱えている方が多いことがわかりま...続きを読む(全347文字)

22卒 1次面接

技術職
22卒 | 岐阜大学大学院 | 男性
Q. 部活での活動は何点付けられるか.どうすれば満点になるか
A. A. 大学時代の部活動での点数は85点です.キャプテンとしてチームをまとめ,リーグ戦で勝利を収めることができたことや,今までに前例のなかった宿泊合宿などを企画して実行することができたことはとても評価できることだと思います.しかし,新チーム発足当初のミーティングで決めた,...続きを読む(全302文字)
Q. 学生生活で成し遂げたことはありますか.
A. A. 私は大学4年に部活を引退してからすべて一人で計画し,日本一周を実行しました.これにはどのようなルートで周るのかということや,どれくらいのお金があれば周ることができるのかなど考えなければならない要素が多くあり,非常に大変なことでした.約3か月かけて準備を行い,1か月...続きを読む(全310文字)

22卒 1次面接

技術職
22卒 | サイバー大学 | 男性
Q. あなたは周囲の人からどんな人だといわれますか?
A. A. 私は周囲の人から好奇心旺盛で、行動力のある人だといわれています。
その周囲の人からの評価には納得しています。
具体的なエピソードでいうと、学校の授業で教員が補足として「調べてみな」といったことに対し、周囲の人が調べずに流すところを私は、実際に調べてみて具体的に...続きを読む(全314文字)
Q. 専門学校ではどんな勉強をしていた?
A. A. 専門学校では、ITに関する体系的な知識をつける勉強と、プログラミングなどの実践的な勉強をしています。
ITに関する体系的な勉強とは、具体的には、応用情報技術者試験などの国家試験の午前問題の知識だったり、ベンダ試験の知識などを勉強しています。
プログラミングはJ...続きを読む(全319文字)

22卒 1次面接

エンジニア
22卒 | 名城大学 | 女性
Q. 文系なのになぜこの業界を志望しているのか
A. A. この業界を志望した理由は2つあります。1つ目はより多くの人に貢献できる仕事だと思うからです。なぜなら、多種多様な分野でIT化が進み続けている現在、そして未来において生み出されるシステムは全ての人が利用する可能性を持っていると考えられるからです。2つ目は、文系でも学...続きを読む(全300文字)
Q. 自己PRをお願いします。
A. A. 私は自分自身の努力によって人々の喜びに貢献出来る人間です。アルバイト先でお客様のご案内に時間がかかってしまったことがありました。その件以来、『あの時商品の知識が豊富にあればもっとスムーズに案内できたはず』と思い、自ら空き時間に商品について勉強するようになりました。...続きを読む(全334文字)

21卒 1次面接

エンジニア
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. 職種の希望はありますか?
A. A. 私はエンジニア職を希望しています。私自身の将来の目標として、エンジニアとしてシステム開発の全体像を見渡せるようになり、周りの人に的確なアドバイスを与えたり、顧客の方によりよい提案ができたりするような人物になりたいと考えています。
その中でskyではシステム開発を...続きを読む(全312文字)
Q. アルバイトの経験はありますか?
A. A. はい、あります。
まず私は大学で学業だけでなく、様々な職業についても知りたいと考えたので、テント設営や、旅館での宴会準備、ポップコーン配りや結婚式場でのサポート業務、カフェ、市の総合施設での電話対応など、様々なアルバイトを自ら体験し、視野を広げることを意識してき...続きを読む(全310文字)

20卒 1次面接

開発職
20卒 | 名古屋市立大学 | 女性
Q. 部活での活動は自分で何点つけられますか。どうすれば満点になったか。
A. A.
平均点よりやや高い75点くらいです。練習自体は未経験者なりに周りを見ながら行動でき、同期に対しても、また2年生になってからの後輩の指導においても自分なりに工夫し動けたと思うので、これは低い点数ではありません。分からないことは先輩や同期に積極的に聞き、ミスを恐れず行動するよう努力してきました。 ただ、未経験故に試合の際に客観的に観た技術的なアドバイスが出来ず、漠然としたアドバイスや励ますことしか出来なかったこと、また練習の際にもそのようなアドバイスしか出来なかったため、満点ではありません。もちろん自分なりに調べたこともありますが、経験者が未経験者から指摘される心理的負担も考え控えていました。ただ、周囲にそう思われないように練習に取り組み実力をつけて私が自信を持ち対応できていたならば、満点になったと思います。 続きを読む
Q. どういう人と付き合いやすく、どういう人は付き合いにくいか
A. A.
付き合いやすい人は、こちらの質問にきちんと答えてくれる人です。というのも、初めて顔を合わせて挨拶をした際に何か雑談をすると思うのですが、その時の態度が余りにもそっけなかったりあるいは自分の話を延々とされてしまうと、こちらがどう対応したらいいかを考えなくてはいけません。反対に、私はこうですが、○○さんはどうですか?と返してくれる方は私自身と会話をする気があると思えるのでこちらも気持ちよく返答できます。共通の趣味や話題がなくても、こちらに興味を持っているような話し方をしてくれる人はやはり付き合いやすいと感じます。 付き合いにくいと感じる人は、自分中心に物事を考える人です。何かがあったときに謝罪や説明よりも言い訳をして自分を守る人や、自分が楽をするための行動をする人がこれに含まれます。人間関係というのは自分一人でなく相手があってこそのものなので、相手に配慮した行動が取れない人は単純に苦手で個人的な付き合いは避けます。ただ、同じ組織内にそういう方がいた場合は完全にかかわらないわけにはいかないので、そういう時には相手の話を聞いた上で感情に任せた判断をしないように気を付けて対応しています。 続きを読む

20卒 1次面接

開発職
20卒 | 東京大学大学院 | 女性
Q. インターンシップではどんなことをしましたか?
A. A.
御社のインターンシップには2回参加しました。初回のインターンシップでは、6名ほどのグループに分かれて、人生ゲームのような、ボードゲームを通して御社の歴史や事業を学ぶことができるものでした。 2回目のインターンシップでは、午前中は5人ほどのグループで画用紙を用いたコップづくりを通し、要求通りに作る難しさや納期に間に合わせる大変さについて学びました。 午後には実際にプログラミングを体験してみる、という内容でした。 あまりプログラミングをやったことがなかったので、わからないことも多くありましたが、 社員の方がわかりやすく教えてくれたり、グループにいたプログラミング経験のある人に聞いたりして、完成させることができました。 続きを読む
Q. チームでもめた経験はありますか?
A. A.
大学のサークルで学祭に出展することになった際、その出席に関することでもめたことがあります。 部長は「サークルに所属するなら、どんな理由があっても部員は全員参加するべき」という考えを持っていました。 しかし、アルバイトやその他の用事などがあり、学祭当日にどうしても出席できないという部員もいて、そこで意見が対立してもめていました。 私は特に役職についていたわけではないのですが、部長と部員の間をつなぐ役割によくなっていたので、この際にも両者の間に立ち、意見を聞きました。 結果、学祭当日に参加できない部員は事前準備などに関して他の部員よりも積極的に参加する、ということでまとまりました。 その後も部員同士で仲が悪くなったりする、ということもなく、学祭を無事に乗り切りました。 続きを読む

18卒 1次面接

総合職
18卒 | 奈良女子大学 | 女性
Q. どの職種を希望しますか、その理由も教えてください。
A. A.
事務職を志望します。私は、部活動の経験から、全体を客観的にみて相手のために動いてきたことが多かったため、縁の下の力持ちともいえる事務職が自分の性格上向いていると思いました。また、事務職の中でも、総務事務を希望しています。その理由としては、総務事務は来客対応や電話での対応などがあり、「会社の顔」となることが多いため、自分の力で「Sky」という会社の印象をアップさせたいと思いました。また、仕事の幅も広く、社員が働きやすい職場をつくるということが自分にとっては、やりがいのあることだと思いますし、働いている社員の方が、御社が掲げている「好働力」にふさわしいような方々になっていただけるように縁の下の力持ちとしてバックアップしていきたいと思ったため、志望致しました。 続きを読む
Q. 差支えが無ければ、浪人した理由を教えていただけますか。
A. A.
勉強はしていたのですが、勉強よりも部活動を優先させてしまうほど、部活動に熱中し、勉強をする時間をとる努力が足りませんでした。また、自分が「このレベルの大学に行きたい」という目標とプライドがありました。しかし、現役時にはそのレベルの大学に学力が追い付かなかったため、親にお願いをしてもう一年努力をさせていただく機会をいただきました。勉強よりも、部活動に熱中してしまったと言いましたが、私は部活動の中核を担う人物であり、初めてアンサンブルコンテストで県代表として関西大会に出場する結果を残しました。結果的には、勉強が中途半端になってしまいましたが、何かにむけて頑張るという努力はだれにも負けません。そのため、仕事をしていく中でも、諦めずに頑張っていく自信はあります。 続きを読む

18卒 1次面接

技術職
18卒 | 大阪府立大学大学院 | 女性
Q. 開発職志望ということですが,具体的になんの開発に携わりたいと思っていますか。
A. A.
私は教育機関向けのパッケージ開発に携わりたいと考えています。私は大学でプログラミングを学びながらも,教育にも携わりたいと思っていました。なので,教育とITの融合は非常に魅力的で,そのパッケージの開発に関わりたいと思っています。インターンシップでは開発職ではなくあえて営業職を体験させていただき,開発した製品がどのように教育機関に導入されていくのか,また,ITについての知識のない教育機関側の人たちはこの製品のどこに興味を示し,どこに問題点を見いだすのかを学びました。この経験を踏まえて,技術を扱う集団の中でも常に技術の知識を持たない,かつ教育をする側の人からの視点を忘れずに開発をしていきたいと考えています。 続きを読む
Q. 大学生活で一番頑張ったことはなんですか。
A. A.
塾講師のアルバイトです。個別指導の塾で働いていたのですが,一番多い時で10人の担当をしており,一人一人にあった教育法を考え,実践してきました。塾講師の仕事は生徒に勉強を教えることではありますが,塾に来ている生徒はみんなが自分から来たいと思っている生徒ではなく,親からいわれて仕方なく来ている,という感じの生徒もたくさんいます。そこで,まずは生徒にやる気を出させるために,ただ問題を解かせるだけではなく,雑学などを織り交ぜて新しい知識を得ることを楽しいと思ってもらえるような工夫をしました。また,積極的に保護者に電話して塾での様子を伝え,家でも子どもを褒めてもらうことで生徒のやる気を引き出すようにしました。その結果生徒もやる気を出して,自分から勉強に取り組むようになってくれました。 続きを読む

18卒 1次面接

SE職
18卒 | 近畿大学 | 女性
Q. 自己PR(客観的な評価・成果)
A. A.
私は学生生活を通してアルバイトに励み、環境が変化しても安定的に成長するスキルを獲得しました。なぜなら、塾の講師から無印良品の販売スタッフにアルバイトを変更した際、働き方のギャップに慣れるまで非常に苦労したからです。その理由は、前者は自分で言われた仕事を効率良く行う事に対し、後者はチーム全体で言われる前に自ら仕事を行うという大きな差にあります。その為、無印良品で働き始めた当時は、社員さんやお客様に何をしても叱られるという板挟みの状態でした。しかし、そういった失敗を積み重ねる内に、叱られた際のアドバイスや周囲の働き方を吸収して、報連相を要領よく行う(尋ねる人物やタイミング・長さを適切にする)事や客観的に自分が今できる仕事を見極める事ができるようになりました。その結果、社員さんやお客様からお褒めを頂く事が多くなり、今では自ら仕事を行うだけでなく、周りの仕事も客観的に見てサポートも行っています。 続きを読む
Q. チームで何かを行った経験
A. A.
他社さんの「新規ビジネスを提案せよ」という、1週間のインターンシップに参加した際は非常に苦労しました。というのも、チームメンバーに1人すごくできる方がいらっしゃって、論理的に物事も考えられて尊敬はしていたのですが、その代わりに全員の意見を否定してしまう方がいらっしゃいました。それが原因で、2日目からその方に意見を否定された方が来なくなってしまい、チームメンバーも他チームより少ない中で笑顔も全くなし意見の対立ばかりでワークが進んでいました。その中で、このままじゃいけないと考えて、1日の振り返りをして明日の見通しをつけること、そして皆でご飯にいって、その場では敬語やワークの内容を忘れてお互いの考え方を知る機会を作りました。その結果、雰囲気も少しづつよくなって最終日は見事7チーム中1位をとることができました。その際、皆に「あのときチームを1つにしてくれてありがとう」とハイタッチして頂いた事はとても感動しました。 続きを読む

18卒 1次面接

インストラクター職
18卒 | 同志社大学大学院 | 女性
Q. 就活の軸を教えてください
A. A.
軸は全部で五つあります。1.QOL向上に寄与できる事業内容、2.開発力、3.顧客視点の姿勢、4.他者と関わる機会の多さ、5.企業理念の浸透を重視しています。仕事での提供を通し、社会生活の制限を緩和したいと考えます。私は、常識の変革者として解決策をいち早く具現化・提案する存在こそが、人々に高い満足度を与えると考えます。そのため、未知の市場で先駆者となる力があり、当事者を中心に考えたニーズの正確な把握に注力していることを重視しています。これに向け、成長を促進させるためにも、自身の限界点を引きあげ、互いに補い刺激し合う他者が必要だと考えます。また企業理念は、挑戦するためのエンジンであり、方向性を決めるコンパスでもあります。そのため、共通目的として徹底されていることを重視します。 続きを読む
Q. インストラクター職を選ぶ理由
A. A.
私がインストラクター職を志望するのは、現場の近い距離でお客様のニーズを直接聞き、より良い製品を通してフィードバックすることが出来ると考えるからです。たとえどんなに良い商品であっても、使い方がわかりにくかったり、不満があっては満足度は著しく下がります。そのような事態に対し、インストラクター職は現場と会社の橋渡しをする重要な役割だと考えます。営業の方が進めた商品を導入したお客様に対し、操作説明や機能紹介など講習会を行ったり、展示会で今後の顧客となる方々にプレゼンを行います。これにより、製品をただ売りっぱなしにするのではなく、適切に寄り添いフィードバックをすることで、今後の改善点を開発・技術職の方に提案することが出来ると考えるからです。 続きを読む

18卒 1次面接

総合職
18卒 | 三重大学大学院 | 男性
Q. 学生時代にどのようなプログラムを組みましたか。
A. A.
私が学生時代に一番多く時間をかけて組んでいたプログラムは、画像処理プログラムです。プログラミング言語はC++を使用しており、開発環境として、VisualStudio2013を使用していました。画像処理プログラムは、研究で使用していたもので、農業車両が自律走行できるようにするために自己位置認識をするアルゴリズムを組んでいました。行数は2000行ほどのプログラムで、オープンソースライブラリは使用せずに、一から自分で組むというやり方が私たちの研究室のやり方だったので、画像データを読み込むところから組んでいました。プログラムを組んで実験を行った結果は、1mほどの誤差で自己位置認識が可能であるという結果が出ました。現在も、精度を高めるために毎日プログラムを書いています。 続きを読む
Q. なぜSkyを選んだのですか。
A. A.
私が御社を志望した理由は、IT技術を駆使してモノづくりの現場をより効率的にしていきたいからです。IT業界のソフトウェア業界の中で、独立系、メーカー系、ユーザー系の3種類すべてのインターンシップに参加して、自分がやりたいことを実現できる会社を探しました。その中で、独立系は様々な企業にSIerとして仕事をしにいくため、様々な企業に対して貢献することができ、自分自身の技術も向上させていけると思いました。独立系のインターンシップに参加したのは御社だったので、社風も知ることができ、新しいことにどんどん挑戦させてくれることが確認できたので、私は御社を通して、成長し、モノづくりの現場をより効率的にするための仕事ができると思っています。 続きを読む

17卒 1次面接

17卒 | 名城大学 |
Q. 学生生活で成し遂げたことを一つ教えてください。
A. A.
「成し遂げたことは、資格の取得です。私が取得を目指した資格は合格率が3割以下の難しい資格だったので、人一倍努力しました。例えば、約4ヶ月間、毎週末に学校で開講される資格対策講座に欠かさず出席したり、移動中でも過去問題集を解いたりしました。その結果、資格の取得ができました。」と答えたら、「その中で何か工夫したことを教えてください。」と聞かれ、「スケジュール帳を使い、日々やることをリストアップして少しずつ達成していきました。やることを目に見える形にすることで、モチベーションを保ちました。」と答えました。 続きを読む
Q. あなたはの長所、短所はなんですか。
A. A.
「私の長所は何事も全力で取り組むことです。例えば、レポートの提出の際には、誰よりもクオリティの高い内容のものを提出するために、人一倍の時間をかけて取り組みました。一方で、全力で取り組むあまり周りが見えなくなってしまうところが私の短所です。」と答えたら、「短所を直すためにどのような努力をしましたか」と聞かれ、「スケジュール帳を活用し、取り組む前にやるべきことの計画をたてました。こうすることで、全ての課題を満遍なく力を注いで取り組むことができました。」と答えました。 続きを読む
本選考TOPに戻る

Sky株式会社の選考対策