武田薬品工業株式会社のインターン体験記

業界:
食料品製造業 石油製品
本社:
大阪府
従業員数:
5千人以上1万人未満
URL:
http://www.takeda.co.jp

2017卒 武田薬品工業のレポート

年度
  • 2017卒
時期
  • 2016年02月
コース
  • 文理系対象営業職(MR)
期間
  • 5日
参加先
  • DHLサプライチェーン株式会社
大学
  • 立命館アジア太平洋大学

インターンシップ参加前

インターンシップに参加した理由

業界一位であったこと。またMRというある意味全く想像できない働き方というも...

インターンシップを受ける為に準備したこと、合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

選考フロー

ES・筆記試験 → 最終面接

ES・筆記試験・WEBテスト・適性検査

選考形式

筆記試験・ WEBテスト・適性検査

試験内容

WEB適性診断、合否に特に影響はないと言われた。

準備したこと

SPI等の問題集の適性診断に関する箇所を斜め読み

最終面接 通過

形式
学生1 面接官1
肩書
若手人事
時間
30分
通知方法
メール
通知期間
1週間以内

面接の雰囲気

私服での面接も可というように堅苦しい感じではなくフランクな雰囲気の面接でし...

最終面接次面接で聞かれた質問と回答

学生時代に力を入れたことを教えて下さい。

交換留学生をサポートする団体リーダーとしてまとめたこと。この団体は留学生か...

なぜ武田薬品工業でのインターンシップを希望するのかを教えて下さい。

日本の経済構造の変化から知識集約型、高付加価値経済、海外進出に力を入れてい...

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

そのときにした逆質問の内容と、面接官の回答を教えてください。

「企業である以上、利益を上げることが目標になるが、他社の製品のほうが御社の...

インターンシップの形式と概要

開催場所
東京近辺の営業所/大阪の研修センター
参加人数
60人
参加学生の大学
大学に偏りはなかった。北は北海道、南は大分県という日本各地から学生が集まっていた。
参加学生の特徴
意外と製薬業界一本の人は少ないように思えた。どちらかというと業界一位という事に魅かれて来た学生が多かった。
報酬
0円

インターンシップの内容

テーマ・課題

製薬業界、及びMRへの深い理解

前半にやったこと

初日は事業説明やアイスブレーキング等のイントロダクション。2日目、3日目は...

後半にやったこと

後半は大阪の研修センターに移動し、グループに分かれ最終プレゼンに向けたグル...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

人事

優勝チームの特典

粗品

インターンシップを通して印象的なフィードバック

最終日に「インターンシップ中の気づき」に関する発表の時間があったのだがそれ...

苦しい・大変だと思った瞬間

正直苦しい、大変だと思ったことは少なかった。しかし、社員に見られている状態...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

インターンシップ中に学んだことは自分とこの業界へのギャップ。実際のMR同行...

参加前に準備しておくべきだったこと

自分の理想とする働き方や、なんのために働くのかといった仕事選びの上で大切な...

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップのグループワークのフィードバックでは他の学生(5名)からリ...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

私が考える働き方と大きなギャップがあるように感じた。法律から値段交渉等も禁...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップ参加組は本選考の説明会や座談会で優遇されたと聞いた。また本...

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

本エントリーをしていないためあまり詳しいフォローについては知らない。なので...

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

特に志望していた業界はない。ただインターンシップや説明会でできる限り多くの...

このインターンシップへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

このインターンシップへ参加したことによって他の製薬会社へのインターンシップ...