武田薬品工業株式会社のインターン体験記

業界:
食料品製造業 石油製品
本社:
大阪府
従業員数:
5千人以上1万人未満
URL:
http://www.takeda.co.jp

2017卒 武田薬品工業のレポート

年度
  • 2017卒
時期
  • 2016年02月
コース
  • MR
期間
  • 5日
参加先
  • 武田薬品工業株式会社
  • MSD株式会社
  • ファイザー株式会社
大学
  • 立教大学

インターンシップ参加前

インターンシップに参加した理由

1.日本で1番であるから夏のインターンシップではファイザーという世界で1番...

インターンシップを受ける為に準備したこと、合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを受ける為の準備の具体的な内容を教えて下さい。

面接前に企業が「どのような」考えのもと薬を売っているのかということを徹底的...

選考フロー

ES・筆記試験 → 最終面接

ES・筆記試験・WEBテスト・適性検査

選考形式

筆記試験・ WEBテスト・適性検査

試験内容

SPIのような問題

準備したこと

特になし

最終面接 通過

形式
学生1 面接官1
肩書
人事
時間
30分
通知方法
メール
通知期間
1週間以内

面接の雰囲気

割りとたんたんとした流れで進んでいきました。真剣に聴いてくれている分、顔が...

最終面接次面接で聞かれた質問と回答

なぜ文系なのにも関わらず、製薬会社に興味を持ったのかを教えて下さい。

外資系製薬会社のMRとして30年以上業界に携わっている父の影響もあり、製薬...

その中でなぜ「武田」でインターンをしたいのかを教えて下さい。

大きくわけて2つあります。1.日本で1番であるから夏のインターンシップでは...

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップの形式と概要

開催場所
東京支店(1-3日目)/大阪の研修センター(4-5日目)
参加人数
40人
参加学生の大学
・文系のみであった・早慶、 MARCH、関関同立が4割程度であとは国立などバラバラ
参加学生の特徴
なにか1点に優れているというよりもオールマイティに物事をこなしている人が多い印象・女性はガツガツいく人(いける人)が大半を占めていた
報酬
0円

インターンシップの内容

テーマ・課題

「武田においてプロフェッショナルとは?」

前半にやったこと

Day1: MRの仕事内容・役割を知る、MRに必要な資質を知る・一般的な製...

後半にやったこと

Day4:自分の持ち味の活かし方。キャリアイメージを考える4日目は大阪の研...

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを通して印象的なフィードバック

武田について考えるときに「誠実」とはなにかということを考えなさいと何度もな...

苦しい・大変だと思った瞬間

最終日の発表では討論する時間が非常に少なく、部屋に戻ってからチームが集まっ...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

・MR同行では多くの時間「現場の生の声」を聴くことができ、非常に有意義であ...

参加前に準備しておくべきだったこと

より製品について調べておけばよかったなと感じました。今回はMRについてのみ...

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

古い社風の企業であることは知っていましたが、自分が想像しているよりも固く、...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

自身は応募していないのでわかりませんが、実際にインターンで気に入られていた...

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

インターンシップに参加後、プレエントリーorエントリーを行うとセミナーの招...

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい。

志望業界は製薬業界でした。志望企業としては外資系のメガファーマを中心に見て...

このインターンシップへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

業界自体に変化はありませんでしたが「働きたい社風」が決定しそれに合う製薬企...