#{company.name}のロゴ写真

株式会社ピーアンドアイ

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(14件)
  • ES・体験記(2件)

2016年卒 株式会社ピーアンドアイの本選考体験記 <No.94>

2016卒株式会社ピーアンドアイのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • ブリヂストンサイクル
  • サクサ
大学
  • 専修大学

選考フロー

説明会(3月) → 1次面接+独自試験(4月) → 2次面接(4月) → 最終面接(5月)

企業研究

情報処理技術者試験などの問題で、SEという職について、または知識について勉強しておくこと。用語や知識が必要というわけではなく、そこで働くイメージがわいているか否かはやはり面接官には伝わるらしい。...

志望動機

先月行われたプレミアムキャリアフォーラムで訪問させていただき御社のことを知り、社員さんとお話をしたとき、業務内容や職場環境について、正直に自分の言葉でお話してくれたことが印象的だった。その後説明...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

適切なコミュニケーションを取れているかを見ていると面接官も言っていた。相手の話を聞き、適切な回答をする会話ができているかが見られていた。そのため雑談のような形式でありながらも、質問の際には質問の...

面接の雰囲気

圧迫面接ではない。最初は緊張をほぐすため、あえて趣味の話をしていると言っていた。私も趣味のアイドルやゲームの話などをすると、人事の人も知っていることは答えて盛り上がった。終始雑談のような感じ。結...

1次面接で聞かれた質問と回答

趣味について

スポーツ観戦が趣味である。特にバレーボールやテニスは自分がしていた競技であるため、特に好きである。1点を取るワンプレイや、驚くようなプレイに興奮するのも楽しいが、そのルールや戦術をさらに知ることでその競技についてどんどん知りたくもなるし、知人も増えて、喋りたい、教えてもらいたいと意識がはたらく...

アルバイトについて

チェーン店のカフェのアルバイトをしている。丁度働いて2年半になる。自分にとっては初めてのバイトで緊張し、周りの人よりも劣る劣等感もあったのだが努力して少しずつ追いつこうとした。言い訳にはしないが、周りから何でも吸収するようにし、かわいがってもらいながら、厳しく指導もしてもらった。できないからと...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
技術者2、人事1
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

実際に仕事をしている人だからかとにかく質問内容がかたく、特に学業についてはとことん掘り下げられた。どれだけ自分で考えて学業を行っているか、研究を行っているかをこまかく詰めて問われた。それを困るこ...

面接の雰囲気

人事に技術者が二人が加わっていた。前のように和やかな雰囲気はなく、緊張感はあるが、圧迫面接ではない。履歴書やエントリーシートに沿って回答が掘られていく。一人は優しい雰囲気、一人は厳しい雰囲気だった。

2次面接で聞かれた質問と回答

学業について

課題が多く評価も厳しいという評判のあった植村ゼミをあえて選び、出版を中心としたメディアについて学びました。レポート課題が週1,2度課されましたがなかなか評価が上がらず、先生が大切だと仰る独自の視座を得るために、自主的にセミナーやイベントに参加して見聞を広めたり、見学先では自主的にインタビューを...

卒業研究について

テーマ;「新聞連載漫画における食卓と現状の比較」詳細内容;二年次から植村ゼミに所属し出版について学びました。後期には上記のテーマで、新聞連載されている漫画が、旧来の家族団らんを描いていると言われるドラマやアニメと、また現状とどう異なるかを研究しました。卒論ではこの内容に加え、新聞連載漫画におけ...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 3
面接官の肩書
役員
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

圧迫面接的なところでは、嫌な状況にいかに対応できるか、それでもこの会社を志望したいとアピールできるかの、根性的なところを見られたのではないかと今になっては思う。少し苛立ったところは神経質なほどに...

面接の雰囲気

中央に座っていたおそらく社長のみ、圧迫。揚げ足取りのように馬鹿にするような質問がされる。人にアドバイスをもらいながら、というと「なんでも人に聞けばいいよね」など。他2名は圧迫面接ではない。

最終面接で聞かれた質問と回答

得意分野、他の人に誇れる能力について述べて下さい

ある物を愛し、それが如何にすれば良くなるかを深く考える「オタク」であることが誇りです。友人と共に同人活動を約三年間行っています。自分が好きなものの素晴らしさを他人にも伝えたいと強く思っており、活動自体の満足に加え、人に発見してもらうこと、共感してもらうことを一番の目的としています。それはひとつ...

当社でやりたい仕事

そのシステムを使って下さるお客様のことを考え、自信を持って愛せるものを作る仕事か、あるいは愛せるものを人に勧める仕事がしたいと思ったのでエンジニアと営業を希望させていただきました。適性を見て判断していただきたいと思います。特に志望するのはエンジニアですが、こちらとしては特に、お客様のご要望を細...