Img company noimage

株式会社リオ・ホールディングス

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(55件)
  • ES・体験記(1件)

2016年卒 株式会社リオ・ホールディングスの本選考体験記 <No.1425>

2016卒株式会社リオ・ホールディングスのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定辞退
内定先
  • インテリジェンス
  • 船井総合研究所
  • レイヤーズ・コンサルティング
  • プライスウォーターハウスクーパース
  • リオ・ホールディングス
  • JTBコーポレートセールス
  • ベイカレント・コンサルティング
大学
  • 中央大学

選考フロー

JobTryOut(12月) → 人事面談(12月) → SPI(1月) → 人事面談3回(2月) → 最終面接(3月)

企業研究

社員面談を何度もいろんな方とすること。また、人事の方にお願いをして社内見学もさせてもらったり、お客様の声を集めたパンフレットなどももらった。

志望動機

「悩んでいる人の背中を押してあげられる、身近なパートナー的存在になりたい。資産運用・不動産というのが軸ではあるが、お客様の悩みに合わせて様々なソリューションを提供できる(なければつくっていける)...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
2年目の人事
面接時間
120分
面接の合否連絡方法
直接

評価されたと感じたポイント

性格や価値観に関する質問ばかりだったので、その人の個性・人間性を特に見ているように感じた。

面接の雰囲気

まだ私は自己分析も業界分析も不十分でしたが、質問をたくさん投げかけてくれて、一緒に考えてくれました。「絶対うちの会社に入れ」という押し付けが一切なかったです。

1次面接で聞かれた質問と回答

「自分の強み」

「私の強みは【柔軟性】と【向上心】です。大学2年生の頃に、自分に合った働き方を考えるため派遣で働いていた経験があります。毎回異なるお店に行っていたため、ルールや雰囲気も毎回変わっていました。どんなお店でもその場に合わせて振る舞えたのは、働いている人やお客様をよく観察し、自分の動き方を柔軟に変え...

「企業選びの軸」

「①無形商材であること、②20代の成長スピードが速いこと、③一緒に働きたいと思える人が多いこと」と答えました。シンプルに、正直に、を心掛けました。

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
社長
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

覚悟を見られていたように感じる。何度も面談を繰り返した上での最終面接だったため、意思確認の意味が強かったと思う。

面接の雰囲気

あまり笑わない方で、一方的に質問され続けた。しかし、こうなることは事前に人事から教えられていたので、特に苦痛に感じなかった。

最終面接で聞かれた質問と回答

「どんなキャリアプランを描いているか」

「22歳でコンサルタントとして働き始めて、30歳になるまでの8年間で、専門分野を磨き、マネージャーになる。その後、産休・育休を挟んで職場復帰。将来的にはクライアント先に転職するか、この会社に留まり続けて、経営陣に加わりたい。」と答えました。将来を考えた上で、1つの通過点としてリオを捉えているこ...

「この大学を選んだ理由」

「世のため・人のためとなるような公共性の高い仕事を志向し、もともと公務員を目指しており、公務員・法曹家を多く輩出している名門校だから決めた。ちなみに公務員をあきらめたのは、働いている方々が保守的なように感じてしまい、民間企業でもそういった仕事ができるようなところを探すようになったからだ。」と答...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

人事の方と密に連絡をとること。社員紹介や、仕事の説明など事細かにしてくれる。

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

SPIは非常に重視されており、そこで基準点に行かなければ絶対に最終面接には進めないとのこと。