Img company noimage

プライスウォーターハウスクーパース株式会社

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(482件)
  • ES・体験記(37件)

2016年卒 プライスウォーターハウスクーパース株式会社の本選考体験記 <No.609>

2016卒プライスウォーターハウスクーパース株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • インテリジェンス
  • 船井総合研究所
  • レイヤーズ・コンサルティング
  • プライスウォーターハウスクーパース
  • リオ・ホールディングス
  • JTBコーポレートセールス
  • ベイカレント・コンサルティング
大学
  • 中央大学

選考フロー

ES(2月) → webテスト(2月) → GD(3月) → 面接(3月) → 最終面接(3月最終週) → 内定通知(4月)

企業研究

業界地図や就活本に載っている情報を疑うこと。PwCはいわゆる「会計系コンサル」に分類されるが、近年では会計を強みとして売っているわけではない。説明会や面接時の質問時間で、会社の現状を詳しく聞くの...

志望動機

”まずコンサルタントを志望する理由を述べた上で、貴社でなければいけない理由をお伝えします。 私は「組織や人の成長を生み出す仕掛け人として、様々な人に求められ、信頼関係を築けている自分でありたい」...

グループディスカッション(6名)

テーマ

日本のノーベル賞受賞者を増やすためには

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

私自身は、「笑顔で他メンバーの話をよく聞いていたこと」「話を要約して議論を進めたこと」「遅刻者に対して議論内容を伝えたこと(チームワークを大切にしている)」という3点を評価して頂きました。ディス...

独自の選考・イベント

選考形式

ケース面接

選考の具体的な内容

一人ずつ問題が与えられ、A4の紙に自由に書くよう指示された。私の場合は「個人情報の漏洩を防ぐには」。ワーク時間は30分ほどで、その後社員さん(マネージャーとシニアアソシエイト)に対して簡単にプレ...

1次面接 通過

形式
学生 6 面接官 1
面接官の肩書
FS
面接時間
75分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

ディスカッションでは2点。1つは、問題の核と議論の流れを掴んで発言できているか。2つ目は、チームワークをうまくできるか。その後の自由質問は、評価対象にはならないとのこと。

面接の雰囲気

面接開始までに学生同士が気軽に話せる時間をつくってくれた。遅刻してきた学生の参加を許してくれた。ディスカッション後のフィードバックで、悪かったところだけでなく良いところも話してくれた。

1次面接で聞かれた質問と回答

ディスカッションテーマ「日本のノーベル賞受賞者を増やすには」

・現状把握(日本はどの分野に強いか、受賞者が何人いるか)・課題特定(研究費の少なさ、義務教育の軽視、独創性や想像力の低下)・解決策(理系への注力、学校での実習を増やす、自由研究の表彰・奨励)

自由質問30分ほど

・仕事内容・会社の強み、方向性・激務か・どんな人が向いていると感じるか

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
FSのシニアアソシエイトとマネージャー
面接時間
120分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

人とのコミュニケーションをうまくとれるか、を見られているように感じた。コンサルの仕事とは全く関係ないようなアルバイトの話なども熱心に聞いてくれて、しっかりと私の個性を見てくれた。また、「企業理解...

面接の雰囲気

ケース面接では、「なんで?」と何度も理由を深堀りされましたが、優しい物腰だったので嫌には感じませんでした。また、その後の面接でも、笑顔をよく見せて下さったので話しやすかったです。

2次面接で聞かれた質問と回答

人間関係のトラブル、またそれをどう対処したか

「サークルでトップとメンバー間に意識のズレがあり、対立したときのこと。両者の話をよく聞いた上で、共通点を見つけ出し、互いに妥協するようはたらきかけた。」コンサルも多くの人と協働する仕事のため、こうした対処にストレスを感じにくい・得意であることをアピールした。

海外と関わる仕事の中で、特に興味のある国・仕事は?

「東南アジア後発国のインフラ事業」自分の卒論のテーマと絡めて、東南アジアに興味があることを示した上で、PwCの強みのひとつであるPPP事業を志望している旨を伝えた。

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
パートナー
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

履歴書にも目を通していただいており、私の話もメモを取りながらじっくり聞いてくれて、個々人を尊重している印象を持ちました。また事業会社ではなくコンサルタントを志望する覚悟があるかどうかと、業界理解...

面接の雰囲気

パートナーとの面接の前に、入社1年目女性の方と30分ほど話す時間を設けてくれていた。そこで不安に思っていることや疑問点を解消することができたため、比較的安心して面接に臨めた。また、パートナーの方...

最終面接で聞かれた質問と回答

女性が働きやすい環境にするためには何が必要か。

「制度と理解」と答えました。制度に関しては、育休産休制度を男女共に取れる会社であるべき。理解に関しては、ダイバーシティーや女性の活用を口で唱えるだけでなく、早退や出張が必要になった際にチームで自然と仕事を補い合えるべき。

なぜ多くのコンサルティングファームの中でも、会計系コンサルを選んだのか。(PwCではなく会計系という括りで聞かれた)

まず、会計系ではなく総合系という括りでPwCを見ていたことを伝えた。戦略から実行支援まで広くサービスを提供できることに魅力を感じていた。さらに、質問はされていなかったが、なぜその中でもPwCなのかということも、①海外拠点の多さ②PPP事業への興味③人の優しさ、という3点で理由も述べた。

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

PwC Japanのホームページに事業内容やリサーチが掲載されているので詳しく読んでおくといい。コンサル会社は実態が見えづらく比較が難しいが、こうした情報から特徴を掴んで興味のある分野を強く言え...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

学歴・学部・年齢など本当にバラバラ。それでも、知的好奇心の強い人ばかりなイメージを抱いた。好きなものの話をさせたら止まらないし、できる話題の幅も広い。頭の回転が速いこともあり、話がどんどん進んでいく。

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

一昨年25名・昨年50名ほどだったのに比べ、16卒は100名以上内定、うち90名ほどが内定式まで残っていた。ここ数年一気に内定者数を増やしている。グループディスカッションは6人中3人ほどしか通っ...

プライスウォーターハウスクーパース株式会社に入社を決めた理由

入社を決めたポイントを教えてください。

  • 20代の成長環境
  • 会社のブランド・知名度
  • 社員の魅力・実力
  • 海外拠点で働きたい
  • 会社の事業内容・サービス・やりたいことが実現できる

入社を迷った企業

株式会社JTBコーポレートセールス

迷った会社と比較してプライスウォーターハウスクーパース株式会社に入社を決めた理由

【決め手は、仕事を通してお客様に与えることのできる影響の大きさ】もともと「形のないもの・自分にしか作れないものを売って人を笑顔に変えたい」という考えで仕事を探し、旅行の営業と経営のコンサルタント...