株式会社ドリームインキュベータのロゴ写真

株式会社ドリームインキュベータ

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(24件)
  • ES・体験記(31件)

2018年卒 株式会社ドリームインキュベータの本選考体験記 <No.4166>

2018卒株式会社ドリームインキュベータのレポート

年度
  • 2018年度
結果
  • 3次選考
内定先
  • PwCアドバイザリー合同会社
  • シンプレクス
  • 三菱商事
大学
  • 東京大学大学院

選考フロー

ES → グループディスカッション → グループディスカッション

企業研究

三日間のジョブを通過するまでは全く企業理解を問われることは無いので、会社のホームページを少し見た以外は、企業研究をほとんど行いませんでした。ジョブに到達するまでは選考は、足切りがメインと思われるエントリーシートとグループディスカッションの二つのみなので、事前に東大生が書いた~シリーズを読んで、典型的なフェルミ推定とケースの基本的な考え方を把握しておいた上で、他社の戦略コンサルの選考でグループディスカッションに慣れておきました。また、外資就活ドットコムやONE CAREERのサイトに目を通し、過去にどのようなテーマの問題が出題されたのかを事前に把握し、イメージトレーニングをしておきました。日系のGDとは見られているポイントが違うので注意しましょう。

志望動機

ESとGD×2のフローしかなかったので、面接で志望動機を話す機会はありませんでした。話すことを求められた場合は以下の様に話すつもりでした。 私がドリームインキュベータを志望する理由は、私の将来的な目標を達成する上で、最適な環境が整っているからです。私はこれまでの経験から、自分が中心となって組織を動かし、その組織が目標としていたことを達成し、自分が大きく貢献できたと感じるときに喜びを覚える人間です。故に、私は将来的にこの経験をより大きなスケールで、より社会的意義のあることに対して行いたいと思っています。その目標を実現するに当たって、私が今後行うべきことは自身の飛躍的な成長と目標の具体化の二つです。前者に関して、貴社では若手の頃から大きな裁量権が与えられ、そういった環境で業務に携わることは自身の大きな成長につながると考えています。後者に関して、様々なプロジェクトに参画する中で、自分がどのように人を巻き込み、どのように社会に影響を与えたいのかを明確化したいと考えています。

グループディスカッション(5名)

テーマ

酒店の売り上げ改善方策

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

とにかく物事を論理的に話せるかどうかが最も重要で、協調性などはほとんど見られていないと感じました。発言量ではなく議論の前進に対してどれだけ貢献したのかが全てです。

グループディスカッション(6名)

テーマ

スポーツ店の売り上げ改善方策

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

一次のGDと同様に、とにかく物事を論理的に話せるかどうかが最も重要です。一次よりも周りのレベルが上がるのでその中で議論を前に進められる頭の良い発言ができるかどうかが勝負です。