Img company noimage

三菱UFJ信託銀行株式会社

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(473件)
  • ES・体験記(147件)

2016年卒 三菱UFJ信託銀行株式会社の本選考体験記 <No.504>

2016卒三菱UFJ信託銀行株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • オリックス自動車
  • 日本精工
  • 三菱電機
大学
  • 関西学院大学

選考フロー

説明会(4月) → ES(6月) → 1次面接(7月) → 2次面接(7月)

企業研究

三井住友信託銀行との差別化は重要だと感じました。それを徹底的に企業研究すべきだと思います。そうすれば、志望動機に深みが出てくると思いますし、話す内容の説得力も増すと思います。OB訪問をする学生は...

志望動機

1つ目に、仕事を通じて人々の暮らしを支えることができる点です。サッカーでのキーパー経験、塾講師、大学での活動を通して人々を支え、役立てることに充実を感じました。そのような経験から、仕事においても...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
15分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

大学時代の活動に関する掘り下げが多かったです。そこからは自分の所属している団体のこと、そして自分が何をしてきたのか、何を感じたのかを知ろうとしてくれていると感じました。評価されたポイントは、簿記...

面接の雰囲気

面接官の方がとてもリラックスしており、雑談などを交えながらの面接だったのでリラックスしながら話すことができました。ほかに見ている業界や大学時代のことなど、基本的な質問ばかりでした。

1次面接で聞かれた質問と回答

大学の活動の中で苦労したことは

「1年生に分かりやすく簿記を伝える」ことです。私は伝えることに自信がなく、2年生の準備期間での講義の練習も常に不安でした。その不安を解消するため、自分や仲間の講義を録音し帰宅後に必ず聞き直していました。また、専門学校の大原に足を運び、実際にプロの講師の方に講義を見ていただきもしました。準備期間...

あなたの自覚する長所と短所は何ですか

長所に関しては、人一倍チャレンジ精神があることです。サッカーでのキーパー転向や大学では簿記を教える役職を志望するなど、大変なことにも挑戦してきました。そこから得られるものは多く、自らの視野を広げてきました。それが困難なことでも、やり遂げることの価値を知っているからこそ粘り強く取り組んできました...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
15分
面接の合否連絡方法
連絡なし

評価されたと感じたポイント

信託銀行というものについて基本的な知識はあるか、また子供のころからの性格や考え方なども聞かれました。掘り下げに対してどれくらい一貫性を持って答えられているのかを見られていると感じました。また、銀...

面接の雰囲気

1次面接と同じく、雑談を交えながらの面接だったのでリラックスしながら話すことができました。大学時代のことの掘り下げが多かったです。ほかには小学校時代の性格なども聞かれました。

2次面接で聞かれた質問と回答

地方銀行と信託銀行の違いは?何故信託を志望しているの?

提案を行うことのできる人々、企業の幅の広さだと考えています。私は簿記を教える活動を通して多くの人々の考え方に触れ、それが自身の考え方の幅を広げた要因になっていると考えています。仕事においてもより多くの人々、企業と共に仕事をしたいと考えています。また、信託銀行のほうがリテールにも強く、お客様の真...

10年後にどのような社会人になっていたいか教えてください

多くの人に良い影響を与えられる人でありたいです。私の人生においての目標は、私自身が成長することで、より多くの人々に良い影響を与えることです。それは、大学での活動で人のために努力することの価値を感じたからでした。そのために、入社後はOJTや社内研修、仕事を通じて様々な業界の人と関りたいです。そし...