電源開発株式会社のロゴ写真

電源開発株式会社

  • 3.6
  • 口コミ投稿数(96件)
  • ES・体験記(55件)

電源開発の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

18件中18件表示
男性 21卒 | 大阪大学 | 男性
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください
A. A. 私の強みは、人を正しく理解し、活かす協調性です。私が人権研究会というサークルの代表を務めていた頃、性格も考え方も全く逆の2人がいて対立しあっていた所、毎日2人に会い、意見を慎重に聞き分け信頼関係を構築する等尽力した結果、部会が今では10人集まり、学祭の集客人数も1...
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだことは何ですか。なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください
A. A. 私はブラジルのリオデジャネイロへの留学中、ブラジル人達の価値観を変えるという事に注力しました。リオではアジア人の地位は低く、歩いているだけで罵倒されたり、石を投げられたりもします。最初は挫折しそうになったが、自分自身の語学力や価値観を広げる事はもちろん、日本人とし...
Q. 就職先の企業を選ぶうえで最も重視していることを教えてください
A. A. 私の就職先の企業を選ぶ上で重視しているのは「貪欲に挑戦できる環境があるかどうか」「社会貢献性が高い事業を行っているか」です。私はこれまでブラジルへの留学中、貧困街での教育活動や、人権研究会の代表を務める等、常に社会へ貢献しようと、挑戦をしてきました。社会人になって...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

技術系総合職
男性 21卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 印象に残っている科目(200)
A. A. 私が最も印象に残っている科目は、大学3年時の技術英語です。その当時まで、技術者として必要な専門用語等を学ぶ機会は、自らで学習する時以外は与えられませんでした。しかし、この講義を通して、専門である土木に関する用語はもちろん、論文を読む際に必要な言葉の使い回し等を半年...
Q. 学業以外の活動(趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト)(200)
A. A. 趣味は中学生から続けているロックバンドでの活動です。これまでの活動としては、募金活動を兼ねたコンサートと2つの大会出場歴があり、その他にも自主的にライブイベントを開く等、積極的に行っています。アルバイト経験は、人と接することが好きな自身の性格を活かし、塾講師を2年...
Q. 自覚している性格(200)
A. A. 私には自主性があります。これまで研究室の幹事とアルバイトの時間帯責任者の経験から、自らで考え、積極的に提案をし、課題解決へ向けた行動をしてきました。社会に出て活躍するには、自らの意思を周りに提案し、行動する力が必要であると考えます。一方で短所は、心配性があることで...
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたこと(500)
A. A. 私は、生活費を稼ぐために、3年前から飲食店で深夜アルバイトを続けています。深夜アルバイトを始めた当初は、大学での講義や自身の研究のペースが掴めなくなり、学業がおろそかになってしまうのではないかと悩みましたが、私はそのような生活を続けていく中で、徐々に学業とアルバイ...
Q. JPOWERを志望する理由、入社後に取り組みたいことや実現したいことについて具体的に(400)
A. A. 私が貴社を志望する理由は、土木技術者として、水力・火力・原子力・再生可能エネルギー・海外事業等さまざまな部門での業務に携わることができる点、また、地域に関わらず電力を安定供給し続ける点に魅力を感じたためです。近年、東日本大震災や西日本を中心とした豪雨災害によって、...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 立教大学 | 男性
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。
A. A. 私は、自分自身を「慎重に物事を進める性格」であると考えています。実際に趣味やサークル活動においても、行動する前に最初に目標を立て、それを実現するために何が必要か、何が自分に足りないかを考えながら物事を進めています。この性格は、現場での燃料管理や行政・住民対応のほか...
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。 なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。
A. A. 私は、海外ボランティアに力を入れて取り組みました。私の所属していた学生団体はネパールの農村で二週間ほど暮らし、現地の小学校に本の寄贈や子供たちとの交流などの教育支援を行うという活動をしておりました。私自身これが初めての海外経験だったのですが、過酷な環境の中で現地の...
Q. J-POWERを志望する理由、及び入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。
A. A. 私は、「日本と世界の電力の安定供給に貢献したい」という思いから、御社を志望しました。そのきっかけは、ネパールでの海外ボランティアの経験にあります。ネパールの農村では数日間停電が続き、夜になると暗闇で何も見えず、懐中電灯に頼らざるを得ないなどの過酷な状況に見舞われま...
Q. 就職先の企業を選ぶ上で最も重視していることを教えて下さい。
A. A. 私は、「社会貢献度が高く、海外事業に力を入れている」ことを最も重視しています。電力は経済だけでなく、それを支えるインフラをも動かすのに欠かせないものであり、社会貢献度が非常に高いものであるといえます。また、日本はインフラが非常に高度なレベルで整っていますが、世界に...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系グローバル
男性 20卒 | 北海道大学 | 男性
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。 (150)
A. A. 1年生のときに、地方都市へ行きその町の活性化方法について考える授業を履修した。授業では毎回現地の人々に直接話を聞くことにより、その町の課題について考えた。また最終目的として活性化方法についても考えた。通常の座学授業ではなく、実際に現地に出向き解決策を考えるといった...
Q. 学業以外の活動についてご記入ください。(150)
A. A. 私は大学祭実行委員をしていた。中でも「〇〇」と「△△」の2部門に携わった。「○○」では街頭でのビラ配りやうちわ配り、またSNS等を用いて大学祭を学外の方にPRしていた。また、「△△」では様々な企業からお金を頂くことと引き換えに大学祭のパンフレットに広告を掲載すると...
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。(200)
A. A. 私は物おじせず色々なことに挑戦する性格だ。大学祭の実行委員では1年生の時「○○」のみを携わっていた。しかし1部門だけでなく他部門を経験することによって視野が広がるなどメリットがあると感じたため、2年目以降は「△△」と部門を兼務した。しかしその反面時に1人で先行して...
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。 なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。(500)
A. A. 私は大学祭の実行委員をしている。その中でも、大学祭の運営費を集めることに力を入れた。大学祭は企業からの協賛金で運営している。私が1年生の時には、やりたいことがあってもお金が足りなくてあきらめざるを得ないことが何度もあった。よって運営に使えるお金を増やすことに力を入...
Q. 就職先の企業を選ぶ上で最も重視していることを教えて下さい。(200)
A. A. 私は、人々の「あたりまえ」を支えることができる点を重視している。昨年の北海道の地震によるブラックアウトで電気が使える「あたりまえ」が「あたりまえ」でなくなったからだ。そのため人々の生活の「あたりまえ」、すなわち基盤になっていることを根底から支えることによって、人々...
Q. J-POWERを志望する理由、及び入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。(400)
A. A. 私は、昨年の北海道胆振東部地震で北海道全域が停電し、電気の使用が「あたりまえ」に出来なくなることを経験した。そこで普段の私たちの生活が電力の安定供給を前提として成り立っていることを痛感した。そこで多くの人々が電気を安定して「あたりまえ」に使用できる環境を支える仕事...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系グローバル社員
男性 20卒 | 一橋大学 | 男性
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。
A. A. 3年次より所属する日本経済史ゼミの講義です。近世文書の基礎的な読解能力を身につけるべく、教授が開発した方法をメンバーと共に実践してきました。近世文書に記されている文字を読むだけでなく、記された地域や時代背景、文書を記した人物身分などを理解しつつ読解を進めるのが難し...
Q. 学業以外の活動についてご記入ください。 (趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等)
A. A. 趣味&特技…中学校から10年続けている卓球です。 ボランティア活動…戦争体験を語り継ぐ活動をしています。 アルバイト…3年間テーマパークで接客をしてきました。
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。
A. A. 私が自覚している性格は、「人を励ますのが好き」だということです。私はチームで目標を達成するのに、皆をまとめて鼓舞することに何よりも喜びを感じます。高校時代に所属していた卓球部では、常にチームのために行動することで、メンバー同士の結束力を高めることに貢献してきました...
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。 なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。
A. A. 私はテーマパークでアルバイトをしてきました。そこでは「○○」というショーの運営サポートを担当しています。お客様の思い出に残るショーを生み出したいという思いから、私は出演者と共に「ハイクオリティなショー作り」に力を入れてきました。そこで意識して取り組んだことは以下の...
Q. 就職先の企業を選ぶ上で最も重視していることを教えて下さい。
A. A. 企業理念です。 私が仕事を通して実現したいことと、企業理念が合致しているかどうかを最も重視しています。私は仕事を通して、「安心安全な社会作り」に貢献したいと考えています。貴社の企業理念は、「人々の求めるエネルギーを不断に提供し、日本と世界の持続可能な発展に貢献す...
Q. J-POWERを志望する理由、及び入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。
A. A. 私は貴社での仕事を通して、「安心安全な社会作り」に貢献していきたいと考えています。テーマパークでアルバイトをしている際、○○で働かれている方と接する機会が多くありました。直接お客様と関わる機会が少なくとも、パークの安全安心のために日々精を出していらっしゃる方々を間...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。
A. A. 私が大学で履修した科目の中で特に印象に残っている科目は、「データで知る世界経済」という科目です。この科目は世界経済の動きをデータを用いて分析するという科目でこの中で貧困と衛生環境というデータが取り扱われました。そのデータを見たことがきっかけで人々の生活を守りたいと...
Q. 学業以外の活動についてご記入ください。 (趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等)
A. A. 私はスキーサークルに所属しており、副将と会計という役職を任されています。3月の大会に向けて、私はスキー学校で働きながら1ヶ月弱ほど練習をした後、大会に出場しています。夏場は活動資金を稼ぐために塾講師をしており、アルバイト先のエースとして塾長の補佐をしながら授業をし...
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。
A. A. 私の性格は責任感が強く社交的な性格です。私はスキーサークルの副将と会計をしており、大会前の合宿において幹部が一人になってしまったことがあります。その時に、社交性の高さを生かして周りを巻き込みながら合宿を成功に導くことが出来ました。短所は仕事を断れないという性格です...
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。
A. A. 私は塾講師をしており、去年は私が持った中学三年生の生徒13人のうち、11名を都立高校へ入学させ、12名を志望校に合格させました。そして私の持っている生徒の中で志望校合格率92%を達成しました。私は三年間、塾の講師として働いていますが最初は生徒の成績が中々伸びず苦労...
Q. 就職先の企業を選ぶ上で最も重視していることを教えて下さい。
A. A. 私が最も重視することは、多くの人々の生活を守ることが出来るかということです。私は、テレビや、学校の授業で発展途上国の人々がインフラの設備不足でなくなってしまう事を見て人々の生活を守り、より豊かなものにしたいという強い意志が沸き立ちました。その思いから、少しでも多く...
Q. J-POWERを志望する理由、及び入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。
A. A. 私が貴社を志望する理由は、1点目として貴社の事業内容にとても魅力を感じたからです。貴社は他の電力会社と異なり、BtoCは行わずBtoB(電力会社)に電力を融通する事業をしています。その理由から、他の電力会社と異なり、地域という壁を越えて事業が出来る柔軟さがあると感...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 首都大学東京 | 男性
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。
A. A.
経済史のゼミです。テーマとしてソーシャルキャピタルを選び、それに関連する場所へのフィールドワークや歴史的事象についての共同研究を行った事が非常に印象に残っています。特に共同研究ではメンバーがなかなか集まる事が出来ず、クラウドでの作業が多くなり、遠距離で作業をする大変さを、身を持って学ぶ事ができました。 続きを読む
Q. 学業以外の活動についてご記入ください。 (趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等)
A. A.
趣味:一人旅、言語学習、写真撮影、陶芸、新聞購読。 特技:剣道、外国人と仲良くすること、ワイシャツの血シミ抜き サークル:世界文化研究会、美術部(陶芸)、英会話部、自転車部(怪我の為退部) アルバイト:塾講師、小売店、原発除染作業員 続きを読む
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。
A. A.
リーダーシップが有り、常に周囲へ気を配りながら動いていけます。また自らの意見を非常に重視しており、他者にも意見を求めつつ様々な意見を出し合い多様性を高めようと意識しています。加えて、長期的な視野で見て物事を考える事を好み、冷静かつ客観的に分析することで、様々な視点から問題を捉えて解決していこうとするタイプだと思います。一方でチェックが甘く、主張が強すぎる点があると思います。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。 なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。500文字以下
A. A.
中高剣道を続けてきた為、大学では海外経験を中心に視野を広げるべく常に新しい事に挑戦しました。1年時には体育会自転車部に所属し、練習に加え自転車旅に赴き、冬には海外一人旅を始めました。また旅から帰国した後には外国人とさらに意思疎通をしたいとの思いから英会話部にも所属し、2年時にはTOEICスコアを入学時より約300点近く上げ825点を取ることができました。またトルコやバルカン半島で目にした難民の姿やドイツのトルコ系移民のデモを目にした経験から難民問題に関心を持ち、ウィーン大に留学してこれを学ぶ為にドイツ語を独学で勉強し、独検3級を取得しました。3年時には多様な文化を知る必要性を感じ、陶芸部やロシア文化研究会、そして奉仕団体へと所属しました。加えて2つのゼミに所属して活動するなどし、オープンキャンパスでは学部代表として選ばれるまでになりました。また、その他にも社会人となる事や会社への理解を深める為に多数の企業様のインターンシップに参加させて頂く中で、改めてチームの重要性を認識し、挑戦心と信頼構築をベースに周囲と共に成長できる人材を目指して日々行動するようになりました。 続きを読む
Q. 就職先の企業を選ぶ上で最も重視していることを教えて下さい。
A. A.
重視している軸は3点あります。それは製品やサービスが高い社会貢献性を有していること、グローバルに活躍できること、社員の雰囲気が合うことです。これらの軸を選んだ理由は仕事を通じて多様な人々と協力し、日本や世界により豊かな生活を実現できたならば、自らが死ぬときに満足できると考えている為です。また企業で過ごす時間は人生において大きな割合を占めるため、雰囲気や働きやすさも非常に重視しています。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由、及び入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。
A. A.
理由は三点あります。まず社会貢献性です。3.11後の計画停電の体験を通じ、電力を安定供給し、当たり前に使えるようにすることの高い社会貢献性に惹かれました。2点目は挑戦できる点です。座談会を通じて貴社は若い内から様々な仕事を任せ、挑戦させる文化を有していると感じました。また人口減少、CO2規制、自由化の流れの中で常に変革を求められる事業環境にあり、そうした環境下で国内外を問わず新たな挑戦を行っていける点に惹かれました。最後は地元重視の姿勢です。貴社の様々な社員の方々とお話する中で貴社が常に地元との繋がりを重視し、試行錯誤を重ねて来た為に、地元から「Jパワーさんならば信頼できる」と言われるなど、会社の利益だけでなく地元住民にも真摯に向かい続けてきた姿勢に惹かれました。また入社後は国内で様々な経験を積み、その後、海外発電所建設に携わり、自らの夢である新興国の経済発展を後押しする事を実現したいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。
A. A.
私は知的好奇心が旺盛な人間です。私は小中学生の時には、理科や社会など文理関係なく興味を持ち、新しいことを学ぶことが大好きでした。また現在では、趣味である旅行の中で知的好奇心を満たしています。私は大学時代に旅行で日本各地を回り、その中で地域の歴史的建造物・自然・文化などに触れ合うことで、新しい学びを手に入れてきました。仕事をする上でも、持ち前の知的好奇心で様々な事業に携わっていきたいと考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何か。なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に
A. A.
私は野球サークルの副代表として、新入生の確保と定着を目指した新歓活動を行いました。私のサークルでは新入生の半数が一年で辞めてしまう問題がありました。この現状が続いてしまうとサークルの存続につながると考え、力を入れました。この問題を解決するため、新入生のニーズをもとに、イベントや練習などを企画することで、新入生が納得して入ってくれる新歓活動を行いました。新入生と食事会で交流する中で、新入生が野球サークルに求めるニーズを聞きました。その中で、「野球を通して親睦を深めたい」と「野球力の向上」の2つのニーズがあり、そのニーズをすぐに企画に反映しました。前者に対しては大学野球などの観戦を、また後者に対してはルール教室や練習での紅白戦などを企画しました。結果、約25人の新入生が入りました。また一年で辞める新入生はおらず、定着率100%を実現しました。また練習人数が増えたことで、実践的な練習が出来るようになったため、チーム力を上げることができました。私は「なすべきことを考え主体的に行動すること」と「ニーズに応じた施策を実行すること」の大切さを学びました。 続きを読む
Q. 就職先の企業を選ぶ上で最も重視していること
A. A.
私が最も重視していることは、「人々に必要とされ、人々の生活や社会を支えることができる仕事」に携われるかどうかです。私は高校時代の硬式野球部に所属していた時に、メンバーを縁の下の力持ちとしてサポートしていました。この経験から、人を支えることのやりがいや喜びを知ることができました。そこで私は働く上でも縁の下の力持ちとして、人々の生活や社会を支え、大きなやりがいや喜びを感じたいと考えています。 続きを読む
Q. 志望理由および入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に
A. A.
【志望理由】 貴社はより広範囲で人々に必要とされ、人々の生活や社会を支えているからです。電力業界は電力を安定的に供給する使命感を持ちながら、人々の生活や社会を支えています。その中でも貴社は地域にとらわれず、日本全国に電力供給を行っており、より多くの人々を支えられることに魅力を感じています。また貴社のインターンシップやセミナーを通じて、社員の方々の人柄や安定供給に対する使命感を持つ姿に、魅力を感じました。貴社であれば、人々や社会を支えるやりがいや使命感を強く感じながら仕事ができると考え、貴社を志望致します。 【取り組みたい仕事】 燃料調達の仕事に携わりたいです。電力を安定供給するには、燃料を滞りなく調達することが必要です。また燃料調達面でのコスト削減は会社の利益に影響すると考えています。燃料調達の仕事は、安定供給などに対するやりがいや使命感を大きく感じることができる仕事だと考えています。 続きを読む
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目について
A. A.
印象に残った授業は「経済発展論」です。この授業は、実際の統計データに基づいて様々なモデルから、一国の経済発展の要因などを分析する授業です。統計データなどを分析することで、国ごとに実情を把握することができました。また分析の際にはエクセルを使うことが多く、そのスキルも身に付けることができました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

総合職(事務系)
男性 18卒 | 中央大学 | 男性
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。 (200文字以下)
A. A.
最も印象に残っている科目は「環境学」である。理由は、この授業を通して環境への関心が高まり現在の環境学ゼミ所属に至ったからである。私たち人間は生活に必要な食料や衣類、医薬品をはじめ、生物多様性の恩恵を受けてこそ豊かな生活が成立している。しかし、人間活動は生態系に対して多大なストレスを与えており、生態系を脅かしていることを学んだ。結果、私自身も日頃から環境負荷の少ない生活をより心掛ける意識に変わった。 続きを読む
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。(200文字以下)
A. A.
私の長所は、「相手の立場を大切に行動する姿勢」である。大学の部活動では、部員の悩みを解決するためのサポートを大切に行ってきた。塾講師のアルバイトでは、受け持っていた生徒各々のために教材を作成した。一方、短所は「周囲からの頼み事を断れないこと」である。相手の期待に応えたい気持ちが強く、自分が忙しい状態でも聞き入れてしまう。改善のために、自分がやるべき事リストを作成し、手際のよい処理を心掛けている。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由について具体的に教えてください。(250文字以下)
A. A.
学生時代の経験から「人々の生活を支え、豊かにできる仕事」を軸に就職活動をしている。当たり前の存在であった電力供給が東日本大震災で滞り、経済は停滞、私自身も不便な生活を余儀なくされた。これらの経験から、常に必要とされる使命感を持ちながら、電力供給を通じて多くの人を支えたいと思うようになった。その中で貴社を志望する理由は2点ある。①国内最大の卸電気事業者として、地域に縛られず全国を支える点に魅力を感じたからである。②海外展開や再生可能エネルギーをはじめ、挑戦心のある企業風土に惹かれたからである。 続きを読む
Q. J-POWERで取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。(250文字以下)
A. A.
再生可能エネルギー事業での仕事に携わってみたい。大学で環境学ゼミに所属していたことから、クリーンエネルギーに関心を抱いたからである。現在貴社が力を入れている風力発電をはじめ、環境に優しいエネルギー事業の拡大に努めていきたい。そしてゆくゆくは、低い自給率からエネルギーに対してマイナスイメージが強い日本を「クリーンエネルギーの先進国として世界から認知される日本」に変えていきたい。貴社は数多くあるエネルギー企業の中でも再生可能エネルギーを基盤事業の一つとしており、夢を実現できる環境があると考えた。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。 200文字以下
A. A.
所属ゼミナールでの研究活動である。CSRをテーマに、企業経営と社会の関係性を考察している。CSR発展の背景を理解し、海外比較を行い、日本的CSRの特徴を見出した。持続可能な社会構築の為に、企業の持つ影響力が大きいと実感した。企業経営と金融市場の関係が密接であると感じ、卒業論文のテーマを上記の通りに設定した。市場が持続可能な経営を評価する為に、金融という機能がどうあるべきかについて論ずる予定である。 (200) 続きを読む
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。 200文字以下
A. A.
目標を達成することにやりがいを感じる向上心が高い性格である。私は、10年間継続して陸上競技の長距離に取り組んでいる。その際、努力が記録向上という結果に表れる点にやりがいを感じ、目標達成に向かい努力を続け、向上心が高い性格が形成された。目標の達成の為に努力を継続することを大切にしている。また、目標の達成を私一人で成し遂げることは難しいと考え、多くの人に関わり努力の方法を工夫することを意識している。 (199) 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。 500文字以下
A. A.
ゼミ活動の一環として行った台北大学との共同ワークショップにおいて、リーダーを務めたことである。私達のゼミでは、文献研究のみではなく、5つのプロジェクトにゼミ生一丸となって取り組み、多面的な視点から理解を深めている。本活動では、専攻分野が共通する台北大学の学生と発表及び議論を英語で行った。海外の学生と英語で意見交換を行うことは、知見を広げる良い機会だと認識しながら臨んだ。役割分担し準備を進めていたが、全体としての方向性を見失う傾向があった。情報共有なしに、分担作業は機能しないことに気付き、目標を共有する必要性を、私は感じた。そこで、ミーティングを増やす提案を行うと共に、全員が発言できる環境作りに努めた。また、全体像を全員が把握することが重要だと考え、ドライブ上で議事録を作成した。徐々に一体感が高まり、全員が目標に向かって準備を進めた。その甲斐があり、当日は明確な発表と活発な議論から、合理的な結論を導き出せた。目標を共有し、全員がそれぞれの役割を全うして得られた成功体験は、格別だった。組織で目標を達成する為には一人ひとりの活躍が必須であり、活躍の基盤作りこそがリーダーの役割であると学んだ。 (500) 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由について具体的に教えてください。 250文字以下
A. A.
社会生活の基盤を支える電力を、日本全体に供給している貴社の役割に魅力を感じ、志望した。東日本大震災で停電を経験し、社会を根底から支える電力の重要性を実感した。電気が止まり凍えながら一夜を過ごし、電力とは人々の生活に安心感を与える存在だと感じた。貴社は、地域に縛られずに日本全体に電力を供給する役割を担っている。また、インターンシップやOB訪問を通して、使命感を持って働く社員の方に数多く出会った。日本全国に活躍のフィールドが存在する貴社の一員として、社会や生活を支えるという使命感を持って活躍したい。 (250) 続きを読む
Q. J-POWERで取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。 250文字以下
A. A.
使命感を持って、再生可能エネルギー事業の拡大に貢献したい。若手時は、用地交渉など対外的な人々と関わる役割を担いたい。外部からの貴社への評価や期待を最前線で感じ、安定した電力供給を実現するという使命感を強固にしたい。その後は、再生可能エネルギーの企画を担いたい。私は、ゼミでCSRを研究し、持続可能な社会構築に企業が大きな影響力を持つことを学んだ。基幹産業である電力生産において、持続可能性を高めることは、日本全体の環境効率を大きく向上させる。私が抱く社会への強い思いを貴社の事業を通して実現したい。 (249) 続きを読む
Q. 興味のある業務をお選びください。 3つ以下
A. A.
海外プロジェクトの企画・営業・管理 再生可能エネルギープロジェクトの企画・営業・管理 用地交渉 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 北海道大学 | 男性
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。
A. A.
「野外調査法実習」という科目です。自身が設定したテーマについて半年間自身で調査を行い、最後に成果を発表します。私は北海道当別町の町営バス事業を題材にしました。毎週1時間かけて現地に赴き、町役場や出資企業、地元の住宅会社など多くの利害関係者に聞き取り調査を行い、他の市町村と比較して事業が成功する理由を調査しました。主張の異なる関係者から意見を引き出すことに苦労したことが印象に残っています。 続きを読む
Q. 学業以外の活動についてご記入ください。(趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等)
A. A.
生協学生委員会というサークルと学習塾の事務スタッフアルバイトとして活動しました。生協学生委員会では大学教務課の支援を受けながら新入生を対象とした履修制度説明会を10人程のスタッフで企画し、私は説明会の発表資料の作成、教務課との資料内容の折衝を担当しました。学習塾では20人の生徒に対して週に1度を目安に面談を行い、生徒が学習計画を立てるのをサポートしたり、質問に答えたりすることを担当としていました。 続きを読む
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。
A. A.
「人懐こい」性格で初対面の人と打ち解け、環境に適応する強みがあると考えます。幼い頃から引っ越しなどで環境の変わることが多かったので、自ら声を発して相手の特徴をつかみ、自身との共通点を見つけることで初対面の人と打ち解け、いち早く環境に適応していく必要がありました。多くの利害関係者と対話を続け、事業に協力していただくことで、事業が成立する貴社において、この性格を交渉業務で活かせると考えます。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。
A. A.
所属していた生協学生委員会で履修制度説明会を行ったことです。2500人の新入生を対象とし、履修制度の説明会を10人程のスタッフで行いました。私は発表資料の作成と、大学教務課との資料の交渉を担当しました。私自身が入学した際に、履修制度を大学側の説明だけでは完全に理解できないどころか、誤解してしまったことで、説明会の必要性を感じたため力をいれました。努力した点は「説明会の位置づけや目的を折衝すること」です。場所提供の支援を受けた大学教務課は「絶対的に正しい情報を提供したい」意図を持っていた一方で、私たちは「先輩としての声、つまり履修誌面では伝わらない情報を提供したい」という意図を持ちました。新入生にとっては双方とも大切なことでありながら、2つの意図は食い違う部分も存在します。説明会の位置づけや目的を新入生の利益を考えながら大学の教務課と折衝しました。教務課の職員と資料を何度も推敲し、当事者の間に立ち、資料の作成、内容の考案を行いました。結果9割近くの新入生が説明会に参加し、更に5点満点の評価で4点を超える評価を貰うことができたので、新入生にとって「価値ある情報」を提供できたと考えます。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由について具体的に教えてください。
A. A.
<当たり前の電気を日本、世界の人々に当たり前に提供したい> 理由は2つあります。まず、電気は全ての人にとって必要不可欠であり、電力の安定供給に尽力することで全ての人に貢献できるというためです。常に「大きな責任感」を要すると考え、それを魅力に感じ電力業界を志望しました。2つ目に貴社が日本全国・世界各地に事業を展開しているためです。関東地方で生まれ育ち、大学生活を北海道で過ごした私は、2つの地方を比較し気候面や生活面などで大きく「地域性の違い」を感じました。地域性を活かし、多くの利害関係者の方と事業を作っていく上で自身の経験が活きると考え、貴社を志望します。 続きを読む
Q. J-POWERで取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。
A. A.
取り組みたい仕事は「燃料の調達業務」です。燃料購入や発電所への流通などの業務では商社や流通業者、更には発電所など多くの関係者と関わる必要があり、自身の「関係を構築し環境に適応していく」性格を活かせると考えます。「コストを減らし利益を最大化」することで会社に貢献する視点を養いたいです。国内では「電気の安定供給」は現時点で一定程度達成している部分だと考えます。安定供給の維持を続ける他に、「より環境に配慮している、より地域住民の皆様に理解してもらえる」発電を追い求め、世界各地で実現したいと考えます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください(200字)。
A. A.
「日本経済論」という授業が印象に残っています。この授業は、主に統計データに基づいて実体経済をマクロの視点から学ぶ授業です。様々な統計データを読み取り、ある国で起こっている問題にストーリーを組み立てていくことが楽しく、また、経済に関する幅広い知識を身につけることができ、力を入れて取り組みました。複雑な経済にも関わらず、地に足のついた統計データからある国の実情が読み解けたことが非常に印象深かったです。 続きを読む
Q. 学業以外の活動についてご記入ください(趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等)(200字)。
A. A.
趣味は浮世絵の鑑賞です。高校時代の日本史の授業で、江戸時代の文化が一枚の絵に凝縮されている浮世絵を見て虜になりました。大学時代は浮世絵の展覧会が開催されるとかかさずに鑑賞に行きました。また、最近では赤提灯の居酒屋に足を運ぶのも趣味の一つです。大学生活は横のつながりが多く、縦のつながりは少ないのですが、ここでは年代の違う方々とお話しすることができ、多くの刺激を受けることができます。 続きを読む
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください(200字)。
A. A.
私は、常に「楽観的」で「冷静」な人間です。所属するサークルでは、ミスで問題が発生してしまい、後輩たちが動揺する中でも、私は「冷静」に問題の原因を分析することに努めました。私の様子を見た後輩たちも徐々に落ち着きを取り戻し、問題の解決へと至りました。また、運営の際には持ち前の「楽観的」な性格を活かして、メンバーに不安を与えず気持ち良く運営に取り組めるようにしました。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください(500字)。
A. A.
経済学習サークルの運営に力を注ぎました。私は社会人の講師をお招きする講演会の企画・運営を担当する代表を務めています。ご多忙な社会人の方々との折衝が多いのですが、後輩たちに指示を出しても締め切り近くまで動いてもらえず、迅速に準備を行うことができないことに私は問題意識を感じていました。このことを後輩たちに話すと、私と後輩たちのスピード感に乖離があることに気が付きました。ご多忙な社会人の講師には「迅速に対応して欲しい」という期待があり、スピード感を持って業務に取り組むことで社会人の講師の期待に応えることができると考えた私は、チーム一丸となって迅速に準備を行えるように下記の2つのことに取り組みました。(1)締め切りをこまめに設定することでまずは後輩達に時間を意識させる。(2)業務の進捗状況に関わらず進捗を毎日後輩に報告してもらう。こうしてスピード感を持って業務に取り組むことで、以前にも増して運営を迅速に行うことができました。講師の方からは「忙しいから本当に助かったよ」と感謝のお言葉を頂き、期待に応えることができました。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由、入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください(400字)。
A. A.
私は、東日本大震災の際に東北内陸部で数日間の停電を経験しました。それまで当たり前のように使えていた電力というインフラを失うことで、電力供給の重要性を切実に実感すると共に、将来は日本の電力インフラを支えていきたいと考えるようになりました。あれだけの甚大な災害にも関わらず、被害を最小限に食い止めることができた背景には、貴社の送電設備の存在があったと伺い、日本の安定した電力供給を行っている貴社に大変興味を抱きました。また、貴社の磯子火力発電所の見学を通じて、環境との共生の実現に取り組まれていることにも大変魅力を感じました。入社後は石炭火力の事業に携わり、安価かつ環境に配慮した発電の運営に尽力したいと考えています。国民の皆さんが安心して生活を送れるように、安定した電力供給の実現に私ができることを精一杯行っていきたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

16卒 本選考ES

事務系グローバル社員
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください200文字。
A. A.
現代都市地域論という、まちづくりで表出する景観等問題要素を、利害関係者の立場から考察する科目です。私は無個性の住宅街で育ったため、「景観」はまちの付加価値の一種という認識しかありませんでした。そして、まちに長く住まう人々にとって景観がアイデンティティである側面を学び、大変驚きました。ひとえに景観を考慮する際も、いかに利害関係者の異なる価値観を調整するかについて、深く考えさせられました。 続きを読む
Q. 学業以外の活動についてご記入ください(趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等)200文字。
A. A.
散策サークルで幹事長を務める傍ら、写真サークルで会計を務めておりました。アルバイトは文部科学省元請のテスト採点チームにて採点者を束ねる監督責任者を務めたり、コールセンターでクレーム対応をしたりと、6つほど経験しました。趣味はサイクリングと国内秘境探訪です。特技は目的地までの地図上経路を1度で覚えることと、誤字探し(テレビ番組の一瞬の字幕から辞書まで)です。 続きを読む
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください200文字。
A. A.
まず「慎重派」であることです。長所として、何事にも細心の確認を怠りませんし、丁寧に仕事を行います。一方で短所として、優柔不断な面があります。次に、私なりにも心掛けているのですが、「謙虚」であることです。長所として、相手の話を素直に受け入れますし、その分相手の気持ちをよく考え、誠実に行動致します。一方で短所として、遠慮がちになってしまう面があります。最後に、良い意味でも悪い意味でも「真面目」です。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください500文字。
A. A.
人数不足から活動停止の危機にあった散策サークルの会員を、幹事長として仲間と共に、1年で4名から60名まで増やしました。私は幹事長としての責任感と、お世話になった先輩方への感謝からサークル存続の使命感を抱き、会員の増加に向け以下のことに尽力しました。【1】私はまずサークルの知名度が無かった問題に対し、発信力の弱さに気付きました。そこで企業に広告掲載を依頼し、交換条件としてその企業でアルバイトをしました。【2】次に新人定着率が低迷していた問題に対し、入会後の環境のミスマッチが多いことに気付きました。そこで同業他サークルを研究し尽くし、偵察も行った上でサークルの個性を見出し、サイト等でサークルの差別化をアピールすることで、ミスマッチを低減しました。【3】また新人とのコミュニケーションをより活発化させ、ニーズに応えて積極的に活動内容を変えました。【結果】どれも地道な行為であり、結果が出るまで時間を要する我慢勝負でした。しかし成果のため諦めず、多くのことにチャレンジし続け、また仲間たちに諦めぬよう鼓舞することで、上記の成果を得ました。私はこの経験から、「成果のため、やり抜く力」を体得しました。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由、入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください400文字。
A. A.
私は責任感の強さがウリの人間であり、人々の生活に不可欠なエネルギーを供給することで、かけがえのない使命感を持って働きたいと思っております。貴社は生活と文明の要である電力業界の中でも、国内で地域を限定しておらず海外事業にも最も積極的であり、最も多くの人々を支えている点が魅力的です。また私は設備見学会にて、周辺環境への配慮の強く共感し、世界最高効率の技術力に惹かれました。そして貴社こそが、持続可能社会の形成を伴った、真の意味で日本ひいては世界を支え続けてゆける企業であると考え、私は貴社を志望します。私は貴社の技術力をもって新興国に電力供給のスタンダードを確立させ、一方で国内では供給エネルギーの多角化を経てより堅固な国にしたいと思っております。その過程で私は、強みである「成果のためやり抜く力」を活かし、小さな庶務から大規模な企画まで全てを、責任を持って全うします。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください200字。
A. A.
「日本経済論」という授業が印象に残っています。この授業は、主に統計データに基づいて実体経済をマクロの視点から学ぶ授業です。様々な統計データを読み取り、ある国で起こっている問題にストーリーを組み立てていくことが楽しく、また、経済に関する幅広い知識を身につけることができ、力を入れて取り組みました。複雑な経済にも関わらず、地に足のついた統計データからある国の実情が読み解けたことが非常に印象深かったです。 続きを読む
Q. 学業以外の活動についてご記入ください。(趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等)200字。
A. A.
趣味は浮世絵の鑑賞です。高校時代の日本史の授業で、江戸時代の文化が一枚の絵に凝縮されている浮世絵を見て虜になりました。大学時代は浮世絵の展覧会が開催されるとかかさずに鑑賞に行きました。また、最近では赤提灯の居酒屋に足を運ぶのも趣味の一つです。大学生活は横のつながりが多く、縦のつながりは少ないのですが、ここでは年代の違う方々とお話しすることができ、多くの刺激を受けることができます。 続きを読む
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください200字。
A. A.
私は、常に「楽観的」で「冷静」な人間です。所属するサークルでは、ミスで問題が発生してしまい、後輩たちが動揺する中でも、私は「冷静」に問題の原因を分析することに努めました。私の様子を見た後輩たちも徐々に落ち着きを取り戻し、問題の解決へと至りました。また、運営の際には持ち前の「楽観的」な性格を活かして、メンバーに不安を与えず気持ち良く運営に取り組めるようにしました。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。 なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください500字。
A. A.
約50人が所属する経済学習サークルの運営に力を注ぎました。私は社会人の講師をお招きする講演会の企画・運営を担当する代表を務めています。ご多忙な社会人の方々との折衝が多いのですが、後輩たちに指示を出しても締め切り近くまで動いてもらえず、迅速に準備を行うことができないことに私は問題意識を感じていました。このことを後輩たちに話すと、私と後輩たちのスピード感に乖離があることに気が付きました。ご多忙な社会人の講師には「迅速に対応して欲しい」という期待があり、スピード感を持って業務に取り組むことで社会人の講師の期待に応えることができると考えた私は、チーム一丸となって迅速に準備を行えるように下記の2つのことに取り組みました。(1)締め切りをこまめに設定することでまずは後輩達に時間を意識させる。(2)業務の進捗状況に関わらず進捗を毎日後輩に報告してもらう。こうしてスピード感を持って業務に取り組むことで、以前にも増して運営を迅速に行うことができました。講師の方からは「忙しいから本当に助かったよ」と感謝のお言葉を頂き、期待に応えることができました。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由、入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください400字。
A. A.
東北出身の私は、東日本大震災の際に県内の内陸部で数日間の停電を経験しました。それまで当たり前のように使えていた電力というインフラを失うことで、電力供給の重要性を切実に実感すると共に、将来は日本の電力インフラを支えていきたいと考えるようになりました。あれだけの甚大な災害にも関わらず、被害を最小限に食い止めることができた背景には、貴社の送電設備の存在があったと伺い、日本の安定した電力供給を行っている貴社に大変興味を抱きました。また、貴社の磯子火力発電所の見学を通じて、環境との共生の実現に取り組まれていることにも大変魅力を感じました。入社後は石炭火力の事業に携わり、安価かつ環境に配慮した発電の運営に尽力したいと考えています。国民の皆さんが安心して生活を送れるように、安定した電力供給の実現に私ができることを精一杯行っていきたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。 200文字以下
A. A.
私は煩雑で誰も取り組まないが、改善を目指す上で必要な課題や仕事に率先して飛びつく積極性、着手したことが壁にぶつかっても必ずやり遂げる粘り強さ、緻密な計画や資料作成等を怠らず、効率の良い会議・仕事の実現を図り様々なトラブルにも備えるまめさ、を有しています。そしてその性格は、周囲から「信頼」を集めることができ、皆の「協力」を呼び、周りを巻き込み効果的に取り組め、責任ある仕事も任せられてきました。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。 500文字以下
A. A.
15万人400団体の学園祭を支え続けた3年間の活動です。特に、最初の2年間担った400団体が使用する数万点の備品を調達・貸出し、彼らの活動を支えるためにチームを変える大きな挑戦をしました。1年目にチームの雰囲気が問題で連携と知識不足で備品の不足を生じさせ、団体さんの活動に支障をきたし、「支え」になれず悔しさを感じました。同じ失敗を繰り返さない為に、2年目は知識を高め、親交を深める為にレクリエーション機会を設ける他に、育成制度創設挑戦しました。特に育成制度は0から作る為、備品業務と両立は1人では不可能な上に、多忙なチーム員の理解を得られませんでした。それでも創設するメリットや実現可能な計画立案等で粘り強く説得し、遂にチーム員から信頼と協力を得ることができました。チームで情報収集や、議論、作成の分担をすることで、座学に終始しない育成制度を新設し、二年目は不可能と言われた備品不足0を実現し、ミスがあっても仕方ないという考えは消え去り、今でも引き継がれています。3年目は400人の研修や想いが異なる15部署の統括を担い苦労しながらも学園祭を「支える」ことを原動力に多忙を極める中でもやり遂げました。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由、入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。 400文字以下
A. A.
私は、大学時代の経験から、無くてはならないモノを通じて社会の維持・発展に寄与する時に力が発揮できます。様々な企業を見る中で、「電力」業界は全ての原動力で欠かせない存在として社会を支えていると確信し強く志望し、特に御社を志望する理由は3つあります。多岐に渡る発電事業を有し、特に今後必須となる再生可能エネルギーへの注力、日本全国広範囲を網羅していること、海外事業への注力、の3つです。このような特徴がある御社ならば、より多くの顧客を広い範囲で支え、そして将来に渡って長く支え続けることができ、必要とされ続ける会社だと確信しました。御社に入社したら、総務系の仕事に就きたいと考えております。「支える」ことを原動力にする私は、発電所全体をひいては会社全体をも支え、電力の安定供給への寄与は勿論、さらなる効率化をめざし、少しでもコストカットに繋げ、激化する競争に勝ち抜いていく力になりたいと考えております。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 慶應義塾大学 |
Q. 大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。 200文字以下
A. A.
私は、3年生次に履修した、交渉学という法律学科の科目が一番印象に残っております。講義では、2人一組で毎回ペアを組み、講師から与えられたシチュエーションに沿ってそれぞれ役割分担をして、実際に模擬で交渉を行うという内容で進行します。この講義では、一方的に相手を説き伏せるのではなく、お互いにWin—Winの関係を築き上げることの重要性を学ぶことができ、所属団体の活動でもそれを活かすことができました。 続きを読む
Q. 学業以外の活動についてご記入ください。(趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等) 200文字以下
A. A.
観光事業研究会という、65年以上続く団体の代表として、団体の運営に積極的に尽力しました。私が入部した年の新入部員は8名でしたが、これは例年の半数以下で、団体の活動継続が困難になることが予想されました。そこで私は、自分が代表になり、団体を立て直すことにしました。2年生次には、見込みのある新入生のフォローアップを徹底して行った結果、前年度の5倍の40人の新入生を入部させることができました。 続きを読む
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。 200文字以下
A. A.
私は、物事に対して真摯に取り組む性格だと自負しております。所属団体で私は、代表を務めていましたが、団体の運営にあたり、組織の発展の為には、リーダーとして、まず自分自身が積極的に行動すると共に、組織の構成員のニーズを理解し、実現させることが重要だと感じ、これらを強く意識して活動に取り組んでいました。周りの考えや意見をよく聞くことを心掛け、なんでも一人で抱え込まないようにしています。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。 なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。 500文字以下
A. A.
私は、全く英語が理解できない中で渡米しながらも、英語を克服し、異文化や現地の生活のハードシップに対しても、順応してきた経験を活かしたいと考え、海外でのボランティア活動や、日本国内の外国大使館でのインターンシップ、所属団体・ゼミでの海外調査など、積極的に外国の方々と活動することにチャレンジしました。特に、インターンシップは、クロアチア大使館直轄の組織であるクロアチア政府観光局で行いました。局長はクロアチア人で、インターン中は、全て英語で会話をしていましたが、当初は、HPの日本語のPR文章の作成など、簡単な業務しか任せてもらえませんでした。しかし、インターン中に、クロアチアについて自ら調べたことを英語のPower Pointのスライドにまとめ、局長に見せたところ、局長からより大きな信頼を得ることができ、その後は、外部との打ち合わせ用の資料を局長の代わりに作成し、実際の打ち合わせにも同席して、意見を求められるようになり、大変有意義なインターンシップとなりました。実際に、外国人と英語で仕事をすることを経験し、信頼関係を築き上げることによって、業務を円滑に遂行できたことは、自信に繋がりました。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由、入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。 400文字以下
A. A.
私が貴社を志望する理由は、貴社の事業が、日本のみならず、世界に対してクリーンなエネルギーを提供し、経済・社会の発展を支えている点に魅力を感じているからです。私は小学生時代の3年半、米国に住んでいた経験があり、海外での滞在経験を通じて、私は自分が日本人であることに誇りを感じ、かねてから、日本へ貢献したいという思いを抱いていました。また、大学1年次にネパールにボランティアで行った時に、計画停電が毎日実施されることで、渡航中も頻繁に電気が使用できなくなり、エネルギーが当たり前に供給されることの大切さに気付きました。このような経験から、発電所の燃料調達業務と、海外での発電業務に関心を持っています。低廉な燃料を日本全土に安定的に供給することで、日本の抱えるエネルギー問題の解決に貢献し、また、海外へ発電所を展開させていくことで、よりよい世界のエネルギー社会の創出を実現したいと考え、志望致しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

16卒 本選考ES

事務系職
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 自分自身について自覚している性格を教えてください。 200文字以下
A. A.
高い目標に向けて努力を継続できる。日本一を目指しサッカーを十六年続け、サークルでは関東四位という成績に甘んじることなく、チームの問題を自らの取り組みで解決しよう尽力した。その一方で、人に厳しい言い方をしてしまうところがある。サッカーを通じ、改善するためには、言いにくいことも言わなくてはいけないと思うようになった。人の良い所もきちんと伝え、単に批判的な人間にならないよう気をつけている。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。 なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。 500文字以下
A. A.
日本一を目指し、サッカーサークルの雰囲気改善に取り組んだ。サッカーを十六年続けているが、期待を上回る結果を得たことはなく、サッカー人生の集大成として、どうしても日本一になりたかった。しかし、私のサークルは上手な選手が多く、ある程度良い結果を残しており、練習に真剣さが欠けていた。そこで、二つの方法で、競争的な雰囲気をつくろうとした。一つは、試合中の選手へ声を絶やさないことをチーム目標とすることだ。声をかけられることでプレーを見られている意識が強まり、真剣さが増すと考えた。もう一つは、毎回の練習後にアンケートをとり、固定化されていた試合形式の練習のメンバーを、より流動的なにすることだ。反対の声は少なかったが、私一人で声を出すこともあれば、調子の良かった選手のアンケートに回答が集まらないなど、方針と制度が形骸化し機能しなかった。その中で私は、誰よりも真剣に練習に取り組み、声を絶やさないことで、他の選手の手本となり、彼らの意識を変える役割を果たした。二年間にわたり、周囲の手本となるよう努めたことで、今では誰かが常に声を出しており、アンケートも七割以上集まる。また、サークル日本一にも達成した。 続きを読む
Q. J-POWERを志望する理由、入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。 400文字以下
A. A.
世界各地へクリーンな電気を供給したいと思い、貴社を志望する。海外旅行を通じ、停電の多さ、街頭の暗さや電車の少なさに驚いた。母子家庭だった私は、格差を感じることが多かったが、この経験から、どれほど恵まれた環境で育ったかを痛感した。そして、人々の豊かな暮らしを支えるために、電気の供給に携わりたいと思った。その一方で、環境を犠牲にした発展を認めたくないとの思いを持つ。幼い頃から自然の中で多くの楽しみを見つけ、現在では自然公園を目的に旅行をしているからだ。貴社は国内60箇所に水力発電所を保有し、発電量の2割を補うだけでなく、水力発電の知見を活かしたコンサルティング事業を通じ、海外での水力発電所建設に携わっている。また、風力発電などの新エネルギー事業にも精力的に取り組み、海外での運営に携わっている点に魅力を感じる。水力や風力発電の国内外の企画や営業などを通じて、クリーンな電気の供給を成し遂げたい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. ★大学・大学院で履修した授業の中で特に印象に残っている科目についてご記入ください。 200文字以下
A. A.
ゼミで学んだ国際政治学が印象に残っています。私はゼミで、発展途上国の社会開発におけるジェンダーの役割について研究しています。開発はただ経済状況を向上させるためではなく、すべての人が目的として扱われる環境を作ることにあります。これを実現するために、ジェンダーの観点から行う開発のアプローチを調べ、今後の開発の在り方を考察しています。この研究から、ミクロな視点を持って少数に目を向ける考えを学んでいます。 続きを読む
Q. ★学業以外の活動についてご記入ください。 (趣味・特技・クラブ・サークル・アルバイト等) 200文字以下
A. A.
私は大学で、震災復興ボランティアに力を入れました。大学二年生の時に定期的に現地に行くチームを結成し、幹事長に就任しました。現在では月に二回程現地へ行き、NGOや医師の方などと協力して、様々な事業を行っています。またアルバイトは学習障害や不登校といった問題を抱える生徒を専門にした家庭教師をしていました。生徒の理解に合わせて柔軟に指導方法を考え、結果として生徒は大学受験に合格できました。 続きを読む
Q. ★自分自身について自覚している性格を教えてください。 200文字以下
A. A.
私の長所は常に前向きで、実行力があるところです。その反面、考えなしにまず行動に移してしまうという短所があります。震災復興のボランティアでは現地のニーズに合わせて様々な事業を立ち上げ、実行してきました。しかしその中に私の考えなしの行動で頓挫してしまった事業があります。この経験から、なにかを行う際には調査を怠らないようにし、常に自分が今何をしているのかをチームで確認することを徹底するようになりました。 続きを読む
Q. ★学生時代に力を入れて取り組んできたことは何ですか。 なぜそれに力を入れたのか、どのように取り組んできたのか、その結果などについて具体的に教えてください。 500文字以下
A. A.
私が大学で、物事を確実に進めていく実行力と、様々な関係者と協働する力を身に着けました。これは岩手県陸前高田市での震災復興支援ボランティアの体験がもとになっています。私は大学二年生の時に、大学で公募していた岩手県陸前高田市での活動に参加しました。しかしこの活動は短期間のものが多く、現地の方たちとの信頼関係の構築という面で課題がありました。そこで私は定期的に支援をすることを目的にチームを結成し、その幹事長を務めました。活動開始にあたり、私はまず現地のニーズを積極的に聞き出すことが必要だと考えました。そこで現地のNGOや、住人の方たちに直接お会いしてニーズを聞き出し、そこから様々な事業を立ち上げ活動しました。決して受け身ではいなく、積極的に自分の足を動かし活動内容を創っていくことをチーム全体で心がけました。そして昨年度、チームの社会貢献性が認められ、早稲田大学学長より表彰されました。現在は都市大学や明治大学などの他大学、現地のNGOや医師の方など年齢、立場を超えて、協力し合いながらに陸前高田の復興に尽力しています。この体験は御社の事業にも必ず活かせると考えています。 続きを読む
Q. ★J-POWERを志望する理由、入社後に取り組みたい仕事や実現したいことについて具体的に教えてください。 400文字以下
A. A.
私は貴社の社会貢献度の高さに惹かれ志望させていただきました。貴社は創業当初から戦後日本の復興を支えるためにエネルギーの供給をしてきました。そして現在に至るまで日本全国に電力を供給することにより、産業を支えています。私は震災復興ボランティアを通じて、これまで当たり前だと思っていた生活は様々な人の仕事によって支えられていると気づかされました。中でもエネルギーは必要不可欠なものであり、私はエネルギー事業を通して、多くの人々の当たり前を支える仕事に就きたいと考えるようになりました。私は貴社の事業の中でも再生可能エネルギーに関心があります。特に地熱発電は地熱資源の豊富な日本だけではなく、東南アジアや中南米でも需要があるとされています。私は貴社でチームの一員として、社会を支えるという使命を持って働きたいと考えています。そして最終的には会社の軸として、日本と世界の持続可能な発展に貢献していきたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
18件中18件表示