Img company noimage

ANAホールディングス株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(729件)
  • ES・体験記(50件)

2016年卒 ANAホールディングス株式会社の本選考体験記 <No.1283>

2016卒ANAホールディングス株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • クボタ
  • 日揮プラントイノベーション
  • コマツ
  • ソフトバンク
  • 旭硝子
  • 住友重機械工業
  • 横河電機
大学
  • 電気通信大学大学院

選考フロー

ES(4月) → 1次面接(8月) → 最終面接(8月)

企業研究

ANAとJALの違いについては押さえておく必要がある。また、技術総合職がどのような仕事をするのか(整備士との違いとか)を自分の言葉で語れるように企業研究を行うことが大切である。航空機に興味がある...

志望動機

航空機を安全に運航するために、技術的な面から貢献できるという点で貴社の総合職技術職に魅力を感じています。チームで一丸となって「航空機の安全運航」という目標に向かって取り組むことに大きなやりがいを...

独自の選考・イベント

選考形式

グループワーク

選考の具体的な内容

グループ(5人)で協力して、A4サイズの紙のみを用いて高い塔を作るという内容のグループワークだった。作業時間が20分ほどしかなく、時間がかなり短いため時間管理が非常に重要である。

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
技術系社員2名
面接時間
40分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

どうして航空会社の技術職を志望しているのかを突っ込んで聞かれた。メーカと航空会社の働き方の違いをしっかり説明できるようにするべき。ANAの技術職に求められるコミュニケーション能力があるかどうかは...

面接の雰囲気

面接自体は非常に和やかな雰囲気だった。1次選考は面接、グループワーク、面接という構成で、それぞれ20分程しかなく、非常に時間が短い。面接では入社後にどのような仕事をしたいかを聞かれることが多かった。

1次面接で聞かれた質問と回答

どうして航空会社の技術職を希望するのか理由を教えてください。

航空会社の技術者として、お客様に近い場所で幅広い仕事に携わることができるからです。航空会社の技術職での仕事は、メーカでの設計開発業務よりもお客様に近いフェーズであるため、自分の仕事が航空機の安全運航に直結するということで大きなやりがいを感じています。また、貴社では入社後、現場での整備業務からキ...

入社後のビジョンを教えてください。

入社後は、まず航空機の整備業務を通じて現場力を磨きます。航空機に関する様々な知識や経験を現場での業務を通じて身につけます。現場力を身につけた後は、航空機の技術面に関わる様々な仕事に携わりたいです。将来的には、より快適で便利な航空機の開発に航空会社の技術者を代表して関わりたいです。航空会社の技術...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 4
面接官の肩書
マネージャー
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

最終面接ということで、志望度の高さはかなり見られていたと思われる。自分の場合は、メーカも受けていたので、メーカとの違いや航空会社でなければならない理由を説明する必要があった。結果としては最終面接...

面接の雰囲気

質問内容は1次面接とほぼ同様だった。面接時期が8月の初旬だったため、他社の選考状況は特に詳しく聞かれ、その中でANAの志望度を確認された。JALとの違いについては、自分の言葉で説明できるようにす...

最終面接で聞かれた質問と回答

メーカと航空会社の違いをどう考えているか。

メーカと航空会社の違いは航空機を利用するお客様との距離だと考えています。航空会社の技術者の仕事は、自分が関わった直後にお客様が航空機に搭乗するため、責任感の大きさがメーカでの設計開発業務とは異なります。さらに、お客様に近い場所で仕事していることから、航空機のメンテナンスや整備業務を通じてメーカ...

入社してからどんな仕事をやりたいか。

航空機の安全運航に関わる様々な仕事に取り組みます。入社後はまずは、現場で航空機に関する様々な知識や整備スキルを貪欲に吸収したいです。現場力を磨いた後は、ANAを代表する技術者として新規の航空機の購入計画や、メーカと共同でより良い航空機の開発に携わりたいです。技術者として日々勉強をすることだけで...