2016年卒 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の選考体験記 <No.1160>

業界:
情報処理 専門サービス
本社:
東京都
従業員数:
300人以上1千人未満
URL:
http://www.murc.jp/

2016卒三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 株式会社船井総合研究所
大学
  • 神戸大学大学院

選考フロー

説明会(4月) → ES(5月) → 1次面接[政策研究事業本部質問会](5月) → 2次面接[個人意見交換会](6月)

企業研究

説明会への参加は必須ではないものの、参加すべきだと思う。ESは1次締切と2次締切があるが、1次締切に提出しないと、質問会[1次面接]の案内が届かない。その...

志望動機

地方財政に関する調査研究、政策提言を行いたく志望した。三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)は東京、名古屋、大阪の三つの地域に拠点を有することか...

1次面接 通過

形式
学生5面接官6
肩書
ベテランの研究員
時間
60分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

第一に、姿勢が問われていた。「質問会」という名前のため、あまり積極的に発言しない学生も見受けられた。しかし、面接官の研究員の方々は時折メモをとっており、手...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

時折、笑いが起こる等、談笑のような形で進行された。司会役の研究員の方が進行させていき、学生側は冒頭に自己紹介をする以外は逆質問を行う。研究員の方は逆質問の...

1次面接で聞かれた質問と回答

(逆質問)三菱UFJリサーチ&コンサルティングならではのビジネスモデルとそれに関連する業務のやりがいについて教えてください

(研究員の回答)弊社は環境・資源・エネルギー、社会政策、官民協働、ものづくり、防災、農林水産業、観光、交通、運輸、物流、開発援助政策、国土政策、都市地域政...

(逆質問)三菱UFJリサーチ&コンサルティングの強みは、東京、大阪および名古屋に拠点を持つこと、またITソリューション部門を持たず政策研究およびコンサルティング業務に特化されている点だと存じ上げておりますが、なぜ数多くのシンクタンクの中からMURCを選び、入社されたのか差し支えなければ個人的な理由を教えてください。

(研究員の回答)当時、三和研究所であり、シンクタンクの中でも比較的活気のある研究所でした。インターネットの無い時代で、電話でアポイントメントをとり研究員の...

2次面接 落選

形式
学生1面接官2
肩書
ベテランの研究員
時間
50分
通知
メール

評価されたと感じたポイント

1次面接では聞かれなかった自己PRについて問われた。シンクタンクの業務やMURCの特徴についての理解も逆質問をする上で不可欠であったと思う。結果的に、2次...

2次面接を圧迫面接と感じましたか?

1次面接と同様に比較的和やかであった。1次面接は集団面接であったが、2次面接は個別面接であり、さらにリラックスした雰囲気で行われた。今回は1次面接の際に応...

2次面接で聞かれた質問と回答

自己紹介も兼ねて、学生時代に打ち込んできたことをエピソードを交えながら教えてください。

私が学生時代に打ち込んできたこと、それは専攻の経済学を追究したことです。疑問点を解決するために指導教員の研究室を積極的に訪問し、図書館や自習室で経済学の勉...

学業以外で頑張ったこととそのエピソードから分かるあなたの魅力を教えてください。

大学生協食堂のアルバイトを大学院での研究と両立しています。勤務中に気が付いた細やかな点を欠かさずメモし、接客および店舗運営へ活かし続けました。結果的に、そ...