MESSAGE
キレイゴトの追求
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社のロゴ写真

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社

こんな会社です

  • 会社について
  • 当社の強み・当社の課題
  • 向いている人・向いていない人
  • ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社の会社について写真1
  • ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社の会社について写真2

ケンブリッジは未来に向かって変わろうとするお客様のプロジェクトを成功に導く会社です。
「プロジェクトを成功させる」ことにこだわっていて、高い成功率を誇り、「プロジェクトの成功請負人」を自負しています。また、お客様が望んでもそれが正しい道でないと判断した時は、あえて仕事を引き受けません。
「お客様にとって正しいことをする」。この姿勢がケンブリッジがお客様より信頼いただく所以です。

社員・元社員による会社の評価

評点をもっと見る
総合評価
3.4
成長性、将来性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
給与水準
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
安定性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
仕事のやりがい
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
福利厚生
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.0
教育制度
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4
企業の理念と浸透性
inactive
inactive
active
inactive
inactive
3.4

社員の口コミ・評判

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社の口コミ・評判

事業の成長・将来性

投稿日:2018年8月22日
回答者:
  • 20代前半
  • 女性
  • 4年前
  • ビジネスコンサルタント

【良い点】親会社が大きいため、業績が悪くなったとしても吸収されるだけで済むので、安定性としてはある。【気になること・改善したほうがいい点】一方で、知名度や...

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社の口コミ・評判

年収、評価制度

投稿日:2018年8月22日
回答者:
  • 年収??万円
  • 20代前半
  • 女性
  • 4年前
  • ビジネスコンサルタント
  • 社員クラス

【良い点】プロジェクトごとに評価を書面、対面でもらえる。現状は不明だが、当時はコンピテンシー評価とプロジェクトにおける生産性などが評価項目としてあげられて...

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社の口コミ・評判

福利厚生、社内制度

投稿日:2017年4月24日
回答者:
  • 30代後半
  • 男性
  • 2年前
  • ビジネスコンサルタント

【良い点】UNISYSの子会社であるため、UNISYS保有の制度が自由に利用できるため、福利厚生は充実しているといえる。社内の制度という意味ではまだまだこ...

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社の口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2015年10月14日
回答者:
  • 20代後半
  • 男性
  • 8年前
  • ビジネスコンサルタント

【良い点】
少数精鋭でファミリーのような関係で業務にあたれる。独自の方法論をもち、コンサルタントとしての実力を伸ばすことができる。
【気になること・改善...

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社の口コミ・評判

仕事のやりがい

投稿日:2014年9月10日
回答者:
  • 30代前半
  • 男性
  • 5年前
  • ビジネスコンサルタント

基本的にはチェレンジを求められる仕事をすることが多く、その部分に面白みを感じられる人でないとコンサルタントとしては続かないと思う。
プロジェクトにより、担...

みんなの就活速報

会員番号:579334さん / 文系

2次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年3月9日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

ケースが出される

会員番号:562010さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年2月18日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

話しやすかった。私という人間を知ってくれようとしていた。

会員番号:518876さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2019年2月7日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
和やか
質問内容
学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

会社の雰囲気はとてもいい、厳しいルールはあまりないらしいです。 能力を重視し、志望動機はいらない。採用ステップも独特。能力を重視するから、今はすごくプレッシャーを感じている。

会員番号:500595さん / 文系

内定した学生の就活速報

投稿日:2018年9月12日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
雑談に近い
質問内容
学生時代のエピソード将来やりたいこと

5日間のサマーインターンが本選考直結のもので、インターン生のうち何人かが後日社長との最終面接に案内される。最終面接と言ってもとてもカジュアルで、自分が小さい頃の話から将来の目標までじっくりお話しした。

会員番号:489923さん / 文系

内定した学生の就活速報

投稿日:2018年9月10日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
和やか
質問内容
将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

インターン後に社長面接に呼ばれた。和やかな雰囲気で、学生時代に頑張ってきたことや「卒論は何にするか」「生涯で成し遂げたいことは何か」などを聞かれた。自分の考えや目標について深掘りされた。

会員番号:489923さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年8月31日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール1週間以内
雰囲気
和やか
質問内容
その他学生時代のエピソード自己紹介(自己PR)

面接で、志望動機を聞かれなかった。 しかし、自社パンフレットに対する思案を求められた。これは擬似コンサルティング依頼をすることで、候補者の論理的思考力や、コンサル志向を判断していると思われる。

会員番号:501504さん / 文系

内定した学生の就活速報

投稿日:2018年8月28日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
雑談に近い
質問内容
将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

本選考直結型のインターンから複数名に最終面接のオファーを頂き、社長と最終面接を行い、その場で内定。 雰囲気はとても和やかで学生との距離感も近い。自分が聞きたいことに率直に答えてくれてとても良かった。

会員番号:391607さん / 文系

内定した学生の就活速報

投稿日:2018年5月8日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

志望動機はほとんど聞かれず、今までの経験を深堀される面接でした。

会員番号:240819さん / 理系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2018年4月2日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話即日
雰囲気
和やか
質問内容
その他

その場での通知(論文エントリー)。分かりやすく話すこと。

会員番号:190322さん / 文系

内定した学生の就活速報

投稿日:2017年4月29日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
直接即日
雰囲気
雑談に近い
質問内容
その他

「学生時代にきちんと勉強してる人を採用する」と面接官の方はおっしゃっていた。恐らくだが、分野は問わず、いわゆるロジカル・シンキングだけではなく、抽象的な思考能力を醸成してきたかを見られていた。

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社

コンサルタント
通過
Q. ○問題 個人経営でパンを製造、販売している会社のコンサルティングを依頼されました。 (いわゆる、商店街にありそうなパン屋さんです。1店舗しかありません) パンは年々売上が低下しており、売上を増やしたいとの意向です。 お客様との初回の打ち合わせはどのような議題にしますか。 また、そのためにどのような準備をしますか。
A. お客様との初回の打ち合わせは、売上を下げている可能性がある要因を探る現状分析を議題にし、そのためにリピート率把握、店内サービスや競合調査、時流分析の準備をする。 状況設定として、クライアントは商店街にある地元に根差した個人経営のパン屋さんであり、立地は悪くなく人の流入を見込めると定義する。 売上の要素を考える。売上に関わる要素は内的要因と外的要因に分けることができる。まず内的要因であるが、新規顧客獲得、リピート率、商品の質と品揃え、価格設定、接客、店内環境がある。地域に根差した個人経営店ということから考えるに、ビジネスモデルは既存顧客に重きを置いている可能性が高い。そのため売上減少には新規顧客獲得よりリピート率に問題がある可能性がある。リピート率把握のために、会員制度やアンケートなどを実施ししているのであれば、事前にリピート率についてのデータをクライアント側へ要求するべきだろう。次に購買行為に大きく関わってくる商品の質と品揃え、価格設定の要素である。商品の質と品揃え、価格設定が妥当かは、後に述べる競合の存在と一緒に合わせて調査する必要があるだろう。ただ商品の質と品揃えについては定量的に量るだけではなく、お店の本質についても考慮していくべきである。そして店内サービスである接客と店内環境について考える。接客とは店員の態度やオペレーションの早さ、店内環境は清潔さや雰囲気を示す。これについては事前に来店し調査することができる。 次に外的要因を考える。売上に関わる外的要因は、立地・競合・時流である。立地は人が流入するということで問題があるとは考えづらい。競合についてだが、同じような個人経営パン屋やスーパー・コンビニの存在が考えられ、競合に客が流れている可能性がある。競合がどのような価格、品揃え、施策を打っているかを調査する必要があるだろう。時流とは、地域自体の人口減少やパンへの需要減少等が考えられ、お店の施策ではどうしようもない要因のことである。クライアントを取り巻く時流の現状を把握する必要もあるだろう。 以上より、お客様との初回の打ち合わせは、リピート率、店内サービス、競合との比較、時流を中心とした売上を下げている可能性がある要因を探る現状分析を議題にする。そのためにリピート率把握、店内サービス調査、商品の質や品揃え施策を比較する競合調査や、時流分析の準備をする。

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社

コンサルタント
通過
Q. 個人経営でパンを製造、販売している会社のコンサルティングを依頼されました。 (いわゆる、商店街にありそうなパン屋さんです。1店舗しかありません) パンは年々売上が低下しており、売上を増やしたいとの意向です。 お客様との初回の打ち合わせはどのような議題にしますか。 また、そのためにどのような準備をしますか。
A. お客様との初回の打ち合わせの議題は「情報収集」にしようと考えました。具体的にどんな情報を集めるのかというと、「経営者のやりたいこと」「過去に取った問題解決方法とその結果」「購買客層」「パンの種類ごとの売り上げ」です。 「経営者のやりたいこと」これは最も大切なことだと考えます。仮に問題解決策を示したとしても、それが会社の経営理念と反していたりしたら無用のものとなってしまうからさけでなく、ただ「売り上げを伸ばす」ことだけでなく「経営者の理想の会社にして売り上げを伸ばす」ということをした方が、顧客満足度の向上につながり、またコンサルタントとしてのやりがいが生まれるからです。初めに、どのような会社にしたいかのイメージをお客様と共有することは必須だと思います。また、どういうお店にしたいか、どういう考えでお店を開いたのか、どのパンを一番売りたいのか、といった経営理念のヒアリングが最優先です。 次に尋ねるべきことは、「過去に取った問題解決方法とその結果」だと考えました。自身が打ち出した解決策が過去に行ったものと同一では全く意味がなくなってしまうためです。そして、その方策の結果どのような変化が起きて失敗に至ったのかを確認することも重要な情報となりうると考えられます。 最後に「購買客層」や「パンの種類ごとの売り上げ」といったより具体的な情報を集めていきたいと考えます。ここで、「売り上げの少ないパン多いパンを集めその共通点を探り何が売れ、何が売れないかを探る」や「経営者の方が一番売りたいパンの売り上げが伸び悩んでいた場合はそのパンを目立たせる」、「どの年代のどの性別の顧客様が多いのかを分析し、客層に合ったパンを多く作る」などといった具体的な方策が浮かんでくると思います。 そのため準備するべきものは、過去の個人経営に対してコンサルを行った際の解決策とその結果、それに加えて成功しているパン屋さんの陳列等のマーケティング方法です。情報を収集した後には、具体的に何をどうするかといった話に移るかと思うのですが、その際に参考となるのが過去の事例と成功している店舗のモデルです。また、実際に成功している店舗の様子という具体例を持ち出すことで経営者の方「こんな風なお店はあなたの思い描くお店と合致しますか」といった質問もでき、より建設的に話が進むと考えられます。

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社

サマーインターンシップ
通過
Q. 「だるま」を製造、販売している会社のコンサルティングを依頼されました。「だるま」は年々売上が低下しており、売上を増やしたいとの意向です。お客様との初回の打ち合わせはどのような議題にしますか。また、そのためにどのような準備をしますか。(1000字以内)
A. 当該企業の「だるま」の売上増を目指す上で、まず第一に考えなくてはならないのがなぜ売上が年々低下しているのかという原因分析である。よって、クライアントとの初回の打ち合わせでは原因特定に向けた経営状況のヒアリングを行い、考えられる原因をクライアントと共有することを目的としたい。したがって、初回の打ち合わせの議題は「現状分析によるだるまの売上低下の原因特定」とする。 この打ち合わせを行うにあたって、考えられるだるまの売上低下の原因を事前にリサーチし、仮説立てを行っておく必要がある。原因を仮説立てるプロセスにおいて、私は「外部環境分析」および「内部環境分析」の二つの側面から企業を分析することが重要であると考える。 まず、だるま市場の外部環境について考えていきたい。第一に、だるま市場自体が衰退市場であることは大きく考えられる。世代交代によって、だるまの縁起物としての価値は薄れつつあるのではないか。すなわち、若い世代の人々がだるまに縁起物としての価値をあまり認めておらず、それが売上の低下に直接関係しているということが想定される。だが一方では、絵馬などといった仏教と深く結びつく事物への価値は、縁起物として若い世代にも未だ根強く認められているという現状がある。そこで、だるまもそのルーツは仏教にあることを考えれば、ここに縁起物としての宗教的ブランディングの余地は大きく存在する。 次に、当該企業の内部環境について考えていきたい。だるまは、伝統工芸品としての側面が強い。その伝統性を大切にするあまり、新たな消費者の嗜好やニーズに対応できていないのではないかということが考えられる。また、だるまの売上における売上先の構成は非常に大きな意味を持つ。年々低下している売上は、どの層に対するものなのか特定する必要がある。 以上の「外部環境」および「内部環境」においてそれぞれ考えられる原因をヒアリングによってより明確にし、クライアントと共有していくことがまず第一に必要だ。そのためには事前に原因のリサーチ、仮説立てを行うことが不可欠であり、打ち合わせでのヒアリングに基づきそれらの仮説をスクリーニングしていく必要があると考える。

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 本選考体験記

会社情報

基本データ
会社名 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社
フリガナ ケンブリッジテクノロジーパートナーズ
事業内容 ケンブリッジのコンサルティングサービスの対象は、業務変革と新規事業開発です。業務変革とは、あるべき姿をお客様と一緒に見定め、そのあるべき姿に向かって、現状の業務を大きく変えるお手伝いをすること。一方、新規事業開発は、0から1を生み出すことを支援するものです。戦略の立案からシステムの企画・設計、開発・実行までトータルに扱います。お客様の人材育成にも貢献するのが、他社にないケンブリッジの特徴です。
設立 1997年7月
資本金 1000万円
従業員数 100人
代表者 鈴木努
本社所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目14番32号
事業所 ■関西オフィス
大阪府大阪市北区大深町3-1
平均年齢 36.0歳
平均残業時間(月) 29時間
お問い合わせ先 ●E-mail: new_grad@ml.ctp.co.jp
URL https://www.ctp.co.jp/
自社採用ページURL https://www.ctp.co.jp/career/