東京エレクトロン株式会社のロゴ写真

東京エレクトロン株式会社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(289件)
  • ES・体験記(23件)

2020年卒 東京エレクトロン株式会社の本選考体験記 <No.6739>

2020卒東京エレクトロン株式会社のレポート

年度
  • 2020年度
結果
  • 内定辞退
内定先
  • 富山村田製作所
  • SCREENホールディングス
  • SCREENセミコンダクターソリューションズ
  • YKK
  • 東京エレクトロン
  • 日立国際電気
  • キヤノン
  • 三菱電機
大学
  • 金沢大学大学院

選考フロー

ES → 1次面接 → 最終面接

企業研究

まずはじめに,半導体製造装置業界とはどういう業界なのかを理解することから始めました。半導体製造装置業界は,一つの業界ですが,企業によって製造している装置の担当工程は全く違うものを作っています。 ...

志望動機

御社を志望する理由は,最先端技術を求めて研究開発に力を注ぎ,エレクトロニクス産業を牽引している姿勢に魅力を感じたためです。 御社は半導体製造装置業界で売上高アジア1位,世界4位という高いシェア...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
技術者1人/人事1人
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

明るくはきはきと回答した点だと思います。面接のフィードバックでもその点が特に評価されたという風に言っていただけました。

面接の雰囲気

面接の雰囲気は終始和やかでした。 私が話した内容に対してあいづちも多く,興味をもって聞いていただき,気持ちが良い面接でした。

1次面接で聞かれた質問と回答

どうして半導体製造装置業界なのか?

私が就職活動の中で,半導体製造装置業界を志望する理由は,半導体製造装置は社会への影響力が大きいと考えているからです。 世界中の人々の暮らしは電子レンジやなどの家電をはじめ,携帯電話・スマートフォンを例に,半導体の成長によって発展してきたと言っても過言ではないと私は考えています。その半導体の性...

1分程度で自己PRをしてください

私は周囲を巻き込み何事にも挑戦する力があります。 この力を最も発揮したのが映画製作での経験です。私は友人を呼びかけ文化祭の映画大会に出場しました。しかし,最初は一人一人の熱意の差や演技への羞恥心が感じられ順調に映画作りを行えませんでした。そこで私は,一度撮影を止めて意見交換を行う場を設けまし...

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
技術者1人/人事1人
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

面接のフィードバックにおいて,コミュニケーション能力の高さを評価していただきました。その点をアピールできれば良い印象を与えられると思います。

面接の雰囲気

面接の雰囲気は終始和やかでした。最終面接でしたが,面接官はかたくなく,物腰柔らかい方たちでお話していて楽しかったです。

最終面接で聞かれた質問と回答

どうしてエレキエンジニアなのか

私は小さいころからものづくりが好きで,なにかものをつくる職に就きたいと考えていたからです。 第2希望はプロセスエンジニアであり,プロセスエンジニアもヒトとかかわりあいながら,よいものを目指していくという点で非常に興味を抱いております。 しかし,第1志望は自分が今まで学んできた電気系の技術を...

最初の配属は国内だが,東京エレクトロンは海外勤務が結構多い。海外の暮らしについてどう思う?

私は海外でも働き,世界で通用するグローバルな人間になりたいと考えています。 そのため,海外で働く機会があれば,是非海外で働きたいと考えています。 また,海外の暮らしに対する抵抗は特になく,むしろ楽しみにしている部分の方が大きいです。 自分は今のところ,海外に行った経験はありません。そのた...

内定者のアドバイス

内定後の企業のスタンス

内定後,他の企業の選考を受けるので待っていただきたいとお伝えしたところ,承諾していただき待ってもらえた。

内定に必要なことは何だと思いますか?

東京エレクトロンに内定するために1番大事なことは,早め早めの行動だと思います。 東京エレクトロンは経団連に入っていないため,就活の時期も特に制限はありません。インターンシップ参加者のみ,通常の...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

一番大きかったのは,早め早めに行動していた点だと思います。 特に私は,秋のワンデイインターンに参加し,東京エレクトロンの企業研究を行い,早い段階で選考を受けることを決断していました。 そのた...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

この企業はインターンシップ参加者から選考が始まりました。 そのため,この企業を第一志望と考えているのであれば,必ずインターンシップに行くことをおすすめします。 選考は複数回ありますが,やはり...