Img company noimage

株式会社神戸製鋼所

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(629件)
  • ES・体験記(26件)

2016年卒 株式会社神戸製鋼所の本選考体験記 <No.130>

2016卒株式会社神戸製鋼所のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 大林組
  • 三菱商事マシナリ
大学
  • 立教大学

選考フロー

説明会(4月) → 1次面接(6月) → 2次面接(6月)

企業研究

鉄鋼大手3社、新日鐵住金、JFEスチール、神戸製鋼の中でなぜ神戸製鋼に行きたいのかを明確にすること。OB訪問が出来るなら、OB訪問で各鉄鋼メーカーの違いや特徴など説明してもらった方がよい。

志望動機

私は社会貢献性の高さに魅力を感じ、鉄鋼メーカーや素材メーカーを志望している。中でも御社を志望する理由は2つある。①幅広い素材を扱っている。鉄だけでなく、銅やアルミニウムを扱っており、産業を幅広く...

1次面接 通過

形式
学生 3 面接官 2
面接官の肩書
機械事業部門3年目
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

志望動機などは深く聞かれず、学生時代頑張ったことを2つ聞かれた点から、コミュニケーション能力や人間性などを評価しているのだと思った。ただESで興味を持っている事業や職種について記入していたので、...

面接の雰囲気

面接を担当してくださったのが若手社員であったが、「僕らもまだ若手だし、全然かしこまらなくていいからね。」と緊張を解してくれたり、自分の回答に常に肯定的な反応をしてくれた。

1次面接で聞かれた質問と回答

学生時代に力を入れたことを教えて下さい。

3年後期のゼミ活動でリーダーとして「メンバーのやる気を高めること」に取り組んだ。何故なら、3年前期にもリーダーを行ったが、メンバーのやる気を高められず、良い結果を生めなかったからである。後期の活動では、自分の考えを押し付けるのではなく、メンバーの考え方や状況を理解することに努めた。何がメンバー...

それ以外で他に力を入れたことを教えて下さい。

留学先に所属していたサッカー部で「レギュラーを獲得すること」に力を入れた。なぜならこれまでに15年間サッカーを続けており、海外でも自分の力が通用するか試したいと考えていたからである。しかし入部当初はベンチであった。そこでレギュラーと比較を行った結果、私の競り合いの弱さが原因であると分かった。そ...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
機械事業部門(中堅社員)
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

1次面接と比べて、どんな事業部門でどんな職種で働きたいか?など会社に関する質問が多かった点から、会社の理解が出来ているのか?仕事内容を理解できているのか?といったところを見ているのだと思う。また...

面接の雰囲気

私の回答に対して深掘りされることもあったが、終始笑顔で対応してくれた。時間も60分と長かったが、ESに記載したことを満遍なく聞かれ、逆質問の時間も15分程度あった気がする。

2次面接で聞かれた質問と回答

なぜ機械事業部門に興味を持っているのか?

私が機械事業部門を志望するのは、海外拠点が多く、その拠点は世界の様々な地域に広がっているからである。私は留学していた際に、日本製品を褒めていたり、日本製品を使っている多くの多国籍の友人を見て、世界での日本製品の評価の高さを知り、自分のことが褒められているように誇らしく思った。そのような経験から...

なぜ営業に興味を持っているのか?

私が営業に興味を持っている理由は、社内外の人と喜びを共有できると考えるからだ。会社の製品が採用された時、新たな受注を獲得できた時に、より多くの人々と喜びを共有できると考えるからだ。例えば営業職は実際に製品を使って頂くお客様と接する職種であるので、製品導入によってお客様の問題を解決できた際には、...