Img company noimage

JFEスチール株式会社

  • 2.6
  • 口コミ投稿数(436件)
  • ES・体験記(47件)

JFEスチールの本選考体験記

本選考体験記

7件中7件表示
Img square screening

18卒 内定辞退

事務職
Img human 18卒 | 大阪大学 | 男性   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 鉄鋼業界について様々な資料を使って調べた。例えば、競合他社を含める各企業のホームページは何度も読んだ。JFEスチールは日本では新日鉄住金に次ぐ2番目の鉄鋼メーカーであるが、2番たる所以はなんなのか、より売上をあげるにはどうすればいいかを考えた。特に新日鉄住金と違うのは工場の数と場所がまったく違う。JFEスチールは関西と関東に大きな工場を持っているのが特徴なので、その強みをどう活かせるかはかなり考えた。また経済産業省が出している鉄鋼...
Img square screening

18卒 内定辞退

技術職
Img human 18卒 | 京都大学大学院 | 男性   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 大学の専攻が材料工学だったこともあり、何度もリクルーターの方が学内での企業説明会を開催してくださったので、それにほぼ毎回参加させていただいた。もちろん企業の採用HPやパンフレットには目を通したが、勤務実態や1日のスケジュールなど入ってみないとわからないような部分に関しては、実際に働いておられる社員の方から直接聞いた話によって仕入れた情報がほとんどだった。また、実際に製鉄所の見学をさせていただいたり、懇親会で社員の方々の素の雰囲気に...
Img square screening

16卒 内定辞退

Img human 16卒 | 明治大学 |   内定辞退
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. リク面が多い企業なので、しっかりと質問を考えた上で臨むこと。逆質問だけのリク面もあったのでそこでしっかりと、企業を知っているアピールをするべき。私は各回15項目は質問を考えていました。また、競合他社を受けることで鉄鋼メーカー全体に対する理解が深まるので、この業界に興味があれば他社も受けるべき。
Img square screening

18卒 最終面接

総合職
Img human 18卒 | 大阪大学大学院 | 男性   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. JFEスチールは新日鐵住金と違って2番手なので、新日鐵住金ではなく、JFEスチールに行きたい理由を言えれば合格できたと考えています。最終面接も簡易的なもので新日鐵住金も受験していると本音を言った学生は軒並み落とされていたように思う。選考フローを進むには東日本製鉄所の工場見学に参加しなければいけない。そこでは、新日鐵住金とは違い、ただお客さまとして見学する感じだったが、最終面接には工場見学に参加していた社員も面接官として加わるので積...
Img square screening

17卒 最終面接

Img human 17卒 | 北海道大学 |   最終面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 説明会に出た後に、リクルーターとの面談が複数回あるので、そこできちんと企業研究を行うことが大事だと思う。私はリク面では社員の話を聞き、生産管理や営業・調達など多くの仕事内容を聞き、企業の全体像を把握することに努めた。また、同業他社の話を聞いたり、社員さんが就職活動時にどのような企業を中心に受けていたのか等も聞くとためになると思う。その上で、面接では自身のやりたいことや将来像を話していた。そうすると説得力のある話が出来て、社員さんか...
Img square screening

16卒 3次面接

Img human 16卒 | 九州大学 |   3次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. また、競合他社との差別化をはかるため競合他社の説明会に参加してその企業の強みと弱みを第三者的視点から見つめることを心がけた。また、パンフレットをよく読み面接官に刺さる志望動機を練るようにした。性質上、多様な業界の、多様な企業と関わり合いの深い企業なので、メーカーを中心に多くの会社を知ることで、企業理解が深まるかと思います。メーカーや商社と何が違うのか、製鉄メーカーで自分は何がしたいのか、どう貢献していけるのかをしっかりと練りこんで...
Img square screening

16卒 1次面接

Img human 16卒 | 早稲田大学 |   1次面接
Q. 企業研究で行ったことを教えて下さい。
A. 鉄鋼業界で同業他社の新日鉄住金、神戸製鋼所との違い。鉄鋼の専門商社との違い。総合商社との違い。この三つの違いを意識して、企業研究を進めるべきであると考えます。特に、新日鉄住金とは規模感が似ているだけでなく、特徴もほぼ一致しているため、明確な違いを見出すことが求められると思います。企業のホームページやIR資料を詳細に見るだけでも充分違いは見つかるので、かならずしも説明会には参加しなくても大丈夫だと思います。
7件中7件表示