Img company noimage

株式会社ボストン・コンサルティング・グループ

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(131件)
  • ES・体験記(33件)

株式会社ボストン・コンサルティング・グループのインターン体験記

2017卒 ボストン・コンサルティング・グループのレポート

卒業年度
  • 2017卒
開催時期
  • 2015年09月
コース
  • コンサルタント
期間
  • 3日
参加先
  • 三井住友銀行
  • アクセンチュア
  • 経営共創基盤
  • ボストン・コンサルティング・グループ
  • ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド
  • 三井物産
大学
  • 早稲田大学

インターンシップ参加前

インターンに参加した理由を教えてください。

ネームバリューと支給される給与に惹かれたため。また、このインターンへの参加者はみな優秀なので、今後のビジネスマンとしての人脈にもつながると考えていた。

受ける為に準備したこと、また合格に繋がったと思うことはありますか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップを受ける為の準備の具体的な内容を教えて下さい。

選考フロー

筆記試験 → 1次面接 → 最終面接

筆記試験 通過

筆記試験の内容

テストセンターで言語、非言語、性格診断。

筆記試験対策で行ったこと

他社の選考で受験済みで、対策は行わなかった。

1次面接 通過

形式
学生5 面接官1
面接官の肩書
不明
面接時間
60分
通知方法
メール
通知期間
1週間以内

評価されたと感じたポイント

簡単な質問しかされず、選考の大部分は筆記でのケース問題によって左右されたいたようだ。それでも簡単な質問がなされたのは、最低限のコミュニケーション能力を確認...

面接で聞かれた質問と回答

牛丼チェーン店の新メニュー導入の是非

新メニューは、人件費を圧迫するが、利益率の高く十分に需要が見込めるものであった。そのトレードオフを数字に置き換えて大小を比較し、結論を出した。筆記形式での...

世界や自分の所属する団体にとって、最重要な課題は何ですか?

大学において、就職活動を早く始めることが、揶揄されていることが問題だと答えた。この問題は、御社にとっても由々しき問題である、と説明し、同意を求めた。同席し...

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

最終面接 通過

形式
学生1 面接官1
面接官の肩書
不明
面接時間
40分
通知方法
電話
通知期間
1週間以内

評価されたと感じたポイント

コンサルティングファームということで、志望動機は尋ねられなかった。回答は深堀されるというより、一緒に作り上げるものであった。穏やかな雰囲気で面接は進むが、...

面接で聞かれた質問と回答

国内の年間結婚式の実施数

結婚数に結婚式実施率を掛けることで求めようとした。当初は年齢別で求めようとしたが、難航したため、周囲の実感値から計算し直した。最終的な数字は実際の値から遠...

国内に存在するサッカーボールの数

まず、国内で販売されたサッカーボールの数を求めると再定義した。フットサルボールはサッカーボールに含むこととした。サッカーとフットサルの競技人口から、ボール...

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップの形式と概要

開催場所
溜池山王の本社
参加人数
24人
参加学生の大学
東大の院生が半分。残り半分が、海外の学部生や国内院生、学部生であった。
参加学生の特徴
他の外資系金融機関、外資系コンサルティングファームのインターン経験者が多く、日本トップレベルの学生が集まっていた。
報酬
50000円

インターンシップの内容

テーマ・課題

カメラメーカーの売上増加

1日目にやったこと

社員さんの自己紹介、その後各チームのチューターとのランチ。午後からは各自グループワーク。調査のために社外へ出ることも許された。

2日目にやったこと

一日中グループワークだが、昼間に多様なキャリアを持つ社員とのランチが行われた。社員さんが途中入れ代わり立ち代わりフィードバックを下さるが、みな意見は異なる。

3日目にやったこと

プレゼンの準備と、その後プレゼン。プレゼン中に並行して個人面談が行われ、その後飲み会が行われた。飲み会後には、学生だけで二次会も催された。

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

パートナー

優勝特典

なし

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

フィードバックはあまり多くなかった。自身のワークに関して自信が無かったため、チューターからの評価を尋ねたが、やはり一定の評価に留まってしまっていたようだ。...

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

二日目の徹夜後、動かない頭でプレゼンの資料を作成するのは大変なことであった。コンサル業界が激務と言われる理由は多少理解できたと思う。自分の体力面に不安が元...

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

論理だけが大事なのではなく、実行の部分で困難が存在する提案も却下されるということ。特に、社員の方が以前検討したような提案は、絶対に不可能だと叩き潰された。...

参加前に準備しておくべきだったこと

最低限オフィスは使いこなせるようにしておくこと。特に、パワーポイントを使いこなせるようにしておくことは、チームへの貢献度を考えると重要。

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

先述のように、社風と合わなかったため。ただ、優秀な社員さんの集まる素晴らしい成果を出す会社でとは認識しており、将来的にビジネスパートナーになる機会があれば...

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップに参加せずに採用される可能性は非常に低く、インターンへの参加が選考フローの中枢を担っているため。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

内定を獲得すれば、もちろん担当となった社員との交流はある。しかし、選考が進まなかった場合は、特段交流は無い。その後の他の季節の選考の案内は届く。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

外資系のコンサル、金融を志望していた。若いうちから成長でき、満足な給与が得られ、かつ将来的には経営者になりうるようなキャリアを目標にしており、そこから逆算...

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

コンサル以外の業界をより見るようになった。業界として、自分の性格と合わない可能性が浮上したためである。結果的には社風の異なるコンサルティングファームに入社...