MESSAGE
いつか、あたりまえになることを。
株式会社NTTドコモのロゴ写真

株式会社NTTドコモ

  • 4.1
  • 口コミ投稿数(2485件)
  • ES・体験記(142件)

2020年卒 株式会社NTTドコモの本選考体験記 <No.7116>

2020卒株式会社NTTドコモのレポート

年度
  • 2020年度
結果
  • 内定辞退
内定先
  • 日本放送協会
  • NTTドコモ
大学
  • 東京大学

選考フロー

座談会・懇親会 → ES → WEBテスト・SPI → 1次面接 → グループディスカッション → 2次面接 → 最終面接

企業研究

通信業界の中でも特にドコモを志望する理由がきちんと語れるよう、他の通信会社に比べたドコモの強みを言語化しておくようにした。また、入社してから叶えたい夢、それを叶えるために自分はどのような役割で貢...

志望動機

私はSNSが発達する中でも、人と人が直接会うことを大切にできるような世の中を実現したいと考えています。これを思ったきっかけは兄と離れて暮らした経験です。私の兄は大学入学時に一人暮らしを始めました...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
マネージャークラスの現場社員
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

事前に1分間で学生時代のチャレンジエピソードを話せるように用意してくるようメールで連絡され、それを話すところから始まった。そこがきちんと話せていて、その深掘り(自分はどのような役割を果たしていた...

面接の雰囲気

すごく和やかだった。こちらの話を興味深そうに、笑顔で聞いてくれ、質問の仕方も優しかった。学生がどんな人間かを見ているようだった。

1次面接で聞かれた質問と回答

これからやりたいこと、実現したいことは何か

私は離れている人と人が直接あっているかのようにつながることのできる世の中を実現したいです。私は兄と離れて暮らしており、SNSでいつでも連絡が取れる状態であるからこそ兄と直接会う機会が減り、兄を遠く感じるようになりました。この経験を通して、SNSで気軽に連絡が取れる時代であるからこそ直接会うこと...

実現したいことを叶えるには例えばどのようなサービスがあると思うか

例えばお互いの家と家に機器を設置し、ARの技術を使って空間としてつなげるサービスを考えています。電話のようにモニターの中だけで会話するのではなく、空間に相手がそのまま映し出されてまるで会っているかのようにつながることのできるシステムを作り出すことができれば、より離れている人と人のつながりが充実...

グループディスカッション(6名)

テーマ

ドコモがうみだす10年後あたりめになっているビジネスを創造せよ

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

事前にメールでテーマが与えられていて、それについて各自案を考えてくるよう指示されていた。6人の中できちんと議論に参加できているか、結論に到るまでにそれなりに役割を果たせているかは関わっていたよう...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
マネージャークラスの現場社員
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

1:1の対話だと感じたので、面接官の質問やコメントにしっかりと反応し、質問の意図を汲んで的確に答えられるよう意識した。逆質問では未来の展望を聞いていた。

面接の雰囲気

一次面接の時と同様、年次は高めだがかなり和やかだった。こちらの話をしっかりと聞いてくれ、それに対する自分の意見を述べてくださる場面もあった。

2次面接で聞かれた質問と回答

自己紹介とドコモに入ってやりたいこと

〇〇大学〇〇学部から参りました〇〇と申します。自己紹介と致しましては、私は現在〇〇部に所属しており、今も毎日部活をしながら就職活動を行なっております。 私は、御社で特にお客様に近いところで働き、貴社の高い技術とお客様のニーズをマッチングさせ、お客様の暮らしに御社の技術を広めていくことに貢献し...

お客様のニーズとのマッチングをしたいと考えたきっかけは?

御社の高い技術とお客様のニーズをマッチングさせたいと考えたきっかけは、〇〇部での新人勧誘の担当を務めた経験です。新人勧誘においては、新入生が団体を選ぶ際に求めているもの一から考え、イベントの設計や広報物の作成を行いました。この時、どんなに良いものであっても人に選んでもらうにはその人のニーズに合...

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
不明、一次や二次より若かった
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

最終面接ということもあり、今までに比べれば切り込んだ質問が多かったが、事前に様々な想定をして準備をしていったので答えにつまる場面はそれほどなかった。自信を持って具体的に答えられたことが評価された...

面接の雰囲気

個室で1:2の面接だったので今までに比べれば厳かだが、圧迫感は全くなく、優しく話を聞いてくれていた。

最終面接で聞かれた質問と回答

他の通信会社は受けているか、また数ある通信会社の中でドコモを志望する理由は何か

私が通信業界で選考を受けさせていただいているのは御社のみです。私が数ある通信会社の中でも御社を志望する理由は、顧客基盤が広く、お客様満足を一番に考えている点に非常に魅力を感じたためです。私は離れている人と人をつなげたいという夢があり、この実現には広い範囲でお客様にアプローチする必要があると考え...

どんな働き方がしたいか、仕事に限らずどんな人生を送りたいか、でもよい

働き方の面で言いますと、私は社内社外問わず多くの人から信頼されて働ける人間になりたいと考えております。多くの人と関わる仕事において、円滑に仕事を進めるためにも信頼を得ることは非常に重要だと考えています。仕事をきちんとやり遂げること、些細なこともしっかりとコミュニケーションを取りながら疑問を解消...

内定者のアドバイス

内定後の企業のスタンス

内定をいただいたあとも自分のやりたいところまで就活を続けさせてくれた。逐一選考状況を報告してはいたが、基本的に待っていてくれた。内定後に現場社員の方から連絡があり、具体的な仕事のことについてなど...

内定に必要なことは何だと思いますか?

面接では常に「なぜ?それを思ったきっかけは?」という質問があったので、思考プロセスから人間性をみているのだと感じた。その動機部分が曖昧で、具体性にかけているとそれほど考えていないように捉えられ、...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

面接が最初からマネージャークラスであることからも、大人と話す時にもハキハキと自信を持って話し、対話することができる人が内定をもらえているのではないかと思う。結果だけでなく、「なぜそれができたか」...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

基本的に通過連絡は早いので、次の選考に向けての心構えはしておいたほうがいいと思う。数ある通信会社の中でもなぜドコモなのか、という質問にはきちんと同業他社との比較をしておかないと答えられないので、...