Img company noimage

株式会社日本触媒

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(46件)
  • ES・体験記(19件)

2016年卒 株式会社日本触媒の本選考体験記 <No.260>

2016卒株式会社日本触媒のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • 大和ハウス工業
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(5月) → ES(6月) → 1次面接(6月)

企業研究

企業研究としては触媒という普段あまりなじみのないものについて知るためにインターネットを用いて調べるということをまず第一に行いました。そして、説明会に参加し、事業内容と企業が目指す方向性をきちんと...

志望動機

私は、貴社で海外での水環境の改善に携わりたいです。昨年韓国を旅行した際、アジアの新興国のみならず、先進国だと感じていた韓国でさえも水インフラが不十分であり気軽に水が飲めないという現実を目の当たり...

1次面接 落選

形式
学生 2 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

ESの内容を主に聞かれ、自分の言葉できちんと順序立てて説明できるかどうかを評価されると感じました。また複数の学生と同時に面接を行うため他人が回答している間の様子も見られているように感じました。し...

面接の雰囲気

面接官の方が若めの女性社員さんであったことで和やかな雰囲気の中で面接を行うことが出来たため。またESに沿った質問が主であったため焦ることもなく質問に対する回答が出来たため。

1次面接で聞かれた質問と回答

企業選びの軸は何ですか

私は文系であっても、モノを通じて人々に新しい価値を与えられることに携える仕事がしたいと考えています。理由は、パン屋でのアルバイトにあります。パン屋で働き、製造・販売を行う中で、自らが手がけた1つ1つが小さなパンであっても人々に喜びを与えられることが分かりました。ならば、より大勢の人の役に立つ、...

学生時代に力を入れたことはなんですか

1番力を入れたのはパン屋でのアルバイトです。私の働く店舗は、全国有数の大型店でアルバイトだけでも70人います。その中で私は製造と販売の双方を担える唯一のスタッフです。特に今まで3年以上担当している製造では、初めの頃、時間内に目標の半分の個数のパンしか作ることができませんでした。そこで、改善する...