Img company noimage

大塚製薬株式会社

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(413件)
  • ES・体験記(15件)

2016年卒 大塚製薬株式会社の本選考体験記 <No.535>

2016卒大塚製薬株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • 信越化学工業
  • セントラル硝子
大学
  • 静岡県立大学

選考フロー

4月(ES) → 1次面接(8月)

企業研究

私は、大塚製薬が就職活動を始める前からの第一志望であったため、インターネットなどでかなり前から色々な情報を調べていた。製薬企業全体を通して言える事だが、新薬の情報については敏感になっておいた方が...

志望動機

有機化学に関わる研究がしたいと考えております。私は、化学の高い付加価値性に強い魅力を感じています。安い原料から、合成により高い性能を付加できることから、現代の錬金術の様に感じています。また、私は...

独自の選考・イベント

選考形式

グループワーク

選考の具体的な内容

製薬企業にとって重要なことは同じ部屋に社員の方が複数人おられて少しやりづらい印象だった。グループディスカッション中は、社員の方から話しかけられることはないが、人事の方一人だけがかなり近くでずっと...

1次面接 落選

形式
学生 2 面接官 2
面接官の肩書
技術系2名
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

英語力はあった方がいいとは感じましたが、面接をしてくださっている社員の方は英語をしゃべれないと言っていたことから必須ではないと思います。しかし、製薬企業全体に言える事だが、どうしても製薬企業の基...

面接の雰囲気

人事の方ではなく、技術系の方が面接をしてくださったので研究の事などに関してはしっかり理解を示してくれた。しかし、面接にはあまり慣れていない印象で、答えを引き出してくれる様な面接ではなかった。

1次面接で聞かれた質問と回答

メディシナルとプロセスどちらをやりたいか

私は、どちらも正確には理解できていませんが、プロセス化学をやってみたいと思っています。理由は大学での研究はどちらかというとメディシナルに近い内容ですが、プロセス化学こそ企業でしかできない研究であり面白味があると思うからです。と答えました。私の場合、本当にプロセス化学をやってみたいと思っていたの...

将来どのくらい出世したいか

できれば役員まで出世し、会社を中心で動かす様な働き方をしたいと思っています。と答えました。もう一人の方は、できれば社長になりたいですと答えていました。社員の方もにこやかで少し砕けた質問という印象でした。正直、質問の意図はあまり汲み取れなかったのですが、向上心の強い学生を求めている様に感じでした...