Img company noimage

株式会社JSOL

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(193件)
  • ES・体験記(20件)

2016年卒 株式会社JSOLの本選考体験記 <No.599>

2016卒株式会社JSOLのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • ソフトバンク
  • TIS
大学
  • 大阪府立大学大学院

選考フロー

8月インターン → 4月ES+テストセンター → 1次面接 → 2時面接

企業研究

IT業界の繋がり、例えばメーカーやSIerの共同のプロジェクトなどを理解しておく。ITの会社はたくさんあるが、それら会社同士が共同で仕事を行っていることが多い。また、TISが他のSIerの会社と...

志望動機

ビジネス会議や遠く離れた人と会話する手段に今日ではテレビ電話が普及しています。しかし、ニュアンスなどは直接の方が掴みやすく、また、画面越しである以上直接会うのとは異なります。それを解決すべく、あ...

独自の選考・イベント

選考形式

インターン

選考の具体的な内容

現場参加型インターン

1次面接 通過

形式
学生 4 面接官 2
面接官の肩書
人事/SE
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

学生が過去これまでにどのような経験をしたのか、またそのときどのように思い、どのように行動していたのかを見ていたと思う。1次面接では、人柄重視の面接だったと感じた。学生の行動の起こし方と会社の社風...

面接の雰囲気

質問は3つだけだった。その質問に対してかなり深堀していく形式。始めにおおまかに自分の回答を言ってその後面接官2人から質問が飛んでくる。かなり深く聞いてくるためしっかり自己分析していないと厳しい。

1次面接で聞かれた質問と回答

学業でがんばったこと

私が、学生時代に最も力を入れたことは研究です。無線LAN通信での消費電力を削減するというテーマで行っています。その研究で、自ら提案手法に取り入れる内容を検討し、問題の発見や解決を行いました。また、商用シミュレータによる性能評価を行うために、数万行のシミュレータ内容の理解、提案方式や比較方式の数...

この業界を志望する理由

幅広い業界と関わることができる業界、仕事という自身の就職活動における軸にマッチングするから。ITはいまや世の中になくてはならないものであり、様々な業界や仕事と関わりあっている。もともと私は、いろいろなものに興味を持つ性格で、様々な業界や仕事と関わりあうことで刺激を受け、飽きずに仕事ができると思...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
部長/人事
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

1次面接は人柄重視の面接のように感じたが、2次面接は学生と会社がちゃんとマッチングしているのかどうかを深堀することで探っていたように感じた。そのため、少しでも論理に矛盾が合ったりすると指摘してく...

面接の雰囲気

面接の雰囲気はとても堅いかんじ。いかにも部長というオーラを持った人だった。とても話しづらかった。質問も鋭い質問が多く、論理的に合わなくなったらすぐに指摘をしてきた。

2次面接で聞かれた質問と回答

いろいろな企業の中でなぜJSOLを選ぶのか

一つ目は、NTTデータの資源と日本総研のノウハウ両方を使うことができるから。二つ目は、説明会や社員との話をしたときにこの中でなら働いていけそうだと感じたから。注意した点として、ありがちなことだけではなく、自身の経験をもう少し具体的に答えた。SIerの会社はやっていることが似ているので、なぜ御社...

他に見ている企業とその志望度は?

SIer関連の会社を挙げたが、この部分でうまく言えなかったため落ちたと思う。