Img company noimage

大日精化工業株式会社

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(57件)
  • ES・体験記(6件)

2016年卒 大日精化工業株式会社の本選考体験記 <No.804>

2016卒大日精化工業株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • 松田産業
  • 大日精化工業
大学
  • 筑波大学大学院

選考フロー

説明会(4月) → 1次面接+筆記試験(4月) → 2次面接(5月) → 工場見学(5月) → 最終面接(6月)

企業研究

同業他社との比較をすること。大日精化工業は顔料や染料の会社であり、同業他社としてDIC、東洋インキSCホールディングス、サカタインクスといった会社が挙げられる。大日精化工業のHPやパンフレットを...

志望動機

私はこれまで社会のおかげで化学に関する勉強をすることができた。そのため、学んできた化学を活かして社会に恩返しをしたいと考え、大枠では化学メーカーを志望している。数ある化学メーカーの中でも、顔料や...

1次面接 通過

形式
学生 2 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

1次面接では全くといっていいほど回答に対する質問がなく、面接官の質問→こちらの回答→別の質問→こちらの回答・・・というように面接が進んでいった。そのため、「初めの質問に対して、どれだけ的確に答え...

面接の雰囲気

面接官の方が初めに「面接はどれくらい受けてきたか」という質問をしてきたが、その際に「それではまだ慣れていないでしょう」などの気遣いのある声をかけてくれることがあった。また、回答を深掘りされること...

1次面接で聞かれた質問と回答

学生時代に一番頑張ったことは何か。

研究に注力しました。私は先に述べた研究テーマ以外にも、卒業研究で与えられたテーマの続きにも平行して取り組んでいます。そのため、人より時間を効率的に使う必要がありました。そこで、週の初めにその週の計画を立てることで、無駄な実験を減らし、有用な実験を行う努力をしました。その結果、先に述べたテーマで...

学業以外に学生時代で一番頑張ったことは何か。

大学から始めたクラシックギターに打ち込みました。私は大学一年の時にある楽団の演奏会を聞いて感動し、いつか人を感動させる演奏がしたいと思うようになりました。そのためサークル時間外にも毎日練習することを心がけました。サークル引退後に所属した社会人合奏団では技術を認められ、所属二年目にしてパートリー...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
技術を経験した人事/10年目の人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

質問自体はオーソドックスなものばかりであったが、1次面接とは異なり掘り下げの質問があった。「実際に会社で働いた時の自分」をイメージしているかを問われているように感じた。その時は自分の中でそのイメ...

面接の雰囲気

履歴書に沿った質問、一次で答えた質問に対する掘り下げが行われたが、とても和やかな雰囲気で進行して下さる方だった。こちらが失礼なことをしてしまったこともあったが、笑い飛ばしてくれる面接官だった。

2次面接で聞かれた質問と回答

あなたが会社選びについて重視していることは何か。

一番重視しているのは事業内容です。化学が好きだというのもあって、化学メーカーに勤められればと思っています。その中でも、色彩に関する仕事に対する興味が今はとても強いです。というのも、自分の仕事が目に見えることがやりがいに繋がるのではないか、と考えているからです。二番目に重視しているのは社風です。...

あなたは大日精化工業をどんな社風の会社だと思っていますか(社風を重視している、という先の回答に対して)

社風は従業員各々の雰囲気によって作られるものだと思っています。まだ全体の社風をつかめているわけではありませんが、会社説明会でお聞きした限りで答えさせて頂きますと、自分の仕事に対して誇りを持って取り組んでいる人が多い会社なのではないかと感じました。というのも、営業の方のお話を聞いた際に、技術関連...

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 8
面接官の肩書
人事2/残リ役員
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

最終面接では自分の行なっている研究テーマに関する質問が多く、面接官の専門性の高さが感じられた。それだけに、自分でちゃんと考えて研究活動をしているかが問われているように感じた。また、入社後自分がや...

面接の雰囲気

いわゆる「圧迫面接」ではなかったが、人数が多く、面接官の距離が近いために圧迫感はあった。しかし、人柄は温厚な人が多く、こちらの回答に対して面接官同士でコメントを言い合うようなことがあり、朗らかな...

最終面接で聞かれた質問と回答

この会社に入ってやりたいことは何か。基礎研究か、それとも製品開発か。

製品開発がやりたいと答えた。というのも、製品開発の方がより「自分の携わった仕事」が目に見える機会が多いと感じたから。(この回答に対し、「君の自己PRからすると、基礎研究の方が向いている気がする」と言われて)確かにスパンの長いものに携わることは多くありましたし、御社がそう考えてくださるなら基礎研...

自分の行なっている研究は、企業に入ってから役立てることができると思いますか。

私の研究は触媒の開発ですので、色材に対して直接役立つことはありません。しかし、研究の中で用いたいくつかの機器に対する経験であったり、研究をする上で身につけてきた計画性は、企業に入ってからも役立つものだと思います。また、自分の研究ではありませんが、自分の研究室は幅広い分野を扱っているということも...

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

突飛な質問はされない会社なので、とにかく相手に伝わるような話立てをするようにすれば問題ないと思われる。ただし、最終面接で行われる技術の質問はかなり深いところまで聞かれるため、よく対策をしておくべ...

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

技術系の社員を見る限り、幅広く色々な人を取っているように思う。生真面目な人から騒ぐ系の人まで取っているし、研究テーマも人それぞれ。強いて挙げるなら、みんな学生時代に何かしら打ち込んでいるものを持...

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

何回目の説明会に参加したかによって、恐らく進みやすさが変わってくると思われる。できるだけ早い説明会に参加できれば、勝率は上がると思われる。また、気さくな面接官も多いため、過度に緊張すること無く自...

大日精化工業株式会社に入社を決めた理由

入社を決めたポイントを教えてください。

  • 福利厚生・手当・働きやすさ
  • 会社の規模
  • 会社の事業内容・サービス・やりたいことが実現できる

入社を迷った企業

松田産業株式会社

迷った会社と比較して大日精化工業株式会社に入社を決めた理由

私が松田産業ではなく大日精化工業を選んだ理由は、事業内容・部署の規模・給与の三点にある。まず事業内容だが、松田産業は商社でありながら、めっき液などの化成品の開発も行なっている会社である。一方、大...