Img company noimage

出光興産株式会社

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(253件)
  • ES・体験記(25件)

2016年卒 出光興産株式会社の本選考体験記 <No.218>

2016卒出光興産株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 戸田建設
  • 富士通
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(4月) → ES+webテスト(5月) → 1次面接(7月) → 2次面接(8月)

企業研究

石油業界というのは、資源の枯渇などの問題から今後どのようになっていくのか分らない業界であるので、今後の展望や対策などを自分なりにしっかり研究しといたほうがよい。また、出光は今年昭和シェルと合併し...

志望動機

「人々の生活を根底から支えたい」という思いが私にはあります。大学では土木を専攻し、社会における土木技術者が果たすべき役割について学んできましたが、より大きな視点から考えると「エネルギーの安定供給...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
営業
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

業界最大手のJX日鉱日石エネルギーとの比較に関する質問が割とあったので、出光が第一志望であるかを重要視しているようだった。そのため、しっかりと自分の意志を相手に伝える必要がある。なぜ石油業界なの...

面接の雰囲気

雑談を交えながら進行していき、こちらの質問にも丁寧に答えてもらったので、圧迫面接という感じは全くしなかった。次の面接も頑張ってと応援されて、非常に優しい方が担当してくれたと思う。

1次面接で聞かれた質問と回答

出光で何がやりたいか

第一志望でである営業に配属された場合は、化学製品など出光の強みを売っていきたい。そうすることで会社に貢献していきたいと思う。また、販売店などとの交渉をすることで営業力を身につけ成長していきたい。もし営業に配属されなかった場合は、第二志望として資源部を希望する。資源部では、シェールガスオイルなど...

JXと出光だけの理由

石油業界でこの二社しか志望していない理由は、共に日系の企業なので独自の海外展開が出来るという点があげられる。例えば、昭和シェルは、外資なのでロイヤルダッチシェルとの兼ね合いから海外進出などは難しく、資源開発は行っていない。私は、海外に興味があるため海外でのビジネスチャンスが多いこの二社に絞った...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
営業
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

大学で土木を学んでいるにも関わらず、石油業界で文系就職をしようとしていることに非常に突っ込まれた。私なりには、丁寧に説明したつもりだったが、面接官にはあまり伝わらなかったので、志望動機はかなり論...

面接の雰囲気

面接官二人の内、一人の方がとてもフランクな方で、非常に話しやすい雰囲気を作ってくれた。質問の答えに詰まった時も、他の面接では気をつけてねとやさしくフォローしてくれたりして、やりやすかった。

2次面接で聞かれた質問と回答

なぜ理系なのに営業希望なのか

私が営業志望であるのは、将来働いていく上で、エンジニアとして一つのことを極めるより、ビジネスマンとして幅広い業務に携わることで成長していきたいと考えているためである。また、技術系、事務系共にチームワークは大切であるが、営業などは個人の成果が企業や社会に影響を与える事が出来ると考えるので、自分を...

 昭和シェル買収についてどう思うか

昭和シェル買収の印象としては、前々から話は出ていたため、驚きはあったが、予想通りという印象が強い。今回の買収の私が考えるメリットとしては、二大企業が合併をすることで、合理化が進みコストダウンになること、そして海外進出が強化されることだと思う。課題としては、異なる企業文化であるので最初は混乱が予...