Img company noimage

日本電産株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(511件)
  • ES・体験記(27件)

2016年卒 日本電産株式会社の本選考体験記 <No.946>

2016卒日本電産株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 井関農機
  • ぎょうせい
  • 帝国書院
  • JTBパブリッシング
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

ES(3月) → 1次面接(4月) → 2次面接(4月)

企業研究

部品メーカーを探していた中で見つけた企業であったので、他の部品メーカーとの比較をすることができた。しかし、社長が1代で作り上げたベンチャー気質のある企業で、社長の存在感が大きいため、業界研究や他...

志望動機

1つ目は、ものづくりを通して安心した暮らしを多くの人々に提供できるから。私は祖父が建具屋を営んでおり、祖父の創った建具に囲まれ安心して生活してきました。この経験から私が就職活動を行う際、ものづく...

1次面接 通過

形式
学生 3 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

志望動機や自己PRなど比較的突っ込まれる部分は多かったように思う。3対1の面接なので比較的考える時間はあるため、そこまで準備をする必要はないかもしれないが、物理的に面接官と比較的近い距離での面接...

面接の雰囲気

面接の前に個人ワークがある。文章量を求められるので、頭をフル回転させる準備をして臨んだ方が良い。面接は狭い部屋で圧迫感はあるが私は圧迫面接だとは感じなかった。

1次面接で聞かれた質問と回答

海外への抵抗はあるか

「抵抗はありません。大学時代留学などしてはいませんでしたが、幼いころ家族旅行で海外に行ったことはあり、また私自身新しいことや環境に挑戦していくことは好きであるので、そのような中で海外に行かせていただける機会があれば行かせていただきたいと思います。」注意した点は、海外事業が半分以上を占めるこの企...

なぜ部品の中でもモーターメーカーか

「私はモーターが部品の中でも最も重要であると考えているからです。動くものならばどのものにもモーターが入っているという話をWebの説明会でお聞きし、私はある意味モーターがものづくりやものの「心臓」を担っていると感じました。私がものづくりに関わりたいと思う中でそのような「心臓」を生み出すことは非常...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

とにかく「知的ハードワーク」を掲げるこの会社で働けるだけの思いがあるのかを確かめられたと思う。最初は面接であったが、途中からもっとこういう思いを伝えた方がよいといったアドバイスを面接官がし始めた...

面接の雰囲気

1対1の面接で比較的フランクな形で話しかけられた。会議室のようなスペースであったので緊張はしてしまうような環境であったが、自分がどのような人物であるか面接官が丁寧に探ろうとしてくださった感じがした。

2次面接で聞かれた質問と回答

なぜ部品メーカーの中でうちの会社を選んだか

「私は貴社の幅広い製品を通じ安心した暮らしに貢献できる点、「モーター」に絶対の自信を持ち、その技術に自信を持って様々な製品を展開している姿勢に魅力を感じ志望しましたが、加えて御社が社長を中心として良い意味でベンチャー気質を持っている点も魅力を感じ、そのような中で働きたいと感じ志望しました。」注...

会社でどのような仕事をしたいか。

「私は営業として、製品の改善や開発など、人々によい製品を届けるサポートのできる仕事をしたいと考えています。私はものづくりに携わりたいという思いが第一にあり、私が文系であることから直接モノを作ることはできないものの、そのような形でサポートできればいいと感じています。」注意した点は、とにかくものづ...