Img company noimage

株式会社ブリヂストン

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(703件)
  • ES・体験記(54件)

2017年卒 株式会社ブリヂストンの本選考体験記 <No.1688>

2017卒株式会社ブリヂストンのレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 最終面接
内定先
  • TOTO
大学
  • 九州工業大学大学院

選考フロー

説明会(3月) → ES+SPI(5月) → 1次面接(5月) → 事業所見学会(5月) → 最終面接(6月)

企業研究

タイヤの世界シェアは今のところブリヂストンが1位ですが、シェアがそれほど大きいわけではありません。なぜその中でブリヂストンを選んだのか、ライバル他社の企業研究を行うことで差別化ができればよいと思...

志望動機

自分で創ったものが目に見えるものづくりを行っている企業を軸に就活を行っており、その中でも自動車が好きだったので自動車関係のものづくりに関わりたいと思うようになりました。その自動車の中で、タイヤに...

独自の選考・イベント

選考形式

事業所見学会

選考の具体的な内容

電気系、機械系の学生に対して事業所見学会の開催が何度かあります。すぐに予約が埋まるのでなかなか参加できません。ES通過者を対象としたものも開催されたので、自分はそちらに参加しました。工場見学や、...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事
面接時間
10分
面接の合否連絡方法
直接

評価されたと感じたポイント

推薦をとるかどうかを強めに聞かれ、推薦をとると選考に有利だということも強く言われました。確かに、推薦でないとなかなか内定が出ない企業とは聞いていましたので、それを1次面接から感じました。特に、優...

面接の雰囲気

ラフな感じで、面接というよりも面談のよう感じました。一問一答のような形式で、雑談のような雰囲気の面接でした。

1次面接で聞かれた質問と回答

アルバイトで何か学んだことはありますか

人に教えることのむずかしさを学びました。アルバイトで新人研修を任されていますが、教え方のマニュアルもなく、手探りでのスタートとなりました。最初は新人も覚えが悪く、教え方が十分でないと感じました。そこで、本やネットなどで教育の仕方などを学び、自主的に教えることが必要だと知り、実践しました。具体的...

あなたの研究は研究室の中で何番目だと思いますか

2番目です。なぜなら、私の研究は実験自体は少なく、結果の考察がほとんどで、しっかりとした結果を考え出さないと研究としてあまり成果が出ないからです。1番の研究は、企業との共同研究を行っており、実験もしっかりして成果も出ています。しかし、今後、自分も考察を行い、目新しい成果を生み出せれば1番になれ...

最終面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
人事/技術員
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

研究について、かなり専門的に深堀してきます。正直、専門すぎるので答えても内容は分からないと思いますが、深堀されてもきちんと答えられるぐらい自分の研究を把握しているか、また、論理的に人に説明ができ...

面接の雰囲気

研究について深堀されますが、どう答えてもいい反応が返ってこず、厳しい表情でした。1次面接の合格通知の際に、技術員から厳しく突っ込まれるよ、と言われていましたので、その通りだな、と思いました。

最終面接で聞かれた質問と回答

事業所見学会で何を思ったかを教えて下さい

事業所見学では、タイヤ製造の複雑さや、ブリヂストンがタイヤ以外にも事業を行っていることを知ることができました。世界シェア1位だからといって慢心せず、まだ先を見据えている企業であることも理解しました。また、思ったよりもタイヤの臭いがしないので、しっかりと衛生管理もされていると思いました。社員の方...

完成車メーカーと比べてタイヤ(部品)メーカーはどう思いますか

どちらも自分にやったことが実際に目に見えるものづくりだと思います。しかし、完成車であると、自分が関わる部分はほんの一部なので、それほど自分で創ったとは思えないと思います。その点では、タイヤ全体に関わるタイヤメーカーのほうが達成感は大きいと思います。また、1人に任せられる仕事量もタイヤメーカーの...