2016年卒 三菱重工業株式会社の選考体験記 <No.579>

業界:
機械・プラント その他
本社:
東京都
従業員数:
1万人以上
URL:
http://www.mhi.co.jp/

2016卒三菱重工業株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • 三菱化学エンジニアリング株式会社
  • 東洋エンジニアリング株式会社
  • 旭硝子株式会社
  • 三菱重工業株式会社
大学
  • 東京工業大学

選考フロー

大学の説明会(3月) → 会社個別の説明会(4月) → リクルーター等接触(5月) → ES+筆記試験(6月) → ジョブマッチング面接(6月) → 最終面接(8月)

企業研究

世間一般的に総合機械メーカーとしての分類のためどうしても説明会等では機械工学またはそれに近い分類の専攻および学科で勉強している学生が多かったが私にみたいに...

志望動機

貴社は重機械を中心に幅広い事業のフィールドが存在していて、その中のエネルギー・環境ドメインでプラントエンジニアリングという立場から国内外問わず技術で貢献し...

1次面接 通過

形式
学生5面接官4
肩書
人事/設計/プロジェクトリーダー/計画部
時間
60分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

能力よりも今後の伸びしろ(ポテンシャル)を良く見ているという印象を受けた。面接の中で「あなたはどのような人間でこういうときにどう判断するの?」といったよう...

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

基本的にESの内容の確認ということを人事の方が学生に対してアナウンスして順番に会社に興味を持った理由、その部署を志望しているか、将来どんな仕事をしていたい...

1次面接で聞かれた質問と回答

研究で学んだことで入社後に生かせそうなことは何?

まずは、研究内容が面接官に分かりやすく伝わるように意識した。研究を行う背景そして目的や課題を説明して、研究の独自性を説明した。私が研究している内容のキーワ...

大学時代の経験で入社後に生かせそうなことは何?

大学時代にサッカー部に所属していた際にチームとして行動しまとめる力を得た。先輩方が引退して新チームへと移行した際に、各ポジションが大幅に入れ替わり、新チー...

最終面接 内定

形式
学生1面接官2
肩書
役員/人事部長
時間
60分
通知
直接

評価されたと感じたポイント

海外へ積極的にプラント設計をしにいくため海外への意識そして現地でのパフォーマンスがしっかりとできるために入社後成長できる人間かどうかよく見られていたような...

最終面接を圧迫面接と感じましたか?

推薦書を既に提出してかつ面接の前日に人事の方から安心して面接に望んでくださいという言葉もあったため本番の面接でも基本的に圧迫面接とは感じずにのびのびと面接...

最終面接で聞かれた質問と回答

仕事で言ってみたい国、地域

新興国がメインで特に東南アジア周辺で元々プラントエンジニアを志望した理由の中に社会インフラを支えたいという強い思いがあったため会社が力を入れている地域を挙...

ストレスの解消法としてどんなことがある?

サッカー部の経験よりサッカーのように運動することでのストレス解消を伝えた。なぜストレス解消を聞くのかを考えた結果、海外でのプラント設計は日本で行うよりも過...

内定したからこそ分かること

内定後就職活動を終えるように言われましたか?

推薦書を既に提出しているため。

内定に必要なことは何だと思いますか?

学内説明会、ジョブコン(三菱重工の各事業所の合同説明会)、配属分野説明会(事業所単独)など説明会は多く行っているためなるべく全て出席してやる気をアピールし...

内定が出る人とでない人の違いは何だと思いますか?

自分やりたいことを明確にすることと専攻している内容がマッチングしているかどうか、どんな人物像なのか?研究内容はどのようなことをしているのか?についてよく聞...

内定したからこそ分かる選考の注意点は何ですか?

学内の説明会から単独の説明会に至るまで参加の有無をしっかり見られているように感じた。こういったES提出前に既に選考が始まっていたり、他の内定者の中にやたら...

三菱重工業株式会社に入社を決めた理由

入社を決めたポイントを教えてください。

  • 海外拠点で働きたい
  • 会社の規模
  • 会社の事業内容・サービス・やりたいことが実現できる

内定後、入社先と迷った企業はどこですか?

旭硝子株式会社

迷った会社と比較して三菱重工業株式会社に入社を決めた理由

私が旭硝子ではなく三菱重工業を入社先として選択した理由は、プラントエンジニアとしての業務内容と海外へ積極的挑戦の2点を踏まえた結果三菱重工業のほうが私の中...