Img company noimage

出光興産株式会社

  • 3.2
  • 口コミ投稿数(259件)
  • ES・体験記(26件)

2017年卒 出光興産株式会社の本選考体験記 <No.1634>

2017卒出光興産株式会社のレポート

年度
  • 2017年度
結果
  • 2次面接
内定先
大学
  • 立命館アジア太平洋大学

選考フロー

説明会(3月) → ES+適性検査(4月) → 1次面接(5月) → 2次面接(5月)

企業研究

出光興産は非常に独特な社風を持つ会社なので出光興産の社風、理念、考え方等は理解しておくことが重要です。そのためにもインターンシップや説明会、座談会といった社員の方々と触れ合える機会には積極的に参...

志望動機

私は、“インフラのインフラ”であるエネルギーの安定供給を通じて日本の産業を支えたい。私は両親が国政 を通じて日本への貢献に努めてきた家庭に育ち、その環境は私に自分なりの貢献について常に考えさせて...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
不明
面接時間
60分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

志望業界や企業への志望度合いを重視しているように感じた。特になぜ石油業界なのか、なぜ昭和シェルやJXエネルギーではなく出光興産なのかといった質問に関してはちゃんとした回答を用意する必要があると感...

面接の雰囲気

非常にリラックスした雰囲気で行われた。自分が言ったことに相槌を打つなどいいところを引き出そうとしている雰囲気が伝わってきた。

1次面接で聞かれた質問と回答

なぜ大家族主義に惹かれたのかを教えて下さい。

私は交換留学生を受け入れる団体のリーダーを務めているときに家族のような雰囲気を作ろうとしました。理由としては団体が抱える問題点の一つに団体への帰属意識の低さがあったからです。またお互いに助け合うという風土もなかったため、活動で結果をだせるグループとうまくいかないグループが出てきてしまった。そう...

挑戦が生きがいとはどういうことか教えて下さい

私は働く上で自分が掲げる目標に挑戦し続けることを大事にしたい。なぜなら挑戦することは現状の自分 に出来ないことや、恐れるものに立ち向かうことであるため、決して100%成功するわけではない。し かし、それを成し遂げたときはその苦しみを忘れさせ、大きな自信を与えてくれる。成功の是非に関わら ず、そ...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
不明
面接時間
50分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

ひたすら出光興産の社風と合致する人材なのかを見られていたと思う。そうでなければうちの社風と自分の性格が合うと思うかという質問はないはずである。他社もいくつか面接させてもらったが後にも先にもこの社...

面接の雰囲気

面接官の方は常に自分が言ったことに関して興味がある態度で聞いていてくれたのでこちらも話しやすかった。

2次面接で聞かれた質問と回答

出光興産は家族のような付き合いをするが大丈夫ですか

はい、私は大丈夫だと考えています。私は座談会や説明会で御社の社員の方々とお話しする機会をいただきました。その上で他の社員と密接なかかわりあいを持つ、家族のような社風という社風に惹かれ御社を第一志望とさせていただいております。また私の団体をまとめた経験から、経験から良いパフォーマンスをするには安...

どんな部署で働きたいですか

原油を産油国等と交渉しながら、日本への安定供給を実現する原油調達部門で働きたい。なぜなら私の目 標であるエネルギーの安定供給に最前線で関わることができ、かつ私が持つ英語力や留学で得た異なる文化的背景を持つ人々と仕事ができるという強みを生かして働くことができると考えるからである。 注意した点は志...