2017卒 武田薬品工業 MRの内定ES(エントリーシート) No.8928

業界:
食料品製造業 石油製品
本社:
大阪府
従業員数:
5千人以上1万人未満
URL:
http://www.takeda.co.jp
内定
企業名: 武田薬品工業/コース・職種: MR

2017卒 慶應義塾大学 商学部(No.8928)

Q

タケダのMRを志望する理由をご記入ください。(200文字以内)

A

私は、大学受験前日、風邪に苦しみ、夜薬を飲むことで辛さを緩和し快適になった経験があります。この経験から、良い薬を普及させて、病気を持つ人がより暮らしやすい社会作りに貢献したいと考えました。その中でも貴社は業界1位で...

Q

大学時代に自らが積極的に取り組み、得られた成果についてご記入ください。(30文字以内)

A

ゼミ同期と論文を執筆し、学生論文大会で優秀賞を受賞したこと

Q

上記の成果を出すために、自らが主体的に取り組んだ内容(特に、困難に直面した経験と、それを乗り越えるために
取り組んだこと)についてお書きください。(400文字以内)
執筆開始当初、チームで長時間議論を行うにも関わらず、全く執筆が進まない日が続きました。この状況の打開策を自分なりに考えた結果、私は、チームの誰もが学術的な優越の基準がわからないまま議論をしていることに気づきました。そこで私は「有識者に意見を頂くこと」提案し、週に3回以上、学内外の教授や大学院生、実務家に個別にお願いしてアポイントを取りました。始めは、相手にされませんでしたが、めげずに研究への熱意を伝え続け、意見を頂けるようになりました。さらに、誰よりも専門知識をつけて議論を活性化させるため、海外の先行研究を30本以上読みました。これらを実行するにつれ、学術的に高いレベルで、研究を行うことが可能になり、メンバーが確信を持って議論できるようになっていきました。この経験から、私は「リーダーシップをとりチームとして成果を収めること」と「プロの方と信頼関係を築くこと」のやりがいと難しさを学びました。

A

執筆開始当初、チームで長時間議論を行うにも関わらず、全く執筆が進まない日が続きました。この状況の打開策を自分なりに考えた結果、私は、チームの誰もが学術的な優越の基準がわからないまま議論をしていることに気づきました。...

Q

あなたをあらわす一言をお書きください。(10文字以内)

A

期待を超えたい

Q

上記に記入した「あなたをあらわす一言」について、具体的なエピソードをお書きください。(300文字)

A

幼少の頃から、人の期待を超えるために行動し、喜んでもらう瞬間が好きでした。ゼミでは、3月に謝恩会があります。例年、3年生から4年生に寄せ書きを渡すという企画があり、強制力はないものの、今年度も4年生が寄せ書きを期待...