株式会社マリモのロゴ写真

株式会社マリモ

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(75件)
  • ES・体験記(2件)

マリモの本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

企画開発職
21卒 | 松山大学 | 女性
Q. どの職種で働きたいか、またそれはなぜか
A. A. 私は正直に申しますと、営業職と迷ったのですが、企画開発職で働きたいと考えています。営業職にも魅力を感じておりますが、扱う金額が大きい分、成果が上がりにくく、長い時間をかけて成果をあげるというところが私の性格や強みに合うと感じました。もちろん責任感は非常に大きいです...
Q. 学生時代に頑張ったこと
A. A. 私は、学生時代に居酒屋のアルバイトを最も頑張りました。1回生のころから続けており、時間帯責任者を任されているため、売り上げを気にする立場でした。売り上げ計画を達成するために、様々な取り組みをしました。まずは、お客様との会話を増やし、ドリンクのお替わりの声掛けをした...

20卒 1次面接

営業職
20卒 | 上智大学 | 男性
Q. 履歴書には大学生になってから頑張ったことが書かれていましたが、高校生の頃はどのようなことを頑張っていましたか。
A. A.
高校生の頃は陸上競技部に所属しておりました。種目は短距離と跳躍で、二年次から三年次にかけて副将を務めていました。中学生まで8年間サッカーをやっていたので、個人競技は初めての経験でした。自分が頑張ればタイムが伸び、少したるんでしまうとすぐにタイムが落ちてしまうという状況の中で、自らの身体と向き合い続け、自主的にウェイトトレーニングなどで練習強度を高めるなど、強くなるための取り組みを努めました。また、副将としては、個人競技でありながらも部活という組織として大会で勝つために普段の練習の時から切磋琢磨し合える環境となるように日々部員と向き合い、積極的な姿勢を常に示すことに注力しました。結果として部全体でいい成績が出るようになったので、一定の成果があったものと思います。 続きを読む
Q. 周囲の人からどのような人だと言われていますか。
A. A.
私は周囲の人から「真面目で熱い人」だと言われることが非常に多いですし、自分でもそのような人だと思っています。ワンダーフォーゲル部で〇〇として活動した際には、部が抱えていた課題に対して正面から向き合い、改善することに努めました。その課題は、今まで部として避けてきたことでした。しかし登山という安全第一のスポーツを行ううえでは改善する必要があることであり、私は〇〇として課題に向き合うことを決め、改善に取り組みました。このような「目の前にある問題に対しては必ず向き合う」というスタンスと「向き合ったからには一生懸命に取り組む」という姿勢を部活動で多く見せてきたことから、「真面目で熱い人」だと思われていると考えています。 続きを読む