2016年卒 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社の選考体験記 <No.187>

業界:
その他金融 専門サービス
本社:
東京都
従業員数:
50人以上100人未満
URL:
http://www.tokaitokyo-fh.jp/

2016卒東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定辞退
内定先
  • 住友生命保険相互会社
  • 大和証券株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • 岡三証券株式会社
  • 野村證券株式会社
  • 東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社
大学
  • 九州大学

選考フロー

説明会(5月) → ES(5月) → 座談会(5月) → 1次面接(6月) → 最終面接(8月)

企業研究

説明会に参加した。また、競合他社との差別化をはかるため競合他社の説明会に参加してその企業の強みと弱みを第三者的視点から見つめることを心がけた。また、パンフ...

志望動機

大きな会社で働くよりも自分のキャリアが終った時、自分の働きで会社を大きくしたという達成感を味わいたくて御社を志望します。御社は競争意識が激しく自分自身成長...

1次面接 通過

形式
学生1面接官1
肩書
20年目位の人事
時間
15分
通知
電話

評価されたと感じたポイント

営業という仕事についてどれだけ理解があるのかみている印象を受けました。証券営業についてどれだけの理解、それを職業にすることについて認識を見ている気がします。

1次面接を圧迫面接と感じましたか?

面接官の方の態度が柔らかかった。しっかりアイスブレイクをしてくださるのでこちらも安心して面接に集中することができました。ESはあまり読み込んではいない印象...

1次面接で聞かれた質問と回答

なぜうちの会社なのか

回答内容は自己成長と会社の成長を結びつけるようにしました。この規模の会社だと他に大きな規模の会社が多いので相手の「なぜうちなのか?」という質問に論理的一貫...

将来どうなりたいか

論理的一貫性を重視した回答を心がけていたので経営者、社長になりたいと答えました。また自分の中で描いているキャリアプランを具体的に説明していくことで社長にな...

最終面接 辞退

形式
学生1面接官3
肩書
役員
時間
15分
通知
直接

評価されたと感じたポイント

総じてストレス耐性だったように思います。会社で辞めないか、きつい証券営業に耐えうる人間かを見ているように感じました。また、なぜ数ある証券会社の中でそこの会...

最終面接を圧迫面接と感じましたか?

役員であるということで少し硬くなっていたところしっかりやわらげていただけました。総じてやりやすい雰囲気をつくってくださりました。

最終面接で聞かれた質問と回答

なぜうちなのか

前回と同じ質問内容だったように思います。今回もまた質問に論理的一貫性のある回答をする必要があると考えますそれを意識しました。役員相手でも前回の面接と変わら...

自己PRについて

自己PRについて5分程度プレゼンテーションをさせられました。役員の前だということで緊張感があり時間が長く感じます。その後でプレゼンテーションの内容について...

内定したからこそ分かること

内定後就職活動を終えるように言われましたか?

内定に必要なことは何だと思いますか?

企業研究です。他社との差別化、なぜ数ある証券会社の中でそこの会社であるか相手に納得させる志望動機を練る必要があります。

内定が出る人とでない人の違いは何だと思いますか?

他社との差別化が最重要です。就活は恋愛に例えられますがやはり相手の良いところはしっかり伝えてあげないとokはいただけないものです。

内定したからこそ分かる選考の注意点は何ですか?

最終はプレゼンテーションを課されるので若干面倒です。説明会に参加しないとESがもらえないのでそちらも注意してください。