Img company noimage

株式会社みずほフィナンシャルグループ

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(226件)
  • ES・体験記(109件)

2016年卒 株式会社みずほフィナンシャルグループの本選考体験記 <No.1377>

2016卒株式会社みずほフィナンシャルグループのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • 日本生命保険相互会社
  • 森永乳業
大学
  • 慶應義塾大学

選考フロー

説明会(6月) → ES+SPI(6月) → 座談会(7月) → 1次面接(8月)

企業研究

とにかく開催される説明会に全て参加することが重要だと思います。同じ大学の友人でも、説明会に全て参加している人と1回でも欠席した人で、7月に行われる座談会(3:1)の案内の有無大きな差がありました...

志望動機

5人1グループゼミでの共同研究活動において、リーダーとしてゼミ員をまとめ、グループの成長支え、成果を上げた経験から、将来相手の成長を支えることができる仕事がしたいと思った。そこで多くの業界と関わ...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
人事の方
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

学生時代頑張ったことと、志望理由の一貫性を持って話すことができた点が評価されたと思います。自分の軸として「相手の成長を支えていきたい」という芯を持って、それに沿った話をしたことが評価されたと感じ...

面接の雰囲気

学生時代頑張ったことや志望動機など、とてもオーソドックスな質問を中心に聞かれ、受け答えに対しても笑顔で聞いて頂いたため。自分の回答に関してもそれほど深堀されることはなかった。

1次面接で聞かれた質問と回答

入行後は何をしたいのか。

私は、入行後まずは中小企業の法人営業を行い、社会人としての基礎や銀行マンとしての土台を築き、経験を積んだ後は大企業の法人営業も行いたいと思っています。また、信託や証券の分野やプロジェクトファイナンス、シンジケートローン等の専門分野にも挑戦し、最終的には専門性を持ったゼネラリストになりお客様のパ...

3メガバンクの中でみずほのイメージを教えて下さい。

「3つのメガバンクの中で比較した時には、やはり銀行・信託・証券が一体となってお客さまを支えているというイメージが強くあります。ワンストップでお客さまの課題を解決することによって、よりスピーディーに対応することができ、そのスピード感が信頼に繋がっているのではないかと思います。また、行員さんの雰囲...