福岡空港ビルデイング株式会社のロゴ写真

福岡空港ビルデイング株式会社

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(42件)
  • ES・体験記(3件)

福岡空港ビルデイングの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

2件中2件表示
男性 18卒 | 中央大学 | 女性
Q. あなたが利用した空港の中で、最も印象に残っている空港と、その理由を記載してください。
A. A.
韓国のインチョン国際空港の入国審査前のゲートで、韓国の民族衣装であるチマチョゴリを来た女性が旅客を案内していたことです。韓国についてすぐに現地らしさが味わえて面白いと感じたのはもちろん、その女性がパスポートを瞬時に判別し、その旅客の母国語で案内を行っていたことに非常に驚き、印象に残りました。初めて海外の空港を利用し、不安な気持ちだったので、韓国語でも英語でもなく日本語で話しかけてもらえたことで不思議と安心しました。海外から来ていただいたお客様を歓迎する心を示すためには、自国の文化を表現しながらも、来ていただいた国の言葉や文化も理解していることを示すことも方法のひとつだと考えているので、こういったことが海外客を一番最初にお迎えする空港という場で取り入れられているのは非常に良い試みだと思いました。 続きを読む
Q. あなたが最も苦労した経験とそこから学んだことについて記載してください
A. A.
言葉が十分に分からず頼れる友達もいない状況の中、韓国へ単身で留学した経験です。当初は、授業はおろか先生の指示すらも聞き取ることができず、焦りと孤独で苦しい日々が続きました。結果が出ない悔しさから勉強中に涙が止まらなくなったことをきっかけに、がむしゃらに今の勉強法を続けるのではなく一度見直してみようと思い立ったことで、ライティングに偏った勉強法のせいでバランスが悪いという問題点に気付きました。そこで現地サークルに参加し、会話ができるチャンスを見つけては飛び込んでいきました。最初は殆ど相手にしてもらえず心が折れそうになりましたが、諦めず通い続けるうちに会話量も増えていき、リスニング・スピーキング力を上げ、授業の理解に繋げることができました。卒業時には100人以上の中から最優秀生徒に選ばれることもできました。この経験から、問題解決に向け前進し結果に繋げていく、積極的な姿勢を得ることができました。 続きを読む
男性 17卒 | 福岡女子大学 | 女性
Q. あなたが当社を志望する理由(250~400字)
A. A.
私は地元福岡の発展に役立つ仕事に就きたいと考えています。なぜなら、大好きな福岡がヒトやモノやカネが多く行き交い、経済や物流が活発な日本を代表する街であり続けてほしいと思うからです。福岡空港は飛行機を利用して来福される県外や海外のお客様が一番に足を踏み入れる場所であり、福岡の顔とも言えます。お客様にとっての利便性や安心・安全性を高めることで福岡での旅の初めに期待がもてるような環境・空間作りに取組み、福岡の街の発展につなげていきたいです。滑走路の増設や国内線旅客ターミナルビル再整備事業などによって、より快適に利用できるようになる福岡空港の将来のビジョンと私の理想とする福岡空港のイメージが重なります。私は貴社で様々な業務を通して日々成長し、お客様から信頼される接客を心がけ会社と地域社会の発展の役に立ちたいです。 続きを読む
Q. 今まであなたが利用した空港の中で印象的なこと(250~400字)
A. A.
二つの「風景」です。一つ目は、東京へ帰る友人が福岡空港でテレビの取材を受けたことです。そのような取材によって連休やイベントなどの際にメディアに注目され、テレビなどで混雑具合やお客様の様子を窺うことができます。福岡空港が福岡の顔であることを実感し、身近にそのような存在があることを誇りに思いました。二つ目は福岡空港の夜景です。私の家から福岡空港が近いため、家族で出かけた帰りなどに寄り道をして空港の夜景を見て帰った思い出があります。私が小さい頃も、寝付けない時に親がドライブに連れて行ってくれ、私を寝付かせていたと聞きました。福岡空港の夜景は綺麗で元々好きでしたが、このエピソードを聞いてさらに好きになりました。このように私にとって福岡空港はとても身近な存在です。そんな福岡空港を更に魅力的な空港にすることによって、福岡をより魅力的な街にしたいです。 続きを読む
Q. あなたが今までの経験の中で一番困難だと思ったこと(250~400字)
A. A.
高校時代の吹奏楽部で、自分のポジションを守り、周囲の期待に応えることができるか不安な時期がありました。技術的に優れている後輩が入部したことで、その楽器の担当である私を含め同級生のポジションが脅かされたのです。絶対負けられないという気持ちから、以前にも増して自主練習に励んだことを覚えています。その結果として、私はコンクールに出るメンバーに選ばれましたが、同級生の一人は後輩と交代になりました。更に、今までリーダーだった先輩と私が交代することになり、同級生への同情と先輩への心苦しさ、自分の技術に対する自信の無さにとても苦しみました。しかし、先輩に「ついていくから引っ張っていってほしい、頑張ろう。」と励まされ、コンクールに出ることができない仲間のためにも頑張らなければいけないと奮起し、積極的に意見を出しパートをまとめていくことで、次第に後輩からも意見が出て、部全体が活気づきました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
2件中2件表示