Img company noimage

株式会社みずほフィナンシャルグループ

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(239件)
  • ES・体験記(109件)

2016年卒 株式会社みずほフィナンシャルグループの本選考体験記 <No.159>

2016卒株式会社みずほフィナンシャルグループのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • NTTファイナンス
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(4月) → ES+Webテスト(6月) → 座談会2回(7月) → 1次面接(8月1日) → 2次面接(8月2日)

企業研究

どのメガバンクを受けるにしてもそうだが、他のメガバンクとの違い、当行の魅力というものをはっきりと感じておくこと。自分はもちろん、メガバンクを受けた友人のいずれもが、面接でそのような意図の質問をさ...

志望動機

自身の一番の就職活動の軸が社会貢献性があること。社会貢献性とはなにかを考えたとき、自分はその業界が無くなった時のより多くの企業・国民への影響性と考えた。その意味で金融はだれもが必要としているもの...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
中堅のリテール
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

面接官がフランクな感じを出してきてくれる面接。またその内容もあまり就活的なものが多くない。おそらくビジネス的な導入会話がきちんとできるかを見られているはずなので、程よい緊張感と笑顔を持って話すこ...

面接の雰囲気

とてもフレンドリーな面接。あまり就活的な話は多くなく、趣味のことであったり、最近の就活事情であったりを質問して来ることが多かった。またそれに対して面接官も自身の考えを話してくれたので、面接という...

1次面接で聞かれた質問と回答

志望するキャリアについて

私は信託に興味を持っています。信託は銀行の機能を持ちながらも、信託業務として金銭はもちろん、遺言相続、証券、不動産、株式総会とあらゆる機能を持っている業務です。そのような幅広いフィールドであらゆる知識を付けていくことで、お客様のニーズに対して最大限の理解とアプローチをすることができるようになる...

自身の強み

自身の強みは相手の立場に立って物事を考えることです。ゼミで商店街の研究をしていたのですが、先行研究から感じたことはマクロなことを見過ぎていて、商店街自身や個店といったミクロな場所をあまり見れていないと感じました。そこで私は10個の商店街や個店、自治体にインタビューに行きました。そしてそれらの思...

2次面接 通過

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
中堅管理職
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

前回と対話的な雰囲気は同じなので、相手のリアクションをよく見ながら話すのが重要なのは一緒。ただ今回はスタンダードな質問から、少し変わった質問までされる。答えにくかったら答えなくていいとは言われる...

面接の雰囲気

内容自体は前回より面接らしいものが多くなったが、それでも対話的な雰囲気は変わらなかった。面接官の肩のお話が聞けるのも前回同様。少し変わったプライベートな質問もあったのだが、面接官の方が答えにくか...

2次面接で聞かれた質問と回答

中学生時代に頑張ったことは

中学生時代は硬式テニス部の副部長を務めておりまして、自主的な活動による部活運営を目指しました。私たちが部の運営の中心となる年に、顧問の先生が初めて部活を受けもつ新人の方になり、前年度までのベテランの先生の人脈で行われていた練習試合が行われなくなってしまいました。そこで私と部長を中心に近隣の中学...

同業他行との比較

貴行の一番の魅力はグループ力であると感じています。銀信証がここまで同じ組織として意識されている金融グループは貴行だけでした。今後ますます複雑化していくと考えられる金融ニーズに対して、総合的に対応することを可能とする貴行のグループ力は、今後ますます大きな武器となると考えます。他を悪く言うのでなく...